2005/12/27

圧力鍋2号  シカゴ生活

昨日は、食事の後にひょっこり寄ったお店で圧力鍋を買ってもらったのでした。
「圧力鍋1号」は結婚のお祝いに研究室のみんなにプレゼントしてもらったのに、あまりにも重くてEMSに入れられず、泣く泣く日本に置いて来てしまったのです。みなさんすみません。圧力鍋がずーっと欲しかったのです。アメリカの硬いお肉もあっという間に柔らかくなるかなと思って。ビーフシチューもきっと美味しくなるに違いない。マッシュポテトも柔らかくふっくら出来るに違いない。早く使ってみたいけど説明書が英語。う〜。今年中には何か作ろう!
さっきショックなことが。新聞を見ていたらお鍋を買ったお店の20%クーポンが入っていた。明日レシートを持って行って交渉してみようかな。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ