2013/12/21

思いがけない高熱  山の家の日々


先週の月曜日に、娘がやって来た。

しかし、ここしばらく体がだるくて何もする気になれず、娘が来たと言うのにどこかに出る気力がなかった。

そこで、毎日温泉巡りをしていた。


3日目の温泉の帰り道、温泉でた時から身体がだるかったが、スーパーでガチガチ震え出し財布からお金が取りだせないほどになった。


大急ぎで帰宅して、ともかくベッドに潜り込む。



熱は39.3℃。

その晩から、身体の痛みと汗との戦いになった。

痛いのはどうにもならなくても、パジャマの替えが10組くらいあればずいぶん楽だったろう。

3組しかなく、翌日は夏パジャマも動員。


そして、ベッドもビショビショになるので、右側の隅っこ左側の隅っこと順番に寝た。

毎日、1度は36℃まで落ちるから、毎晩繰り返した。



幸い娘がいてくれたので、洗濯も乾燥も除湿機まで使って頑張ってくれたし、起きている間は汗の面倒から飲み物から、幼子のように世話をされた。


娘の婚家は親子での自営業だが、向こうの義父さんが、

「お母さんの面倒を気が済むまでみなさい」

と言ってくれたと言うことで、予定を伸ばし10日ほど滞在してくれた。



娘を駅に送った日、身体は辛くはないのだが、運転していて注意力が効かないのは怖いほどだった。


あれから、3日。

程、普通通りに暮せるようになったが、まだ運転がいけない。




身体は、1週間で2kg痩せた。

一番減ったのが、リンパ液骨髄液血液などからなら、「体水分量」。

そして、太腿から見事に筋肉が落ち、哀れなほど細くなったーー;



今年は山に雪が多くて、スキー場は招いているし、雪山もスノーシューも雪中きのこ採りも予定があるのだから、今年度はおとなしく療養して来年は頑張っちゃうどぉ〜!です。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ