2006/5/30

WashingtonDC: Day 4  旅行

さてさて今日はワシントンDC最終日。よくCNNニュース番組でバックに映っているU.S. Capitol(国会議事堂)へ。朝9時なのに、とにかく暑くて蒸し暑いです。そしてまだopenしてないし。。写真だけとって諦めました。U.S. Capitolは建てるのに150年もかかったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

U.S. Capitolの正面にはワシントン記念塔があります。その距離約2km!この真ん中芝生のスペースをThe National Mallと呼びます。このMallを取り囲むようにして、沢山の博物館、美術館群が並んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

今日は、旦那さんとは別行動でお互いの行きたい場所に行きました。彼は、National Air and Space Museum(国立航空宇宙博物館)へ。
クリックすると元のサイズで表示します
Astrolabe:昔の天体観測儀。沢山の子供達が見学に来ています。

クリックすると元のサイズで表示します
A piece of Mars:南極で見つかった火星の石メテオライト。はるか昔に地球に降ってきたもの。石の成分が地球のものと明らかに違うとか。

クリックすると元のサイズで表示します
この他にも、ライト兄弟が最初に設計した飛行機の「スピリットオブセントルイス」や、木星探索計画、アポロ月面着陸の詳細、触れることの出来る「月の石」などがあるそうです。



私はもう一度National Gallery of Artへ。NGAは西館と東館に分かれていて、昨日は東館(近代、現代の絵画が中心)に行く時間がなかったのです。東館は、ピカソ、マティス、モディリアニ、ドランなどからはじまり、ボロックまでとにかくものすごい量の収蔵量でした。帰りがけにもう一度西館の印象派とオランダ画家の展示を見ていたら、「Yoko」と呼びかける声がしました。「誰?」と思って振り返るとそこにはマリエルの旦那さんのホセが!お互いが「何してるのここで?」状態です。ホセはワシントンDCにインタビューに来ていたそうです。しばらく話をしてSee you♪と言って別れました。それにしてもシカゴで同じアパートに住んでいても会ったことがなかったのに、こんなに広い美術館で会うとは。偶然って凄いです。
クリックすると元のサイズで表示します
オーギュウスト・ロダン:The kiss

2006/5/29

WashingtonDC: Day 3  シカゴ生活

体力も回復して今日はNational Gallery of Art: NGA(国立美術館)へ。
1999年、NGA展は日本の東京都美術館に来ました。私は学生で、フェルメールの「手紙を書く女性」マネの「プラム酒」やモネの「太鼓橋」「日傘をさす女」などの絵画に感銘を受けました。当時のNGA展はもう嫌になるほど混雑していて、小さな絵の「手紙を書く女性」なんて人の背中越しに見たものです。NGAのフェルメールの部屋なんてだーれもいないんです。ガードマンだけ!自分のペースで見たい絵を見たいだけ見られるって本当に幸せです。

クリックすると元のサイズで表示します
目玉のレオナルド・ダ・ビンチ「ジネヴラ・デ・ベンチ」
アメリカで唯一のレオナルド・ダ・ビンチの作品。極めて正確な幾何学的配置にもとづいて描かれているとか。一見、ただの怖い顔ですが、よく見ると優しい表情に見えます。旦那さんはこの絵をとても気に入って、自分の机の上に飾っています。ちょっと怖い。

クリックすると元のサイズで表示します
ラファエロ「アルバの聖母」

クリックすると元のサイズで表示します
奥に見えるのは、ルーベンス「ライオンの穴の中のダニエル」。
とにかくガラガラです。ステキ♪

クリックすると元のサイズで表示します
エドゥワール・マネ「プラム酒」
頬杖を付いてタバコを吸ってプラム酒を飲む彼女は何を考えて物思いに耽っているのだろうと7年前も同じことを思いました。



今日は、メモリアルデー(アメリカのために戦争で亡くなった方を追悼する日)でした。偶然美術館の前の道でメモリアルデーパレードがありました。気温はおそらく40度近く湿度もかなり高い!それでも大勢の人が集まってパレードを見学しています。
クリックすると元のサイズで表示します



夕飯は、少し離れたGeorgetownのベトナム料理、Miss Saigonへ。
今が旬の、Soft shell crab(脱皮したばかりの蟹)を食べました。殻ごと食べられて身がふわふわ。めちゃくちゃ美味しい!(シカゴに比べれば食べ物が何でも美味しい!力説!)写真の下のロブスターも今が旬で最高でした。
クリックすると元のサイズで表示します

そして町が安全!(夜ブラブラしていても比較的人も多くて地下鉄もキレイで本数が多いのです。)ワシントンDCは住みやすい所だな〜と感心してしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
バックに写っている丸いビルは、Watergate Complex :ニクソン大統領を失脚させたウオーターゲート事件の舞台となった所です。その右にある明るい平べったいビルが、John F. Kennedy Center : ジョンF ケネディー大統領の業績を記念して立てられたそう。

2006/5/28

WashingtonDC: Day 2  旅行

本日は旦那さん待望のNational Museum of Natural History(国立自然史博物館)へ。
クリックすると元のサイズで表示します

まずはこの博物館目玉のホープ・ダイヤモンド(インドから運ばれた世界最大のブルーダイヤ)を見に行きました。大きさ45.52カラットで、伝説によると、このダイヤに触れた者は死ぬ運命にあるとか。地質学、宝石、鉱物の展示が続きます。(私はもうこの時点でヘロヘロ。ワシントンの蒸し暑さにやられました。)
クリックすると元のサイズで表示します

旦那さん曰く、この博物館は古生代の動物に関する展示が豊富で、1億2,400万種を超える動物の骨、化石、剥製を所蔵しており、世界最大級の自然史博物館となっているそうです。無脊椎動物の化石の収蔵量は世界一で、ここだけでしか見られないものが多いとか。
びっくりしたことその1:軟体部が保存されたイカの化石があった(残らないらしい)。
クリックすると元のサイズで表示します
その2:同じくクラゲの化石があった。(どうやって残ったんでしょう。)
クリックすると元のサイズで表示します
その3:葉っぱに見えるけど動物。古代の海の復元標本。
クリックすると元のサイズで表示します
その4:Yokoプテラノドンになる。
クリックすると元のサイズで表示します

夕飯は市内から少し離れた町BethesdaのCrab Houseへ。
クリックすると元のサイズで表示します
残念ながら、食べたかった旬のカニはもう売り切れでしたが、カニ爪は美味しかったです。スパイスがかかった茹でたまるごとの蟹を木のハンマーでゴンゴン割ってレモン汁を付けて食べます。

2006/5/27

WashingtonDC: Day1  旅行

ChicagoからRonald Reagan Washington National Airportへ。ワシントンDC市内へはイエローライン(地下鉄)が走っており、10分ほどで行くことが出来ます。(写真は空港です。)
クリックすると元のサイズで表示します

予想以上に高い気温と湿度に驚きながら、まずは「Holocaust Memorial Museum(大虐殺博物館)」へ。
(同じフロアで働いている友人が以前ワシントンDCのNIHで働いていて、この博物館には絶対に行った方がいいと勧めてくれたのです。)

博物館はワシントン記念塔のすぐ近くにあり、1933年から1945年までの間にナチスによって行われた、600万人のユダヤ人、それ以外の数百万人に対する迫害と殺戮の歴史について展示された博物館です。メモリアルデーが近かったこともあり博物館は人で溢れかえっていました。常設展への入場は整理券が必要です。ナチスが行った人体実験の写真、犠牲者の靴や剃られた髪の毛の展示、ガス室の仕組みの説明、ゲットーへ送られる貨物列車、共同墓地の映像などなど。今までは知識としてしか知らなかったナチスの大量虐殺の事実が、実際の映像や写真を目の当たりにしてなんとも言いがたい気持ちになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

夕飯は市内のChina TownにあるTony Cheng's Seafoodに行きました。ワシントンDCは海のすぐ側ですから海鮮が超!美味しかったです。シカゴのChina Townの中国人の生活に根差したイメージとは違って、こちらは観光化されていてちょっと面白くなかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

夜の7時も過ぎましたがアメリカはまだまだ明るい!食事の後はホワイトハウス周辺を散歩しました。(ホテルがホワイトハウスのすぐ隣で交通の便が良く非常に便利でした。)私は知らなかったのですが、ホワイトハウスの見学は6ヶ月前からの申請と日本大使館の許可が必要なんだそうです。外観は見ることが出来ます。正面にはワシントン記念塔があり、常に数名のPoliceが警備しています。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/5/26

Washington D.C.  シカゴ生活

明日からアメリカは3連休!旦那さん達ての希望でスミソニアン国立自然史博物館のあるワシントンDCに行って来ます。(昨日の夜中の3時に飛行機のチケット取りました)もうヘロヘロ。Marylandのブルークラブ食べるぞ〜!
クリックすると元のサイズで表示します

2006/5/26

人前で英語で話すこと  仕事

友人の帰国を見送ってから、いつの間にか1週間も経ってしまいました。そろそろ日本時間にも慣れたころでしょうか。疲れは取れましたか?

木曜日にオヘア空港から帰ってきて午後からラボに行きました。

ボス:「Yoko、今日はラボミーティングの日だったんだよ。」
Yoko:「え。ラボミーティングこのラボあったんですか?」(って言おうと思ったけどやめて)
Yoko:「すみません。知りませんでした。」
ボス:「じゃあ、来週のミーティングで今までのデーターを20分くらいで発表してね。」
Yoko:「(;-;)ドカーン」

というわけで今週はデーター整理やサンプルの写真を撮るのでアップアップしておりました。はあ疲れたよ。木曜日は11時からミーティングが始まりました。運悪くいつもは来てない大学院生や学部生まで勢ぞろい。とりあえず、作ってきたプリントを配って原稿を読み始めたのですが、

ボス:「プリント読むだけじゃダメだよ。Yokoの言葉でみんなに解るように話しなさい。解析中の遺伝子の意味と研究の意義を学部生にも解るように説明して。」
Yoko:話を始めるがどんどん声が小さくなる。最終的に「すみません。解りません。」
Yoko:「ボス!ちょっとイジワルだわ!」(心の声)
さんざんな発表会でした。(もともと無いけど)自信喪失。

少しは話せるようになって来たかなと自分では思っていたのですが、まだまだ準備が出来ていないとボロボロです。とにかく一週間終わって良かった。


2006/5/20

ガチャガチャ  シカゴ生活

今日は、友人の車でアーリントンハイツに出かけました。旦那さん以外の人の車に乗るのは久しぶりで、私はあまりの気持ち良さに後部座席でうたた寝してしまいました。(旦那さんの隣に乗っている時はとっても緊張しているのです。)
Mituwa、TOYOTAで用事を済ませてWOODFIELDをブラブラしていたら日本でいう「ガチャガチャ」を見つけました。一回25セント。いろいろな種類のガムやキャンディーが出てくるタイプで3人で試しにやってみたのですが、なんと私のはキャンディーじゃなくてスーパーボールでした。あやうく食べるところでした。それにしてもすごい色でしょ。(そしてスポック頭の私です。)
クリックすると元のサイズで表示します

2006/5/18

帰国とは  シカゴ生活

今日は、日本に帰国する御夫婦の見送りをするためにOHARE Airportに行って来ました。朝7時にHyde parkを出発しましたが、ものすごい渋滞で空港に着いたのは9時でした。平日の空港行きの高速道路はアメリカでも渋滞するんですね。JALの窓口が混み合っていて、荷物を預けるのに並ぶこと1時間。あっという間に搭乗時間まで1時間を切ってしまい、いろいろな話も出来ないままお別れになってしました。笑顔で手を振っていたお二人の姿が印象的でした。
いつか、私たちにも帰国の日がやってきます。その時どんな気持ちなのか。まだ私には想像できません。私は、旦那さんがシカゴに来るという理由で日本の仕事を辞めて付いて来ました。シカゴを離れる時は彼が日本に新しい仕事を見つけた時です。そこに私の決定権はありません。帰国をする時に、今日の二人のように笑顔でシカゴから新しいスタートを踏み出だせるように、日々精一杯頑張らなければと、自分に喝を入れなおしたYokoです。
クリックすると元のサイズで表示します
二人が住んでいたマンション。二人が主催のPartyはいつも楽しかった(;-;)。


今日は空港からの帰りに、一緒に車に乗って見送りに行った友人がフロントガラスと車体の間に、盗まれたと思っていたワイパーを見つけてくれました。そしていとも簡単に治してくれました。凄い!凄すぎる!私達は二人も揃って全く気が付かなかったというのに。かなり恥ずかしかった。でももうちょっとした小雨にもビビらないYoko夫婦です。フフ。

2006/5/14

Costco  シカゴ生活

二ヶ月ほど山にこもりたかった私ですが、今日は美容院を教えてくれた友人と会員制スーパーのCostcoに行く約束をしていたのでした。彼女は私の髪型を見たとたんに沈黙。そして「可愛いね。前よりもずっといいよ。」と言ってくれたのでした。(前は今よりひどかったのか〜。)気を遣ってくれてどうもありがとう。でももういい。髪形のことは忘れよう。

South Lake Shoreから55に乗ってMidway Airportの南へ。Costcoは、ばら売りではなくまとめ買いによって卸価格で商品が購入できるスーパーです。何もかも大きい。ビールが安い!買い物の最後には、カートが重たすぎて制御不能になるほどでした。帰りに彼女の家に遊びに行って、二匹のウサギをグリグリかまって遊んできました。よっぽど嫌だったのかクローゼットの中に入って二度と出て来ませんでした。また明日から仕事。楽しい週末が終わります。
クリックすると元のサイズで表示します
店内の様子。
クリックすると元のサイズで表示します
左は日本の標準サイズのケチャップ。

2006/5/13

笑ってくれ第2弾!  シカゴ生活

今日は、友人に教えてもらったチャイナタウンの美容室に行ってきました。彼女いわく「腕は確かで、英語は通じる。」そして決め手は☆彼女の髪型はとっても可愛い☆さてさて、ドキドキしながら美容院へ。旦那さんに向かえに来てもらう時間を聞いたところ「30分後」と言われてあまりの速さにまず驚きました。念のため、こんな髪型にして欲しいというプリントした紙を持って行ったのですがチラッと見ただけ。(この時点でかなり不安です。)それから彼女はものすごい勢いで私の髪を切り始めました。剃刀で。ハサミは最後まで使用せず。30分後、向かえに来てくれた彼に、

私:「。。。ど、どうかな?」
旦那:「ヘルメットみたい。」
私:「。。。。。(;-;)」
私的には、スタートレックのスポックみたい。(こんなのね)
クリックすると元のサイズで表示します
彼は傷心の私を、引きずって飲茶に連れて行ってくれました。美味しかったけど涙の味だった。(最近こんなのばっかり。)ああ、明日から2ヶ月ほど山にこもりたい!

クリックすると元のサイズで表示します
Chinatownのgateです。
クリックすると元のサイズで表示します
魚介類たっぷりで、安くて美味しい飲茶。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ