2006/2/17

Peru一日目:Chicago to Cusco  旅行

朝、7時に家を出発してオヘア空港へ。この日の朝の気温は-18℃。今、ペルーは夏なので薄手のジャケットにTシャツしか着ていなかった旦那さんは凍る一歩手前でした。シカゴからアトランタで乗換えをして、ペルーには同日の23時30分に到着しました。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は飛行機からのシカゴの景色です。奥に見えるのはミシガン湖。

2006/2/16

Peru  シカゴ生活

明日から7泊8日の予定でペルーに行って来ます。(24日の夕方に帰ってきます。)
しばらくブログはお休みします。
明日、空港に向けて家を出発するまであと12時間しかないのにまだ全く準備をしていません。旦那さんは仕事が終わらなくて昨日は徹夜していました。そしてまだ帰ってこない。いつも旅の前はドタバタする私達。今日も徹夜よっつ!元気に行って参ります!

2006/2/15

Yokoパン作りを習う  グルメ・クッキング

今日は、夕方から同じマンションに住む日本人のお友達の家に「惣菜パン」の作り方を習いに行って来ました。日本にいるときには当たり前のように食べることが出来た惣菜パン。もうかれこれ8ヶ月間食べていません。彼女は日本にいる時からパン作りの教室に通っていて、バシン!バシン!と生地を打つ姿はまるで職人さんでした。パンの一次発酵時間を待つ間にロールケーキも作りました。パンの二次発酵の間に、もう一人お友達が加わってケーキを食べながらいろいろな話をしました。違う分野の方と話しをするのは興味深いです。私が全く知らないこと、例えば経済、銀行、会計、貯金、株、借金などについてみなさんとても詳しい知識をもっていらっしゃるのです。大学から今までずーっと理系で理系の友達しかいない私にとっては目からウロコの話ばかりなのでした。彼女はまだ1歳にならない赤ちゃんのいるお母さんなのですが、出産後の仕事復帰に対してもとても前向きで良い刺激を受けたパン教室になりました。
家に帰って夕ご飯に食べたコーンマヨパンとハムマヨパンとイングリッシュマフィン。キメが細かくイーストの良い香り。しっとりとした生地はほんのりと甘くてあまりの美味しさに涙しました。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/2/14

バレンタインデー  グルメ・クッキング

ぱんぱかぱ〜ん!(最近コレばっかり)今日は夫婦共にイリノイ州のDriver's Licenceを取得することができました!免許センターまでの片道1時間の道のりを、帰国前でお忙しいにもかかわらず、2日間に渡って御夫婦で送ってくださって本当にありがとうございました。そして試験の過去問のコピーを貸してくださったうえに、寝不足と緊張でビビリ気味の私を絶え間なく応援してくださったお二人に心から感謝しています。
今夜は、昨日連れて行っていただいた中古ビデオ屋で買った「はねるのとびら」と「Qさま」を心ゆくまで楽しみ、夕ご飯は「豪華」うな丼を食べて乾杯しました。(アメリカに来てから家で初めて食べました。)写真が切れているのは、写真を撮る前に思わず食べてしまったの。。
クリックすると元のサイズで表示します
試験場から帰ってきた後に作ったショコラも美味しく出来ました。旦那さんがケーキのお礼にピアノを弾いてくれました〜♪(いつもはヘッドホンをして弾いているので聞こえない。)
クリックすると元のサイズで表示します

2006/2/13

Driver's Licence  グルメ・クッキング

来月帰国する友人から車を購入することにしました。そこで急遽、Driver's Licenceを取ることになったのです。勉強を始めたのが日曜日の夜7時。辞書を引き引きやっとこさイリノイ州の自動車ルールを(なんとなく)覚えました。昨夜は寝たのが3時です。そして今朝8時にHyde Parkから車で一時間ほどのシャンバーグの教習所に連れて行っていただきました。実技で走る予定の道路でイメージトレーニングを終えドキドキしながら教習所へ。「ん?建物の中が暗いぞ。ガーン!!!」休みでした。。。先週末がリンカーン関係(ショックで良く読んでいないので詳しくは解りません)の祝日だったので今日が振り替え休日になっていたのでした。「このやる気のやり場は一体何処へ?」。親切な友人は、近辺をドライブしてくれて、私がリクエストした回転寿司に連れて行ってくれました。くるくる回るお寿司って見ているだけて幸せな気分になります。写真は「Caterpiller Roll」へんな名前です。デビルロールとか花子ロールもありました。でも全部美味しかった〜♪Driver's Licence取得は明日に繰越です!今夜も勉強だ!
クリックすると元のサイズで表示します

2006/2/6

嬉しかったこと  仕事

今日は月曜日。特にコレといった実験も無く、PFAのstockを作ったり試薬を滅菌したりしていました。旦那さんとお昼を食べている時に「暇だなあ〜。」と言ったら「一回しか実験してないんでしょ。同じ結果になるかリピート実験しろ!」と言われ(確かに一回しかやっていなかった。)急遽もう一度、一通りやってみることにしました。
午後、急にバタバタと実験を始めた私にラボのスタッフの女性が「ちょっと実験のジャマをしてもいい?」と聞いてきました。「いいですよ〜。」とconference roomに行ったら、そこには丸いケーキと火の付いたロウソク!そしてラボメンバー全員と旦那さんのラボメンバーが座って待っていてくれたのです。「Yoko Happy Birthday! Welcome to 30〜!」と言ってお祝いしてくれました。(お昼にニンニクの沢山入ったマッシュポテトをタップリ食べたことを後悔しました。)みんなの前でフーッとロウソクの火を消したときは本当に嬉しかったです。あまりにもびっくりしてほとんど喋ることの出来ないYokoでしたが、嬉しい思い出が出来ました。

2006/2/5


誕生日の夜にダウンタウンの「Kamehachi」 320 North Dearborn ST.に行って来ました。今日は米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の年間王者を決める第40回スーパーボウルの日でダウンタウンの人影は少なかったです。(アメリカ人はみんなテレビを見ているんでしょう。)お店はホテルのラウンジの一角にあり、お寿司屋さんのカウンターになっていました。板さんは外見は日本人。でも実はタイ人で名前は「Kenさん」という人でした。話し好きのKenさんは「シカゴロール」の中身の説明や、日本の鎌倉に行って寿司修行をしたこと、寿司ネタや日本語の返事の仕方を勉強していることなどを話してくれました。シカゴロールは、ハマチとサーモンとトビッコのコンビネーションから成り立っているそうです。カリフォルニアのお寿司屋に行ってもシカゴロールはあるとか。仲良くなったKenさんとはMailアドレスを交換しました。ラウンジではスーパーボールを観戦する沢山のアメリカ人が集まって(叫んで)いました。賑やかな誕生日の夜になりました。
写真はお店のカウンター。奥に写っているのがKenさん。
クリックすると元のサイズで表示します
Kenさんお勧めのシカゴロール。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/2/5

誕生日  シカゴ生活

ぱんぱかぱ〜ん。今日は私の誕生日です。とうとう30歳になりました。ちょっと嬉しいような寂しいような。不思議ですね、自分が30歳になるってとても変な気分です。精神的には20代とさほど変わっていないのに。でも30歳。先ほど父からMailが届きました。
Yokoが生まれた日は道路にまだ少し雪が残った日でした.よく覚えています。30年間元気で居てくれた事に親として、ありがとうと君に感謝しています。  
そうか。私が生まれた日には雪があったのね。お母さんは「ロッキード事件の日だったわ。」と言っていたけれど。アメリカで迎えた初めての誕生日です。今シカゴは2月5になって一時間半経ちました。2月4日の夜10時くらいから「ハウルの動く城」を見て感動して泣いてしまった。Yokoは30代のスタートを切りました。皆様これからもよろしくお願いいたします!

2006/2/3


今月の17日からペルーに行って来ます。同じアパートに住むペルー人のマリエルに「ペルーのいろいろな情報を教えてね。」というMailをしておいたら「今日、仕事が終わり次第ダウンタウンで会って話そう。」という返事が来ていました。家に帰ってきたのが5時過ぎだったのでさすがに今日は遅いし無理だと思って電話をかけたら「6時にロビーで待ってるわ♪バスで行こうね。」と誘われ、上手く返答も出来ないままダウンタウンに一緒に行くことになりました。ダウンタウンのレストランで、以前私の家でPartyをしたときのメンバーで会い「お互いのパートナーとの馴れ初め話」をしたりして楽しい時間を過ごしました。偶然、マリエルが今週の日曜日にペルーに一時帰国をすることになっていてLimaの実家に招待してくれることになりました。「家のservantはスペイン語しか喋れないから私の携帯に電話かけね。」と言われ「家にservantがいるの?」と聞いたら「コックもドライバーもいるよ。」と言われ、一緒にいたアイリーンも「私の家にもいるわよ。」とごく普通に言っていました。「えーーーーっつ!」と日本人二人で衝撃を受けた夜でした。
日本人の口に合うサッパリしたイタリアンです。洋ナシとゴルゴンゾーラのサラダが美味しかったです。bella! Bacino's 75 E. Wacker Drive
クリックすると元のサイズで表示します

2006/2/3

LUNAR NEW YEAR / SPRING FESTIVAL party  グルメ・クッキング

久しぶりにシカゴ大のpartnerの集まりに参加して来ました。今回は先週がChinese New Yearだったこともあり中国と韓国の方々がそれぞれの国の料理を作ってくれました。
ダンプリング(中国の餃子)、中に胡麻餡が入った白玉団子、中国茶、トック、プルコギ、コーン茶。もう食べきれないほどの沢山のお料理が次々と出来上がりました。私は小麦粉と水を混ぜて作った餃子の皮を麺棒で伸ばし、中に具を詰める作業を手伝いました。日本で売られているような硬い皮ではなくて、フワフワで中に具を詰めるとグニャーっと変な形になって中国の方に笑われました。中国では日本でよく見かける焼き餃子はほとんど無くて、水餃子がメインに食べられているそうです。私が作ったのは左の一列。真ん中の下側4つはプロ、右一列は日本人。
クリックすると元のサイズで表示します
茹で立てホカホカの白玉団子とダンプリング。
クリックすると元のサイズで表示します
トックとプルコギ。「ト(丸いお餅)ク(スープ)」で「プル(焼く)コギ(肉)」の意味だそうです。ちなみにクッパは「ク(スープ)パ(ご飯)」なんだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ