2015/2/21

よく遊んだね  山の家の日々


アウトドアが大好きな3人。


昨秋に遊びに来た時、お気に入りの焼き鳥屋に入れたボトルの期限が半年だということで、渓流の解禁に併せて二人がやって来た。



クリックすると元のサイズで表示します



まずは、目的の焼き鳥屋宴会です。

我が村にこの焼き鳥屋がなければ、二人はウチに来ないんじゃないかしら?^^;



クリックすると元のサイズで表示します
帰宅してから翌日の仕掛けを作る



翌朝は、かなりの雪が降っているというのに、渓流野郎たちは出掛けて行きました。
昨年、近くの川で天然イワナを6,7匹釣ったことが印象深いのでしょう。



クリックすると元のサイズで表示します


今年は、大雪の中苦労したようです。



クリックすると元のサイズで表示します



でも、執念ですね。

昨年焼き鳥屋で教えて貰った川に移動して、二匹釣ってきました。



クリックすると元のサイズで表示します


骨酒も塩焼きも美味しくて、座って待てば出てきたこれらに大満足^^




そして、私にとってのメインイベントは山です。


なんたって、隊員の二人が歩けさえすればどこだって引率してくれるR隊長がいます。

悩んだ末に、硫黄岳に決まりました。



クリックすると元のサイズで表示します


こちらの日記は別口で書くことにします。





楽しかったよ。
疲れたよ。

また遊ぼうね。

0

2013/12/23

ガスファンヒーター  山の家の日々


ポチッとしたら、すぐに届いた。


クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します


寝室が寒いことを気にしなかった私は、今まで小さな電気ストーブしか置いていなかった。

それが、病後は寝室にガスファンヒーター使っていたら、その暖かさに慣れてしまった。

起きだせばば、リビングでも使うから1台のヒーターの持ち運びは面倒だった。




ネットで価格を調べてみれば、色が「淡いピンク」ということからかこの色だけ安いんです。



夕べあたりは、寝る時寝室に暖房が欲しいと思わなくなっていたので、早まったかな!?の感あり^^;


まあ、ガスは灯油と違い臭いがないから点火は気楽だし、ないものは使えないのだから良しとしよう。



それにしても、寒いのも面倒なのも苦手で、
独り暮らし21坪の家に、
灯油ファンヒーター2台、ガスファンヒーター2台、電気ストーブ1台。

夏は邪魔になるんですよね〜


我が家はプロパンガスなこともあり、エアコンにすべきだったかとふと考える^^;

0

2013/12/21

思いがけない高熱  山の家の日々


先週の月曜日に、娘がやって来た。

しかし、ここしばらく体がだるくて何もする気になれず、娘が来たと言うのにどこかに出る気力がなかった。

そこで、毎日温泉巡りをしていた。


3日目の温泉の帰り道、温泉でた時から身体がだるかったが、スーパーでガチガチ震え出し財布からお金が取りだせないほどになった。


大急ぎで帰宅して、ともかくベッドに潜り込む。



熱は39.3℃。

その晩から、身体の痛みと汗との戦いになった。

痛いのはどうにもならなくても、パジャマの替えが10組くらいあればずいぶん楽だったろう。

3組しかなく、翌日は夏パジャマも動員。


そして、ベッドもビショビショになるので、右側の隅っこ左側の隅っこと順番に寝た。

毎日、1度は36℃まで落ちるから、毎晩繰り返した。



幸い娘がいてくれたので、洗濯も乾燥も除湿機まで使って頑張ってくれたし、起きている間は汗の面倒から飲み物から、幼子のように世話をされた。


娘の婚家は親子での自営業だが、向こうの義父さんが、

「お母さんの面倒を気が済むまでみなさい」

と言ってくれたと言うことで、予定を伸ばし10日ほど滞在してくれた。



娘を駅に送った日、身体は辛くはないのだが、運転していて注意力が効かないのは怖いほどだった。


あれから、3日。

程、普通通りに暮せるようになったが、まだ運転がいけない。




身体は、1週間で2kg痩せた。

一番減ったのが、リンパ液骨髄液血液などからなら、「体水分量」。

そして、太腿から見事に筋肉が落ち、哀れなほど細くなったーー;



今年は山に雪が多くて、スキー場は招いているし、雪山もスノーシューも雪中きのこ採りも予定があるのだから、今年度はおとなしく療養して来年は頑張っちゃうどぉ〜!です。

1

2013/10/2

逆転するかも・・  山の家の日々


クリックすると元のサイズで表示します



昨日、庭仕事をしていたら蜂に刺され病院に行った。


前回、「2回目に刺されたら、救急車を呼んでいいからね」と、言われていた。


昨日はあまり痛くなく、「ホントに蜂だったのか?」と、
怪しんでいたのだが、だんだん頭がぼうっとする感じになり慌てた。


点滴を2本打ち、1時間もしたら腫れも引き無事の帰宅だった。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



今朝、再開して3日目になったインターバルトレーニングの後、パソコンに身体のデータを取り込んだ。


うう~ん、体重はかえって増えている。
まあ、このごろ良く食べるもの当然だろうな、という感だ。


クリックすると元のサイズで表示します
オオツガタケの油炒め:この秋最高の味


クリックすると元のサイズで表示します
タマゴタケのピザ;美味い!



クリックすると元のサイズで表示します
クリフウセンタケのピザ:タマゴタケには劣るけれど美味しい・・・


クリックすると元のサイズで表示します
クリフウセンタケのシチュー:これは美味しい!



クリックすると元のサイズで表示します
クリフウセンタケの混ぜご飯:これも素敵に美味しい!




それでも、身体は確実に楽になっているのが分かる。



昨日は太腿の裏側をさされ、スカートでもズボンで恥ずかしい姿を見せることになると考え、山ショートパンツを中に穿いた。

女って、こんな時にも恥かしさ気にしなくちゃならないのかと自分に呆れながら・・(笑)



点滴中、先生が何度も回診してくれるので、そんな危ないことなのかとウトウトしながら驚いていた。


その先生に、点滴前の血圧を見ながら

普段こんなに低いの?
上が93、下が64だよ

と、あれこれ問診された。


いつもは120~30です

と応えると、


そうか〜 健康なんだ。
シッカリした脚をしていたねという。



私はこの年まで、タフとか丈夫が取り柄という時代がなかった。


それでも今は、健康診断の数値に問題はないし、山歩きには足りない筋肉でも、年齢的には問題ない筋肉を持っているらしい・・



還暦を迎えてまた同窓会があるのだが、出席をためらう。


40歳で集まり始めたころは楽しい話がいっぱいだったのに、50歳を超えたころから病気の話に介護の話が出てきて、今はすっかりその系だ。



話に乗れない私は、

昔あこがれた運動抜群・頑健な彼らと逆転しかかっているのかもしれない。

1

2013/7/5

親切な人  山の家の日々


クリックすると元のサイズで表示します
唐沢鉱泉


黒百合の待ち合わせは、唐沢鉱泉の登山口だった。

鉱泉までタクシーが入ると聞いていてたので、4WDの私の車なら行けるだろうと、気楽にナビどおりに進んだ。


案内板が「美濃戸口・美濃戸口」と出て来るので、可笑しいと思いながらも進んでしまったら、鬱蒼とした森の別荘地に入り込みかなりの急坂を走る。

とうとう、大穴の開く進退窮まる山道に出てしまった。


慌ててバックして、別荘地を抜けた。


予定より1時間も早いのだからと、待ち合わせには間に合うだろうと思うものの、ひっそりとした人影のない暗い道の脇で気持ちは上ずり、自分が居るところさえ地図で見つからない。


懸命に地図を眺めていたら、まさかの車が通りかかった^^

慌ててその車を停める。
あちらも、こんな所に車が停車しており驚いたろう。


鉱泉とはまるで違うところ、先導するから付いて来なさいと言う。

途中でゴミ捨てはしますねと言って、ここから一本道だよという角までなんと10kmは走ってくれた。


誰も居そうもない別荘地から、親切な仙人が降りて来たようなものだった^^


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ