2007/9/27

現実は甘くない。  シカゴ生活

たった2週間シカゴを留守にしている間に、いつの間にかシカゴは秋になっていました。木々の葉っぱや大学の古い建物にびっしりと巻き付いている蔦も赤や黄色に変化しています。気温も朝晩は涼しいくらいで、あと数週間もしたら自転車通勤も辛くなるでしょう。

さてさて、2週間ラボを留守にしている間には、様々なことが起こっていたようで、みんなから「こんなことがあったあんなことがあった。」という話を聞き、日本のお土産話なんぞする暇もなく現実に引き戻されました。そして私が、学部生に頼んでおいた2週間分の仕事は全く手をつけた様子もなくそのまま残されていました。。おまけに、明日が締め切りのAbstractと10月5日のセミナー発表をダブルで頼まれた上に、午後は2時間ぶっ続けでSafety Training Classとその小テストがあり、仕事が終わって家に帰り旦那さんの顔を見たとたんに「ギャーン」と泣いてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
関係ないけれど写真は先月ボスのお宅で開かれたBBQ partyに持っていった手毬寿司です。サーモンの方にはさっちんのお土産の祇園原了郭の黒七味を入れました。美味しかったです。ありがとう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ