2006/1/31

クス湖  シカゴ生活

ESLのクラスの時に旅行の話題になり、私はペルーのどこに行きたいかという話をクラスメートにしていたところ、一箇所だけみんなの知らない地名がありました。「リマでしょう、マチュピチュでしょう、ナスカでしょう、クス湖でしょう。」 Lake Cusuまで来た所で先生のJimを含めた全員が「Lake Cusuは知らない。」と口をそろえて言ったのでした。私は「マチュピチュの側にある湖でクス湖だよ!」と説明しましたが分かってもらえず。しか〜し。今日何気なくお借りした「地球の歩き方ペルー」を読んでいたらクス湖は湖じゃなくて「Cuzco」という地名でした。きゃー恥ずかしい。私は10年以上間違えて理解していました。標高の高いマチュピチュ遺跡の側にクス湖という美しい湖が存在しているとずっーと思っていました。さようならクス湖。はあ。
写真はミシガン湖です。最近シカゴは暖かく天気の良い日が続いています。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/1/30

探検  仕事

私が働くシカゴ大ホスピタルの地下には、様々な実験動物がいます。小さい窓から覗いてみるとサル、犬、ウサギ、ラット、カエル、マウスなどを見ることが出来ます。今日は日本人の友人と動物を見に地下通路探検をしました。探検の後は、ホスピタルの2階のカフェでお昼をしました。お互いのことを話したり将来のことを話したり。楽しかったです!

今日は嬉しいことがもう一つ。日本の友人から誕生日プレゼントとお手紙が届きました。みんなの見慣れた文字を見たら嬉しくてジーンとしてしまいました。大学1年の時に出会って早12年。みんなと半年も会っていないなんて。どんな時も会えば必ず元気をもらえる友達です。みんなに会えるその日に向けて頑張るね!本当にありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/1/29

人の優しさ  シカゴ生活

今夜は以前書いた「私が愛読しているシカゴで学生生活を送る女性のブログ」の御本人とその旦那様に家に来ていただきました。去年のクリスマスホリデーにお二人はペルー旅行をされていて「地球の歩きかた」、パンフレット、写真を持ってきてくれたのです。そして現地お勧め情報などを事細かに教えてくれたのでした。また一歩ペルーに近づきました。近いぞマチュピチュ!大阪出身のお二人は明るくて気さくで、楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。
そういえば、私が関西にいた4年と3ヶ月は、会社でもプライベートでもいろいろな方に親切にしていただいたものです。鮮明に記憶に残っているのが、新神戸行きの始発のバスに乗り遅れてしまった時のこと。時間より早く来たバスに目の前で置いて行かれてしまいました。一駅分走ってバスに追いつきそうになったのにまた目の前でバスがブーンと発車してしまったのです。ゼーゼー言いながらバスにむかって悪態をつく私。その一部始終を見ていた見ず知らずのお兄さんが大爆笑しながら「乗って!」と自分の車に乗せてくださって新神戸駅まで送ってくれたのでした。今考えるとかなり危ない。けれど関西の方だったから親切にしてくれたんだ。と思うのです。
話に夢中でまた写真を撮り忘れてしまいました。写真は灘丸山公園から見た神戸の町並み。クリックすると元のサイズで表示します

2006/1/27

Taco!  仕事

今日は旦那さんのラボに、カルフォルニアから蛸が空輸されて来ました。彼が教えたのかラボスタッフ全員が「Taco! Taco!」と連発していました。ちょっと嬉しい。写真の白い袋状に見えるのは蛸の受精卵(胚)です。私は初めて見たのですが一つの胚が結構大きいんですね。1cmはあると思います。彼が「胚しか使わないよ。」と言っていたので今夜はタコ刺しだ〜♪ランランと思って家で待っていたのですが、帰ってきた彼の手にお土産は無し。「蛸は?」と聞いたら「脳を採って捨てちゃったよ。産地が確定できないし危ないでしょ。」と言われてしまいました。がくーん。こんなにガックリする私はかなり重症な「お刺身禁断症状」が出ていると思われます。はあ〜あ。(;-;)
クリックすると元のサイズで表示します

2006/1/26

日本の伝統文化  シカゴ生活

シカゴ大のInternational houseで行われたコンサートに行って来ました。日本の尺八奏者で三人の男性のユニットHannya Teikoku「般若帝国」、もう一組は琴と尺八とギターのコラボレーションのユニット「Aki&Kuniko」。シカゴに来てからしばしば日本の伝統的な楽器を使ったコンサートに行く機会があります。尺八は民謡大会などで紋付袴を着た年配の方が難しい顔をして吹くものだと勝手に思っていましたが、今日の奏者はジーンズにジャケットで曲もテンポが良いのに日本らしさが十分に出ていて楽しむことが出来ました。特に尺八は奏者の息遣いがそのまま音に表現されて好きになりました。琴の奏者のKunikoさんもすごかった。演奏中に琴の支柱の一つがバチーンって飛んで行きました。アメリカ人は日本の文化に興味を持っている人が多いです。日本にいた時はさほど気に留めなかった日本の伝統文化ですがアメリカに来てその特異性を感じる機会が多くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/1/24

Dictator(独裁者)  シカゴ生活

これは、Chicago Tribuneの日曜版に入っていたものです。Global human-right Organizationの格付けによって決められた世界の独裁者がリストアップされています。世界の情勢に詳しくない私はKimJon-ilしか知りませんでしたが、彼はこのランキングでは2位でした。No1, Dictatorは1989年からスーダンで独裁政治を続けているOmar al-Bashirです。Bashir政権は宗教的な迫害で少なくとも18万人の民間人を殺害し2百万人の民間人が家を追われたと書いてありました。South Koreaの友人と話すと自然に北朝鮮や軍隊の話しになります。Nouth Koreaと国境を接するというのはいつでも軍隊や戦争が自分の身近にあると話していました。今日、ESLに持って行った6 peaceのイチゴロールはアメリカ人、スペイン人、メキシコ人、ドイツ人、韓国人、日本人のお腹におさまりました。小さなglobality.
クリックすると元のサイズで表示します

2006/1/22

イチゴロール  グルメ・クッキング

今日は夕方になってから急に思い立ちケーキ用フラワーを買いに行き、さらに6時くらいから以前から作りたいと思っていたイチゴロールを作り始めたのでした。ケーキを作っている時は自分でも不思議なほど集中力が出て、どんな時でも楽しんで作れるから不思議です。今日はいつもお菓子に関してだけは辛口な評価をする旦那さんにも「今までで一番ウマイ!」と褒めてもらえる出来栄えでした。ラ〜ン♪日本の家族や友達にも食べてもらいたいです。明日はラボのみんなにも食べてもらおう!
クリックすると元のサイズで表示します

2006/1/21

新年会  シカゴ生活

今日は、シカゴ大の日本人コミュニティーの新年会に参加してきました。今日のPartyにきたのは50人前後でしたが、頂いたコミュニティーのリストには約100名の日本人が載っていました。お子さんを含めるともっといると思います。今日主に来ていたのはGSB(graduate school of business)、LLM(法律)、理系のdepartment、economics(経済)の方々です。私は久しぶりに沢山の日本人を目の前にしてもう興奮状態。酸欠になるかと思うほど喋りました。その中でとっても嬉しかったことが一つ。私が愛読している「シカゴで学生生活を送っている女性のブログ」があるのですがその御本人が来ていた〜。私は何も考えずに話しかけました。もう支離滅裂。彼女は予想していた通り、気さくで素敵な方でした。
写真はPartyの様子。私はビンゴ大会で「写真たて」をgetしました。良いこといっぱいだ。クリックすると元のサイズで表示します

2006/1/20

Kobe Briant  シカゴ生活

シカゴに来てからTVでスポーツを見るようになりました。同じ時間帯に3〜5チャンネルくらいbasketballやfootballの試合をしています。旦那さんはスポーツ観戦全般が大好きなのでいつも私と壮絶なチャンネル争いが繰り広げられています。でも最近はルールも分かる様になって少し観戦が楽しくなってきました。昨日はNBAのLALとPHXの試合をしていました。その中で気になった選手を紹介します。LA(ロサンゼルス)Lakersの「Kobe Briant」彼は今年度のNBA No.1 SuperStarの得点王です。貼り付けた画像はイマイチですがかなりカッコイイ!そして名前の「Kobe」は彼のお父さんが日本に行ったときに、神戸牛を食べて超感動したので自分の息子に「Kobe」と名づけたのだそうです。うーん。アメリカ人の感覚って。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/1/18

何故か懐かしいペルー(行ったことないけれど)  シカゴ生活

今日はSummer ESLで同じクラスだった友人とLunchをしました。メンバーは私を含めて計5人。日本人、ペルー人、ベネズエラ人と実に様々です。約3ヶ月半ぶりに全員揃って会いましたが、みんなそれぞれ成長したな〜。と感心することが多かったです。私は(また)おでんとマツタケご飯を作りました。(だって前の日から準備出来るんだもん。)そして冷奴とほうれん草の小鉢を2つ。日本人の女の子がコロッケやクッキーを作ってきてくれたり、ペルー人のマリエルが作ってくれた "arroz con leche"(読めない。。お米の入ったプディングです。)やフルーツも揃ってすごく豪華な食卓になりました。ベネズエラ人のアイリーンが「Yokoはいつもこんなに沢山のお皿を使って料理を作っているの?」とびっくりして質問したので「今日だけだよ〜。」って話したら大爆笑してくれました。沢山食べて笑って本当に楽しかったです。マリエルがマチュピチュ、クス湖、ナスカの地上絵を見たときの話をしてくれました。憧れの土地ペルー。飛行機で10時間くらいで行けるみたいです。ものすごく行きたくなってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ