2015/2/21

硫黄岳に向かう 2日目  山・自転車



クリックすると元のサイズで表示します
右が赤岳:稜線に小屋が見える



朝5時半、窓の外は柔らかなカーブを描く稜線に赤岳展望荘の灯りが美しい。



小屋の朝食は6時半。
サバの塩焼きが美味しくて、朝ご飯が苦手な私もご飯をお代わりする。


8時に出発。
今日は最初からアイゼンです。


空は青く風はなく、ワクワクと歩き始める。

私は、この日くらいの道に変化のあるほうが歩きやすい。


昨日、「俺は小屋で待っている」といったKさんを、何言ってるの!と連れ出したが、坂道では息が上がり苦しそうだった。


クリックすると元のサイズで表示します
頑張るKさん


3人が時々前後を変え、雪が深くなってからは隊長がトレースをつけるためにずっと先頭です。



クリックすると元のサイズで表示します
待つ隊長:背中には3人分のお湯やガスが入っている



隊長は、待ってばかり・・
私もかなり待つ。


待つのは疲れるが、自分たちで引っ張ってきたのだからね。
引っ張られる人にはプレッシャーだったろう。



クリックすると元のサイズで表示します
赤岳が観えたどぉー!




それでも、なんとか赤岩の頭の下までやって来る。


おお〜!!!

硫黄岳・横岳の優美な曲線にウットリ。




目の上の赤岩の頭までが急坂で、半端なく潜る。

風もうんと強くなった。



クリックすると元のサイズで表示します
コケタのではありません
隊長が足跡をつけてくれています


クリックすると元のサイズで表示します
赤岩の頭への登り



龍隊長のつけてくれた足跡というより身体跡を踏みながら、やっとのことで上にたどりつく。

Kさんは、もうこれ以上は無理だろうと思えた。
私もきつくなっていたので、記念撮影をして二人はここで下ることにした。




クリックすると元のサイズで表示します
硫黄岳をバックに




クリックすると元のサイズで表示します





隊長は、上まで行ってくると歩きだす。

あああー、隊長がお湯もお昼も背負っているんだった!と、慌てて声をかけるが、早い早い。もう、声の届かない遠くに行ってしまった。



クリックすると元のサイズで表示します
硫黄岳


クリックすると元のサイズで表示します
右手が赤岳



ここで、ストックからピッケルに持ち持ち替える。


この斜度が怖かった。

遠くから、隊長もハラハラ見ていたそうな・・・


Kさんは、下りは強い。

おまけに背があるから足も長く、付いている階段に足が届くが私には到底無理で座りながら降りるところも。
後で追いついた隊長に、逆向きになって下ればいいんだよと言われた。

隊長の、あそこを滑りながら駆け下りる姿が観たかったなー


どうにかこうにか下り切れば、後は楽です。



赤岳鉱泉でラーメン食べながら隊長を待とうか?なんて話しながら歩いていたら、「おおー いたいた」と後ろから声がする。

ええー!?と、振り向けば別れてまだ1時間もしてないと思うのに、もう龍さんが追い付いた。



休憩をかねて、ラーメン&コーヒーです。

お昼を食べれば、やっと俺も写真撮る気になったと、Kさん元気です。



クリックすると元のサイズで表示します



下りが苦手な私は、こんなに歩いたの!?と思いながら、やっと赤岳山荘に着いた時には嬉しかった。


その後は、ヒップ橇などだして遊びながら歩く。

3時半に美濃戸口着。


楽しかったね、よく歩いたね!





クリックすると元のサイズで表示します


帰宅して地図をよく見れば、赤岩の頭から頂上まで夏時間15分。

ああー、上まで行くんだったと後悔ですが、隊長の登頂記念写真を見せてもらえばあれだけ青空と思っていたのに展望はなし。

次回のお楽しみです。

0

2015/2/21

硫黄岳に向かう 初日-+  山・自転車


リタイヤ自由人倶楽部3人での休暇中、山に行きたいことだけはR隊長に頼んであった。


クリックすると元のサイズで表示します



お天気次第ということで行く山は決めてなかったが、19,20日は八ヶ岳方面にいい予報が出ていた。


そこで、食事がいいと有名な赤岳鉱泉に一泊の硫黄岳に決まった。


クリックすると元のサイズで表示します
歩き出す前は余裕です



クリックすると元のサイズで表示します


初日は、美濃戸口から鉱泉まで。
トレースはあり雪は締まっているので、アイゼンなしで出発です。



クリックすると元のサイズで表示します
歩き出して1時間10分
親切な山荘のおばさんがシャッターを切ってくれる




林道歩きは楽だが飽き飽きする。
赤岳山荘で呑気に休憩してしばらく歩くと、やっと山らしくなった。



クリックすると元のサイズで表示します
一昨夜降ったバージンスノーは、東山魁夷の世界




風はなく、冷たい空気が心地よいと感じるような暖かさだった。

樹林の間からのぞく空は青く、バージンスノーのふかふか雪・・・


隊長いわく、今日は坂道じゃないというようなだらだらと続く道に参った。

後で地図を良く見れば、標高差800mですから、辛くても仕方なかったと・・


小屋につく1時間前には泣き言を言い始めたら、小屋に着いたらマッサージしてやるという隊長。



クリックすると元のサイズで表示します
このアイスキャンデーなら、階段状で、今の私でも登れそうな気になる



小屋の名物のアイスキャンデーが見えた時には、ビールだビールだと大喜び。




赤岳が観える個室が取ってあった。


赤岳・硫黄岳と並べてみると、やっぱり赤岳がカッコいい。
明日は赤岳だっていよという隊長だが、隊員の力は硫黄岳だって怪しかった。

もう一人の隊員Kさんにとり、山歩きは4番目の趣味というくらいで、せっせとジムに通っているが、山の坂道に息が切れてこの日も辛そうだった。


部屋では、3人でストレッチをしてお互いに指圧やマッサージをする。


皆で、
ぎゃお! 効く〜〜〜! そこそこ・・ もっと右よ右・・
など、わめきながらやっているので、外から怪しい人の思われていると笑う。



クリックすると元のサイズで表示します
大同心小同心から赤岳


クリックすると元のサイズで表示します



大同・心小同心が、夕日に燃え始めた。

隊長が窓から乗り出して写真を撮るので真似をしてみた。





クリックすると元のサイズで表示します
(ネットからの借り物写真ですが、まさにこの通り)



夕飯が分厚いステーキには感動!
ステーキもたっぷりのサラダも美味しい。


部屋は暖房が効きすぎるほど効き、ふわふわの毛布に布団の中で眠りに落ちていった。


0

2015/2/21

よく遊んだね  山の家の日々


アウトドアが大好きな3人。


昨秋に遊びに来た時、お気に入りの焼き鳥屋に入れたボトルの期限が半年だということで、渓流の解禁に併せて二人がやって来た。



クリックすると元のサイズで表示します



まずは、目的の焼き鳥屋宴会です。

我が村にこの焼き鳥屋がなければ、二人はウチに来ないんじゃないかしら?^^;



クリックすると元のサイズで表示します
帰宅してから翌日の仕掛けを作る



翌朝は、かなりの雪が降っているというのに、渓流野郎たちは出掛けて行きました。
昨年、近くの川で天然イワナを6,7匹釣ったことが印象深いのでしょう。



クリックすると元のサイズで表示します


今年は、大雪の中苦労したようです。



クリックすると元のサイズで表示します



でも、執念ですね。

昨年焼き鳥屋で教えて貰った川に移動して、二匹釣ってきました。



クリックすると元のサイズで表示します


骨酒も塩焼きも美味しくて、座って待てば出てきたこれらに大満足^^




そして、私にとってのメインイベントは山です。


なんたって、隊員の二人が歩けさえすればどこだって引率してくれるR隊長がいます。

悩んだ末に、硫黄岳に決まりました。



クリックすると元のサイズで表示します


こちらの日記は別口で書くことにします。





楽しかったよ。
疲れたよ。

また遊ぼうね。

0

2015/2/17

春のような黒斑山  山・自転車


クリックすると元のサイズで表示します



月曜日、快晴ながら暴風予報まで出ているので山を諦めたがどうも風がない。

遅い時間ながら、少しでも歩こうと黒斑山に向かう。




いつも風の強い駐車場で、風がない。

結局、歩いている間中風のない暖かな山だった。

降りて来た人と話せば、朝の早い時間は風が強かったそうだ。



クリックすると元のサイズで表示します

山は、先日友だちと歩いた時とは打って変わり、大勢の人が入ったらしいトレースの跡です。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
車山手前:八ヶ岳富士山がくっきり見える




帰り道ここでお昼にした




土・日曜日と平地でさえも雪が降ったので、バージンスノーのラッセルを覚悟だったから、今日はスノーシューを持ってきた。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
北アルプス



ところが、標高差の少ない山に人が多く入った後には、ツボ足アイゼンで十分だった。


私にとって、初めて黒斑山をスノーシューで上がった日ということになった。



クリックすると元のサイズで表示します


車坂峠に戻ったのが遅かったのでチェリーパークラインの凍結を恐れ、温泉は平地に降りてから浅間連山の景色が売りの「あぐりの湯小諸」に入って帰宅した。






少しだけ物足りないのは、浅間山にもう少し雪がほしかった・・・

クリックすると元のサイズで表示します


写真は昨年の大雪の後の3月です。

0

2015/2/15

雪山の記録  山・自転車


今日は雪で暇ですから、日記に書いていない雪山の記録写真を載せて置くことにしました。


2014年 12月19日 長門牧場

山ではありませんが、バージンスノーに我ひとりの雪原が好きです。
この日は白馬槍ヶ岳や五龍までもみえ、この夏は行くぞの気分が盛りあがります。



クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山方面


クリックすると元のサイズで表示します
浅間山の白い筋が見えます。
毎冬一番に歩く山なのに、この冬は雪が多くまだ歩けていません。


クリックすると元のサイズで表示します
遮るものなしの牧場は風紋が美しい。


クリックすると元のサイズで表示します





2015年1月15日 黒斑山撤退 

クリックすると元のサイズで表示します

雪が深く、スノーシューで30cm−50cm潜ってしまう上に、強風で自分の歩いたトレースさえも消えて行く。

先行者一人はアイゼンらしい。
その人は歩き始めて10分で撤退。

クリックすると元のサイズで表示します


私はスノーシューなのでもう少し先まで行ったが、一人なので安全考え早々に撤退。
買ったばかりのシャべるを使うのが楽しかった。


クリックすると元のサイズで表示します
高峰高原ホテルのコマクサの雪からみた景色がこの日の最高

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ