2015/1/30

雪の蓼科山  山・自転車


前日記からだいぶ空いていしまったが、雪の蓼科山はこの冬の目標の一つだったので書いておこう。




クリックすると元のサイズで表示します





「雪のある時の方が楽」と、聞いていた蓼科山。

噂は本当でした。


クリックすると元のサイズで表示します
登山口近く:雪が綺麗なのは、木のないこの辺だけでした



クリックすると元のサイズで表示します



雪の蓼科山が歩きたくて、様子見に昨夏3回ほど歩きました。
岩が苦手な私は、コースタイムの2時間40分では登れたことがありません。




今日は、上り3時間10分、下り1時間10分。

夏時間より短いんです。



蓼科山のように、急登ではあっても滑落の心配のない山は、つらくてもとにかく一歩一歩と歩けば頂上に着くのがありがたいです。




クリックすると元のサイズで表示します
振り向けば、南アルプスに御嶽山



クリックすると元のサイズで表示します
立ち止まって写真撮るも、滑り落ち添うな斜度




それでも、急登になると出てくるシリセードの跡。
これには腹が立ちました。

シリセードされたところはつるつるで、12本アイゼンでもきつい。
冬靴はたっぱが高いので、足首が曲がらないほどの急坂なのに、シリセードの脇をラッセルしました。



クリックすると元のサイズで表示します



森林限界付近から一緒になった女性と登ったおかげで、頂上ではお互いに写真が撮れました。

今日の蓼科山は360度の展望・・


樹林帯では風はなく、気温は高くとても楽でした。



クリックすると元のサイズで表示します
浅間山系 黒い筋がよく見えます


クリックすると元のサイズで表示します
北アルプス




さすがに、頂上はカメラをさっさとしまう寒さでしたが、目出帽をかぶる必余のない気温です。



クリックすると元のサイズで表示します
八ヶ岳


クリックすると元のサイズで表示します
森林限界まで下ってお昼です



ただ気温のためか、下りで初めてアイゼンが団子状態になる経験をしました。

登りは夢中で気づかなかったのか、下りなのにアイゼンが重く、危なかった。





* 今日の大失敗

ストックを持たずにピッケルを持ちました。

今日のように雪がたっぷりあると。ピッケルはふかふかの雪の潜ってしまい、ただのお荷物となりました^^;


クリックすると元のサイズで表示します
温泉から出てみる蓼科山


0

2015/1/20

私の前に道はない:角間山スノーシュー  山・自転車


地元山だが、角間山はマイナー山。


雪の季節に、マイナーな山は一人では怖くて歩けないので、詳しい人に誘われ喜んで出かけた。

鹿沢温泉の雪山賛歌の碑のあるところから歩き出す。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



あらまー

誰の足跡もない!
トレースの影もない・・

動物の足跡さえない!


そんな一日だった。


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



隣の湯の丸山に強風注意報が出ていたので、覚悟して出て来たが、樹林帯ではたいた風はない。

しかし、空を見れば雲がドラマチックに太陽を遮りながら飛ぶよう流れ、その山の上の風の強さを思わせた。

ラッセルの山で、案外時間を取られた。




「上まで行くのは止めよう」というリーダーの言葉に皆賛成し、風をよけてのんびりランチタイム。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



上りは体力温存だが、下りなら思うが儘に^^



ショートカットしながら樹林帯の中を勝手に歩けるこの山は、スノーシューの醍醐味を味あわせてくれた。




クリックすると元のサイズで表示します

湯の丸スキー場までは綺麗に雪掻きしてあるが、その先群馬県に向かう道は急に雪が多かった。
雪壁に見惚れて帰り道にパシャ!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ