2007/9/16

新発田市めぐり  日本

午後からさっちんの案内で御近所にある新発田城、清水園、王紋酒造、諏訪神社を見学しました。新発田市に来るのは初めてですが、城下町らしい静かなたたずまいです。
クリックすると元のサイズで表示します
新発田城。別名「あやめ城」とも呼ばれ、初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)侯が慶長3年(1598年)に築城し、3代宣直(のぶなお)侯のときに完成。
クリックすると元のサイズで表示します
新発田藩の下屋敷としてつくられました。京風の回遊式庭園は幕府の茶道方・縣宗知の作。足軽長屋は、木造茅葺き造りの八軒長屋で当時の足軽の暮らしが偲ばれます。

さっちんが運転して、新発田市観光をしながら、学校のこと、生徒のこといろいろな話をしてくれました。1年前は仕事が辛くてトイレで泣いていたさっちん。すっかり先生らしくなって姉はとても嬉しかったです。姉にとって貴女はまだランドセルをしょっている8歳くらいの女の子に見えるのに。

2007/9/16

新潟県中越沖地震  日本

今日は、仕事が忙しくて実家に帰ってこられない妹のさっちんに会いに新潟県新発田市に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
写真は道中に通過した新潟県中越沖地震で被災した柏崎市の様子です。2ヶ月経った今でも屋根の上にブルーのビニールシートを張っている家が目立ちます。高速道路もウネウネとしていて車がバウンドするような感じでした。被災地を目の当たりにするとその恐怖が伝わってきます。実家の上越市は震度6弱だったそうですが、父は3年前の新潟県中越地震の教訓を生かして、万全の地震対策をしておいたので家具は何一つ倒れなかったそうです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ