2005/11/30


今日は、9月末から始まったESLの最後の授業日でした。
先生のローラと2クラスを合わせて11人の生徒が集まり、
一品ずつ各国の料理を持ち寄ってPartyを開きました。
手前はスペイン人(写真左)が作ってくれたオムレツ。
チリ人の女の子(写真右)が作ってくれたミートパイもとても美味しかったです。
私が持っていた松茸ご飯と厚焼き玉子は、自転車の振動のためリュックの中で
ミックスされて、散らし寿司のようになっておりました。(;-;)
仕事中にもかかわらず私はワイン4杯シャンパン1杯飲んでかなりご機嫌でした。
偶然、生徒さんの中に私のブログを読んでくれている人がいて
非常に嬉しかったです。これからもよろしくお願いいたします。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/29

凹  仕事

仕事が始まって2ヶ月も経つのに、思ったようにPaper workが進みません。
日本なら、入社して1週間くらいで終わるようなことです。
出来ると思っていたことが出来なかったり。貰えると思っていたものが貰えなかったり。
それに対して、抗議する英語力が自分にないのがすごく悔しいです。
以前働いていた、研究室のボスが私がアメリカに行く前に言っていたこと。
「アメリカ人は人それぞれ言うことが全然違う。でも諦めないで5人に頼んでみること。
5人目が必ず助けてくれるから。」5人目、早く現れないかな〜(;-;)。

2005/11/27

5日目:最終日  旅行

今日は日曜日。朝からBillとLindaと一緒に教会に行って来ました。
外は、あいにくの雨だったので教会の後は、家の中でお茶とお菓子を食べながら一緒に折り紙を折ったり、アメリカのオモチャを見せてもらったり、お喋りをして過ごしました。
Lindaに「こんなに良くしていただいて本当にありがとう。何かお礼をしたいの。」と言ったら「私たちが日本に行った時、日本人が本当に親切だったのよ」と言ってくれたこと。「あなた達も、いつか私たちのように誰かを受け入れて、彼らに親切にしてあげてね。」と言っていたのがとても印象的でした。BillとLindaの家に来て驚いたのは、Lindaは塩、油をほとんど使用せずに沢山の野菜や果物を使ってhealthyな食事を作ってくれたので、日本食を食べなくても全然平気だったことです。むしろ食材の味が活かされていてとても美味しかったのです。私はアメリカ人の食生活を誤解していました。この日のお昼はJohnの家族が来てみんなでLunchをしました。素晴らしい御家族です。思い出深いhomestayになりました。
写真は牧場から見た夕日。そして牛。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/26

4日目:Yoko馬に乗る。  旅行

今日は、待ちに待った(人生初)horse back ridingをしました。
BillとLindaは馬を3頭飼っていて、私たちはMajorというお爺さん馬に乗せていただきました。Majorを丁寧にブラッシングして、鞍を着けて、Lindaのウエスタンブーツを履いて。今日は風も温かく、広い牧場で馬に乗るのはとても気持ちが良かったです。馬の背中って温かいです。
クリックすると元のサイズで表示します
夜は、プログラムに参加している全員でPotluck dinnerがありました。
私たちは、スモークサーモンや卵を使って手毬寿司、巻き寿司、散らし寿司を作って参加しました。Lindaが「私たちが作った料理が一番最初になくなったわよ!」と嬉しそうに言っていました。頑張って作って良かったね〜。折り紙で箸置きや、鶴などを作って演出しました。友人は浴衣を着てみんなの注目の的になっていました。とても可愛かったよ!お喋りと、食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れました。。
写真は、ボクサー犬のDolly。
初日に私は顔面を噛まれて流血(凹み)。なんだか反省しているように見えます。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/25

3日目:Yokoはしご車に乗る  旅行

3日目は、このプログラムに参加した全員でPARISの町を観光しました。
銀行、消防署、Farmを見学しました。消防署では、はしご車に乗せていただきました。バンザイしているのが私。この日の気温は-2℃。風も強くゆらゆら揺れてちと怖かったです。
クリックすると元のサイズで表示します
Farmで見たトウモロコシを蒔く機械。
♀、♂、♀で種を蒔くことによって上手く受粉出来るんですね。感心しました。
クリックすると元のサイズで表示します
この日の夜も、PARISに住んで28年になる日本人女性を呼んでPartyでした。ミス東京だったとか。とても美しく優しい方でした。


2005/11/24

2日目  シカゴ生活

11月24日はThanksgiving。家族で集まる伝統的な祝日です。
Lindaは朝からTurkey、クランベリーソース作りで大忙しです。このTurkey、19pound(約8.6kg)です。
クリックすると元のサイズで表示します
お昼はBillとLindaの息子さんJohnの家でPartyがありました。Johnは3人のお子さんがいてJhonの奥さんのお父さんも参加し、総勢10人の賑やかなPartyになりました。Turkey、グレービーソース、クランベリーソース、スイートポテト(オレンジ色のサツマイモ)、Roll、パーシモンパイ、アップルパイなどなど。私たちは、日本から持ってきた浴衣を、14歳の娘さんに着せてあげたり茶道具でお抹茶を点てたりしました。この日の夜は親戚の家でPartyがありました。総勢20人はいたと思います。Pianoやguitarを弾いて楽しい時間を過ごしました。
クリックすると元のサイズで表示します
とても綺麗なtable settingです。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/23

Thanksgiving Fellowship  旅行

11月23日から4泊5日でPARIS International Thanksgiving Fellowshipに友人と参加してきました。PARISはイリノイ州の南インディアナ州との境にあり、トウモロコシ畑の地平線が見える小さな町です。シカゴ大からは4時間の道のりでした。このプログラムは、アメリカのThanksgivingを体験したことがない外国人がアメリカの一般家庭にhomestayをして、伝統的なhanksgivingを家族と共に過ごすというものです。私は畜産学専攻ということもあり「希望覧にAnimal Farmに行きたい。」と書いていたので、希望通りFarmに行くことが出来ました。homestayしたお宅は、BillとLindaという二人暮らしのお宅でBillはMilitary serviceで日本に滞在していた事があり、二人は結婚10周年のお祝いでで日本旅行をしたと言っていました。
まず、念願のFarmを見せていただきました!飼育している牛のほとんどは、アバディアンガスという肉牛です。日本ではほとんどが人工授精ですが、Billの農場ではすべて自然交配で、自然の中で飼育し(牛小屋が無い)抗生物質などは与えず、餌はすべてオーガニックで干草、トウモロコシ、穀類、豆類、などを与えているそうです。おそらく200頭以上はいると思います。広い牧場を自由に駆け回る牛を私は初めて見ました。素晴らしかった。。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/23

The Thanksgiving Homestay Program  シカゴ生活

今朝、寒いなあと思ってブラインドを開けたら、一面雪景色でした。
雪国育ちの私は、少しわくわくしてしまいます。
この写真は、ブログの一番最初の記事と同じ角度から撮ったものです。

今日から、4泊5日でInternational house主催の
The Thanksgiving Homestay Programに参加してきます。
サンクスギビングを経験したことのない外国人のために
アメリカの一般家庭にホームステイをしてサンクスギビングを
一緒に過ごすというものです。今回は旦那さんはお留守番。
日本人の女性2人で参加します。しばらくブログはお休みします。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/21

ザクロ  シカゴ生活

Thanksgivingには、秋に収穫された野菜や果物を
食べたり、飾ったりする習慣があるようです。
ザクロもその一つで、2週間ほど前からお店に並ぶようになりました。
私は(小さい頃しか食べていないのですが)ザクロが大好きです。
記憶の片隅では、ひいおばあちゃんの家にザクロの気があったような。
秋になると、パカッと割れて綺麗な赤い実が見えるザクロを
食べるのがとても楽しかったのです。
自分の家でもザクロが実るように、母に内緒で種を庭に蒔いたりしていました。
そんな私ですから、迷わずザクロを購入しました。
が、2週間待ってもパカッと実が割れないので
今日、我慢できなくて実を切って開いてみました。
中からとっても綺麗な真っ赤な実が出てきました。そしてすごく甘い!
記憶の中の味覚と、実際のそれが合わさって不思議な感覚でした。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/19

Piano  シカゴ生活

アパートのThanksgiving Shoppingの企画でWoodfieldに行って来ました。
Woodfieldは敷地面積が以上に広く、洋服から家具まで何でも揃う
二階建てのShoppingmallです。
今回の買い物の目的は、毛布とwaterproof手袋、そして電子ピアノ。
旦那さんと私の共通の趣味はピアノを弾くことです。
特に彼は日本にいるときは、毎日弾いていたので
アメリカに来てからはかなり寂しかったようです。
鍵盤は軽いけれど、これでまた音楽生活が始まります。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ