2014/1/29

ビューンと滑って、またコケた・・・  スキー


カーテン開けたら雪景色・・・・


おお〜!

これなら、山はバージンスノーだ!



どこに行こうか!?

スキー?
スノーシュー
雪山?

と、考える。



「スキー」と、あっさり答えが出て出かけた。


今日のスキー場、学校スキーの入れ替え日ということで、午前中は貸切り状態^^


初めての一人リフト、怖かった。

それでも、コーチのいない気ままさは逆に楽しかった(笑)



何本か滑っていたら、下の方に一団の黒い塊。

その中に近所の人を見かけよそ見してしまい、なんでここでコケルの!?と言うとところで大きく転んでしまった。


前回と同じ左膝を打った。

引き上げるのには惜しいガラガラのスキー場だったが、諦めた。



スキーは、スノーシューなど較べてリスクが大きい

スキーで足を傷めると、雪山も歩けない。


それを思うと、昨日まではスキーはもう止めようかな?という気持ちがあった。


今日滑って、

スキーが苦手なままで終わせたくない、

スキー場を見かけたら、
貸しスキーでも滑りってみようかと思う位のスキー技術を身に付けるまではやりたいと思った。



私は、意地っ張りでも根性ある方でもない。

山はピークハンターに縁遠い、頂上がそこでも平気で降りられるタイプです。

そこまで行けば最高の景色という時にだけは這ってでも行きたい、楽しいのが一番のタイプなので、このスキーへの気持ちは何だろうと自分で不思議だ。

1

2014/1/9

初滑り&初降ろし  スキー


今年初のスキー、なんてことじゃないんです。


一昨年、運動と縁がない私が還暦を前にして始めたスキー。

始めた年は何度か滑り、今度は自分の板買うぞと意気込み、
昨年はさっさと道具を買い揃えた。


それなのに・・・

昨年、は雪山とスノーシューだけでいっぱいいっぱいになってしまい、一度も滑らなかった。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



今日はそのスキーの初降ろし、もちろんこの冬の初スキーです。




今日は、気温は低いけれど風のない青空、スキーに最高!


高熱で筋力は落ちるわ
2年分の年はとったわ

で、不安でしたが案外どうにかなって楽しく滑った。



マイナーな小さなスキー場です。

でも、雪質の良さは知られているし、シニア券は安いこともあってシーズン券を買ってしまった^^




クリックすると元のサイズで表示します


もちろん、帰宅後一人乾杯です^^

1

2012/2/10

スキーレッスン パラレルターン  スキー


今日で4回目のレッスン、8時間が終了しました。

今日のコーチは今までのハの字型でない、長く滑って疲れないというパラレルターンの指導でした。

これは、私にはとても楽になる滑り方でした。
私はハの字型に足を開くのが苦手で、こっちの方が身体が言うこと聞いてくれました。


最後にいつものリフトより一段上から、好きに滑りなさいと言うこと勝手に滑りました。


この高度で怖い感覚持たずに気持ちよく滑れたって、すごく自信につながりました。

コーチから、今回は高くなったので身体に最初から力が入ってしまっていたから、今度は滑り始める前に脱力ね、と注意を受けました。


それにしても、スキーって目に見えて上達するのが楽しいですね。
山なんて8時間で何が変わるか分からないし、水泳もね・・・




スキーの初回レッスンを予約した後の気持ち。

「なんで、しなくてもいいこと始めて不安がるのだろう・・ 」でした。

でも、それを超えて違う世界が広がりましたo(^-^)o

0

2012/2/8

3回目のスキーレッスン終了  スキー

スキーレッスン、今日で3回目。

一昨日昨日と雨が降り、スキー場は雪だったか雨だったか気になっていた。

とりあえず行ってみたら見事に雨だったらしく、昨日はスキー場は閉鎖状態だったとか・・・


そんな中で3回目のレッスン。

いつもより凄く滑りが良いと言うか、怖いほど滑ってしまう。


それでも、回数を重ねると言うのは凄いです!

今日は、自分の思ったところでターンが出来、また止まれるようになった。

ずっと、この「止まれない!」と言うのが怖くて仕方なかったので、嬉しい〜!



そんなこんな中、ザラメ雪で何度も滑った。

まだまだ、右ターンが可笑しいらしいが、とりあえず楽しくなった。

このスキー場は空いているから、プライベートレッスンは滑りっぱなしになる。
2時間のレッスンの最後はもう足腰が効かなくなって、最後は10分残して終了した。



コーチが

次回は一人で滑れるよ
今日は状態悪いから、今度は凄く上手くなった気がするはず

という。

それでも、もう少しレッスン受けようと次回も予約した。


このスキー場はこじんまりしていて、皆が顔見知りっぽくなり、前回のコーチは何度も声をかけて私の様子も遠くからみているし、他の係員にも頑張っているねとか、力が抜けて来たねとか声をかけられる。

恥ずかしくもあり、見守られているようで嬉しくもあるスキー場だ。

4

2012/2/4

コーチいろいろ  スキー


昨日はスキー二回目、前回とは違うコーチだった。

昨日のコーチは、前回のような褒め言葉ややさしい言葉で甘やかす人ではなかった。


しかし、腕は前回の人よりだいぶ「いいらしい・・」
コーチの自画自賛の言葉やスキー場の人のコーチへの態度から感じた。


それでも、私は甘やかされる方が好みかも・・・(笑)

今日のコーチは説明が多すぎて、初心者の私にはその理屈を聞いている余裕がなかった。
少し黙って私に勝手にやらせ、みていて!と言いたい。

前回怖くなかったことが、今回あれこれ言われ委縮しなかなか出来なかった。

それでも、理屈がシッカリしている人だから、だんだんになれると最後はいい感じになって来た。


このコーチもとてもいい人だと思うのは、
「私が個人に付くことは稀だから次回は見てあげれられないが、いつでも声かけて」とか、
「みな私を通してコーチが決まるから、次のコーチに頼んでおくからね」と言う。


すべて終わり、レンタル靴を一生懸命脱いでいたら、ここの責任者っぽい今日のコーチと親しそうな人が声をかけてきた。

「身体の力抜いて、ただこうするんだよ」と、膝の屈伸をしながら身体左右に振る動作見せてくれる。

ここはとても小さく一般人が少ないから、いい意味でも悪い意味でも目立って、皆が声をかけてくれる。


皆が親切にしてくれる間に、それなりに滑れるといいな・・

次回のレッスンも予約してきました o(^−^)o

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ