2005/9/30

ゴロゴロ  シカゴ生活

両親が今朝、オヘア空港から日本に帰りました。
空港からの帰りにダウンタウンで買い物をしようと思っていたのですが
騒がしい所を歩く気持ちになれなくて家に帰ってきました。
家に着いてからも元気が出なくて昼寝をし、テレビを見てゴロゴロしています。
明日は旦那さんが日本から帰ってきます。
写真は母が撮ったRockefeller Memorial Chapelの前に咲いていた花。
なんていう名前なんでしょう。可愛い。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/29

ガス灯  シカゴ生活

シカゴは最近急に寒くなりました。(日本の11月くらいだと思います。)
シカゴの人達はTシャツからいっきに皮のジャケットやダウンに着替えました。
日本人の私には、信じられません。秋服が一番可愛くて好きなのに、
着る時期が無いなんて。頑張ってベージュのジャケットを着たら
寒くて、耐えられませんでした。
写真は、父がシカゴ大構内で見つけた「ガス灯」です。
日本では明治5年に横浜で初めて灯ったそうです。触ったら暖かかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/29

来てくれてありがとう。  シカゴの美術館博物館

今日は、再びシカゴ美術館に行って来ました。
両親は本当に絵が好きです。一生懸命に見ていました。
明日は、二人は日本に帰ってしまいます。
この1週間ずーっと一緒に同じ時間を過ごしました。
私は高校卒業後、親元を離れて進学したのでこんなに長い間両親と一緒にいたのは
それ以来かもしれません。久しぶりに会ったというのに喧嘩もしてしまいまいましたが
思い出深い一週間になりました。
アメリカに来てから、今までずっと旦那さんに頼ってばかりいましたが、
両親が来て初めて自分の力で考え行動できたような気がします。
今度また二人が来たときに、もっとアメリカを楽しんでもらえるように
英語の勉強を頑張るね。写真は、Millennium Parkのビーンを見る母。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/28

The English Language Institute  シカゴ生活

今日からまた英会話教室が始まりました。
先生のローラは日本通で、名古屋エキスポの初日に来日して
見に行ったそうです。梅干、干しシイタケ、懐石料理なども御存知でした。
着物も3着持っていらっしゃるそうです。
「今日だけなら御両親も連れてきていいのよ。」と言ってくれましたが
シャイな両親は大学構内を散歩していました。来ればいいのにねー。
帰りに近くのマーケットに寄って、両親がお土産を購入しました。
チョコレート、ポップコーン、干しブドウ、パスタなどなど。
レジの人に「今日はpartyなの?」と聞かれてしまいました。
ちょっと恥ずかしかった。。写真はマーケットの日本食コーナーです。
お豆腐は、厚揚げくらいの歯ごたえです。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/27

John Hancock Center  シカゴ生活

昼間に船から見えたJohn Hancock Center(100階建て、高さ343m)
の展望台に行って来ました。シカゴの人は「Big John」と呼ぶそうです。
一日中観光してかなり疲れていたのですが疲れを忘れてしまうほどの絶景でした。
神戸にいたときはライナーから見えるモザイクの夜景が一番綺麗だ〜と
思っていたけれど、世界にはいろいろな景色があるものですね。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/27

ミシガン湖クルーズ  シカゴ生活

両親とミシガン湖クルーズに行って来ました。
シカゴ川沿いのChicago Tribune社の側から出発し、
ミシガン湖とシカゴ川の両方をクルーズしました。
今日は秋晴れだったので摩天楼がくっきり見えて本当に綺麗でした。
父と私はあまりにも気持ちが良かったのでビールを飲んでしまいました。
一番高いビルがJohn Hancock Centerです。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/27


両親とField Museumに行って来ました。
シカゴに来てもうすぐ3ヶ月経ちます。
初めて、Field Museumに来たときは何から見たら良いのか分からないし
英語もなかなか頭に入って来ないし、ヘロヘロになって辞書を引きながら見たものです。
今も辞書は必須ですが、以前よりも展示内容がすんなり頭に入ってきて
楽しんで見ることが出来ました。とっても嬉しい!
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/26


今日は、家の近くにあるMuseum of Science and Industry
「科学産業博物館」に行ってきました。
写真は、1944年6月4日の第二次世界大戦中に西アフリカで
アメリカ海軍サットン号にだ捕されたドイツの主力潜水艦。重量は1000トン。
歴史に詳しい父は、目を輝かせて見学していました。良かったね〜。
私はPrenatal Development「人間の胎児の成長」の展示に興味を持ちました。
受精から、37週と5日までの本物の胎児を段階に分けて見ることが出来ます。
受精8週で、胎児は完全に人間の子供と認識出来ました。深く考えさせられました。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/25


9月24日に、旦那さんが仕事で日本に帰ってしまうので、
23日の晩に、両親と4人でピッコロに行ってきました。
ピッコロは二回目。両親の前ですから、注文もスムーズに。。
とは行かなかったけれど、ワインもサラダもパスタも美味しくて
楽しいDinnerになりました。
写真は、シカゴ大学構内にあるSmart Museum of Art「Frank Lloyd Wright作」
この椅子のデザイン、まるで日本の障子みたいです。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/25

両親シカゴ上陸  シカゴの美術館博物館

9月23日から、両親がシカゴに来ています。
父は2回目、母にとっては初めての海外旅行です。
二人とも、オヘア空港のロビーでニコニコして待っていました。
平均年齢、58.5歳の二人がよくアメリカに来る決心をしたと感心しています。
時差ぼけも我慢して、精力的にシカゴ大学を見学し、アメリカの食べ物を食べたり、
Chicago Tribuneを読んだり、美術館に行ったりしています。
私も、60歳くらいのとき二人のようになれるかしら?
写真は、シカゴ美術館スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」です。
この絵は寄贈者の遺言により、門外不出でカゴ美術館でしか見られないそうです。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ