2014/9/30

紅葉の鳥海山  山・自転車


クリックすると元のサイズで表示します 



鳥海山は、長い憧れの山だった。



今回、新潟の友だちと歩いたが新潟からでも鳥海山は遠い。

朝3時半にホテルに迎えに来てもらい象潟(きさかた)に向かう。
幸い予定より早く着き、象潟口を6時40分に出発。


クリックすると元のサイズで表示します



駐車場からすでに紅葉が美しく、空は青く、わくわくです。



クリックすると元のサイズで表示します
整備された石畳の道が続いた



これからが、長い石畳の道だった。
歩きいいと言えば歩きいいのだが、足に堪える。


この山は、これから土の道はなかったと言う位の岩だらけだった。




クリックすると元のサイズで表示します



期待していなかった紅葉が嬉しくて、写真が撮りたくて仕方ない。



賽の河原、御浜小屋と順調に進み、ここで鳥海湖が見えた時には嬉しさマックス。

湖が観えるコースにしてねと頼んであった。







クリックすると元のサイズで表示します
鳥海湖 御浜小屋から



青空が映らないかなー?と期待する。

登り始めての1時間半のここでカップラーメン食べてしまったら、青空が観えてきた。


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
歩いてきた稜線をみる



また、わくわく紅葉やたおやかな稜線を見ながら歩く。
鳥海山は、どこを見ても山の線が心地いい。

そこに紅葉、時には海です。



クリックすると元のサイズで表示します
雪渓をわたる:見える雪渓にはもっと大きなものあるが、渡るのはここだけ



それもいつしか、私の苦手な岩の道になり、コースタイムの6掛け7掛けで歩く二人を待たせてばかりになって行く。


今日は、「12時がタイムアウト」で下るからねと言われていた。

鳥海山ってどこが山頂なのだろうと地図を見た時に思っていたが、噴火でできた新山が元の山頂より高いく、今はこちらが山頂らしい。


ここまででヘロヘロの私は、新山は登らなくていいと言っていたのに、新山麓の神社に着いてみればまだ11時前。

  お昼は、新山登ってからだよ。

  ザックをデポして登ればたいしたことない。
  ここまで来て登らなくちゃダメ

と、リーダーにお尻を叩かれて私もその気になる。



クリックすると元のサイズで表示します
これの向こうの向こうの向こう位に遠かった。



クリックすると元のサイズで表示します

ここ降りてまた登るの!?



クリックすると元のサイズで表示します



これが後の大後悔だった。

コースタイム20分なんて聞いていたが、


  これのどこが20分だい!?
  槍の穂先が30分なら、こちらの方がずっと長い。

  槍より何倍も危ない!



と叫び、もう嫌だここで待っていると言ながらも励まされだまされ頂上まで登った。

さとこさんなんて、岩が大好きここは楽しくって仕方ないという人。

下りは、危ないからとさとこさんが後ろにぴったりついてくれ、指示してくれた。




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



降りてしまえは、「登った者勝ちよね」と、新山を見ながらニコニコお昼を食べる。

さとこさんのザックから、次々と冷たいゼリーやら果物が出てきて、疲れた体を喜ばせた。



クリックすると元のサイズで表示します
こちらが元の山頂:こちらなら楽だったのにね



さて、下りなのに何で登るんだい!?と、言いながら尾根道になるコースを下る。


尾根道は、景色が素晴らしい。

二人は、昨年別の登山口から登り、ヘロヘロになったそうだ。
そのコースを見つけなら話しているを聞くと、この2人をヘロヘロにするコースっていったいどういう道?と想像を絶す。



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



疲れは出ているし、下りが苦手な私なので、どんどんノロマになるが、怪我が怖いのでゆっくり慎重に降りて行く。


鳥海湖に着く前からガスが上がって来て、霧雨っぽくなる。


急な下りになる前に雨にならないといいなーと思っていら、いつしかガスもとれてしまった。



クリックすると元のサイズで表示します


このガスのお蔭で、ブロッケン現象に出合えた。

虹好きの私には憧れだった!^^v

心さんは良く気づいたと感心して感謝です。



クリックすると元のサイズで表示します



ブロッケンで元気を貰い下って行けば、紅葉は夕日に映えてますます赤くなり海は夕焼け。



クリックすると元のサイズで表示します



苦しい山だったが最高の山となった。




登りはコースタイムを切る位だったが、下りは30分超過。

プラス、新山が往復で1時間以上かかっているのだが、昭文社の地図にはコースタイムが載っていない。
あそこで下りの体力使いきってしまった。



今回きつかったのは、コースも長かったが、霞沢岳の滑落で打った胸の痛みから、これまでの2週間朝の散歩もしていなった結果でもあると思う。


2
タグ: 登山 紅葉 鳥海山

2014/9/15

徳本峠から霞沢岳をめざす  山・自転車


オフ会で霞沢岳に行った。

上高地の徳本峠を「とくごう」と読むことさえ最近まで知らなかった私だから、霞沢岳も知らない。


前夜泊まった徳本峠小屋は、食事は美味しいし親切な小屋だった。

小屋のオジサンに、何度もの登り返しがあり精神的にきつい山と「登り4・下り6」の力配分を助言される。



朝6時半に出発。

登り始めから急登、地図によれば1時間は続く。

やっと急登の頂点ジャンクションピークに着けば、今度はこんなに下るの!?という35分間の急坂下り。


クリックすると元のサイズで表示します
目指すはあそこ「K1ピーク」。



ザレ岩に根っこの滑りやすい道のうえに、アップダウンの繰り返しでヘロヘロだったが、樹林の間から見えた穂高の姿に、「K1」の素晴らしい景色を思う。



そして、着いたK1。


どど〜ん!と、穂高連峰。




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




槍ヶ岳の時の龍隊長は、一昨日の霙の中をあの稜線にかじりついていたのかと、凸凹の「前穂・北尾根」を眺める。



クリックすると元のサイズで表示します


後ろは焼岳、遠くに雲の中に見え隠れ新ながら八ヶ岳から我が家の裏山美ヶ原まで観える。

お昼を取っている間にガスが掛かってしまった。



頂上まであと25分、こちらの方が景色がいいと言うことだったし今日は上高地まで下りるので、ここで下ってしまった。


10時20分に着き11時から下りです。

下りもきついが、それでも早いしだいぶ楽だった。


小屋にデポしてあった荷物を受け取り、ゆっくりの休憩。
4時半くらいに上高地のバスターミナルに着けば、何百メートルも続く人人人の列・・・

こちらはタクシーに並び、案外早く30分も待たなかったと思う。


帰りの渋滞の運転を思うとうんざりだったが、達成感と幸福感でタクシーの中ではぼうっとしていた。


この山は、私にとってきつい山だったし、またコースタイムも長かった。

リーダーに経験値を上げたねと言われたが、歩けたというのは自信。


今回歩いた仲間は、私とは比べ物にならない経験と力を持っていた。
このコミュに参加するために、私はトレーニングをしよう。



そして、大事なこと。

私、今回滑落したんです。

1,2mだが、ドキドキだった。
路肩の草を踏んでしまったらしい。

あんなところで!と、怪我も傷もない今回を大いに戒めにします。


昨年、仲間が同じようになんでもない所からちょっと落ちたが、前回も今回も人がガヤガヤしている時だった。

0

2014/9/10

ガスと花の唐松岳  山・自転車


クリックすると元のサイズで表示します



この秋に行きたいと思っている山に、火打山・甲斐駒ケ岳・唐松五龍の縦走・・とあるが、一人で行くには、腰が重くなる。


それでも、せっかくの晴れ予報なので昨年コミュイベントで歩いている唐松岳に行った。


クリックすると元のサイズで表示します
往路の八方池では、鹿島槍や五龍がみえていた



朝のオリンピック道路からの白馬は、雲がかかるもののワクワクする綺麗さだった。

八方池に着くころまでは、景色としては雲のあることがかえって素敵だった。。


しかし、八方池を過ぎたた頃からどんどんガスが上がってしまい何も見えず、せっかく高い山に来たのに黙々と歩くだけにはガッカリだった。



クリックすると元のサイズで表示します


丸山ケルンの下あたりで立ち止まっていたら、降りて来た人に声をかけられた。

  ここを抜けて上に行けば雲の上に出て、
  槍も穂高もすべて見えますよー!


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
花が多く癒してくれますが、トリカブト以外の名が分からない



クリックすると元のサイズで表示します


嬉しくなってワクワク登るも、どこまで行ってもガスガスガス・・・
とうとう唐松山荘に着いてもガス・・・


ため息つけば、そばにいたオジサンが、あと30分早ければ見えたんですよと教えてくれた。


クリックすると元のサイズで表示します





後から考えてみたら、これでもマップタイム登り3時間半を休憩いれて3時間で登っている。あと30分は、私にはとても短縮できなかったなー


クリックすると元のサイズで表示します
今日から3泊4日で涸沢にテント張り、槍穂を歩くという隊長はあのどこにいるのかと眺める



登頂は諦めて下ってきたら、時々ガスが切れて来た。



クリックすると元のサイズで表示します



八方池は朝よりも風がないようで、白馬三山は映りませんがウットリ・・・

最終ゴンドラまでたっぷり時間あるので、池の畔でノンビリ過ごしてから降りた。


昨年夏に登った時には、バテバテだった。

また、一人歩けたってナンか特別なんです。



クリックすると元のサイズで表示します

0

2014/9/4

折り畳みストックの使い心地試しに蓼科山へ  山・自転車

クリックすると元のサイズで表示します


先日の根子岳―四阿山歩きで、ストックの片方を崖下に落としてしまった。

いい加減買い替えなくちゃと思っていたストックなので、これは新しくするようにとのサインかと思うことにした。


   クリックすると元のサイズで表示します


今ちょうど、カモシカスポーツが15%off。
槍ヶ岳仲間にも多かった折り畳めるストックにした。

長いストックは、ザックカバーが掛け難くく、無理に掛ければカバーは突つかれ傷だらけのボロになっていた。


新しい物を持てば、使いたくなります(笑)

昨日は、いかにも途中でストックをしまいたくなる岩だらけの蓼科山に行った。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




うん、とても機能が使う易く出来ている。
そして、何より軽い!



ストックサイズは私に身長に合わせてくれたのだが、私はストックを短めに持つのが好きなので、あと10-15cm短いと良かったなー
ストックの一番短い設定でも長いし、あと20cmも伸びます。


まあ、登りにはストックは頼らないということでokでしょうか^^;


クリックすると元のサイズで表示します


蓼科山は昨日もガスっていた。
昨日で4回目だが、冬まで待たないとピカピカの遠望は望めないのかしら・・






クリックすると元のサイズで表示します
帰宅すればまずビール!^^


クリックすると元のサイズで表示します
途中で見つけたハナビラタケの小さな株

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ