2007/11/28

気持ちの良い秋晴れです。  旅行

Thanksgiving Holiday(11月22〜25日)にWashingtonDCに行っていました。シカゴからDCまでは飛行機で1時間半。近くて、ご飯も美味しいWashigtonDCが私は大好きです。
クリックすると元のサイズで表示します

今週の火曜日はProgress reportの順番に当たっていました。ようやくそれが終わって、一気に旅の疲れも出てぐったりしてしまいました。時間を見つけてアップしていきますね。では〜。

2007/11/25

Arlington National Cemetery  旅行

ワシントンDCを見渡すことが出来る丘陵地に南北戦争以来およそ23万人の戦死者や退役軍人やその妻などが埋葬されています。
クリックすると元のサイズで表示します
気になったのが、真っ白の新しい墓石が多かったことです。没年が2000年以降で、年齢はほどんどが20代でした。日本では戦争は遠い過去になりつつありますが、アメリカでは現在進行形です。
クリックすると元のサイズで表示します
1986年01月28日チャレンジャー号で亡くなられたクルーを追悼する碑。
クリックすると元のサイズで表示します
「硫黄島記念碑」

クリックすると元のサイズで表示します
夜9時過ぎにオヘア空港到着〜。

2007/11/24

WashingtonDC :U.S.Capital  旅行

クリックすると元のサイズで表示します
U.S.Capital
クリックすると元のサイズで表示します
National Gallery of Art
クリックすると元のサイズで表示します
Leonardo da Vinci「Ginevra de' Benci」1474/1478
クリックすると元のサイズで表示します
ダビンチの美と徳の象徴。
クリックすると元のサイズで表示します
フェルメールの作品はオランダの絵画として美術館正面入り口から左の部屋にまとめられていました。
クリックすると元のサイズで表示します
Vermeer「Woman holding a balance」1664
クリックすると元のサイズで表示します
「A Lady writing a Letter」1665

クリックすると元のサイズで表示します
Édouard Manet 「The Railway Gare Saint-Lazare」1873
クリックすると元のサイズで表示します
Paul Cezanne「Portrait of the Artist's Father」1886
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
Mary Cassatt「Little Girl in a Blue Armchair」1878
青い色がとても印象的。
クリックすると元のサイズで表示します
Saint Lucy legend「Mary, queen of heaven」1485/1500
クリックすると元のサイズで表示します
Orazio Gentileschi and Giovanni Lanfranco「Saint Cecilia and an Angel」1617/1618 and 1621/1627
クリックすると元のサイズで表示します
Jean-Baptiste-Camille Corot「Forest of Fontainebleau」1834

2007/11/23

Washington DC: Philips Collection  旅行

ワシントンといえばスミソニアン博物館群が有名ですが、今回は前回時間が無くて行くことができなかったスミソニアン以外のワシントンに古くからある美術館を訪れました。

印象派に関しては世界屈指の美術館であるフィリップ・コレクション(Phillips Collections)
クリックすると元のサイズで表示します
驚かされるのが、表記も無しに何気なくセザンヌ、エルグレコ、ドガなどの名画が飾られているのです。まるで誰かの邸宅を訪問したような、ゆったりとした雰囲気があります。
クリックすると元のサイズで表示します
2005年には、六本木ヒルズの森美術館で「フィリップ展」も行われたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Renoire「Luncheon of the Boating Party 」、和名「舟遊びの昼食」。1人だけ無帽の男性はジャーナリストで、無帽は型にはまらない自由のシンボルだそうです。登場する人物は皆、ルノアールの知人かモデルだとか。
クリックすると元のサイズで表示します
Pierre Bonnard「Femme tenant un chien」
クリックすると元のサイズで表示します
National Garelly of Artより。Mary Cassatt「Children at the Seashore」

「Impressionists by the Sea: Masterpieces by Monet, Manet, and Renoir」海辺を題材としたフランス印象派の名画をあつめた展覧会が来年1月13日まで開催されています。ため息の出る素晴らしい美術館です。

2007/11/19

Shooting on South Ellis  シカゴ大学

今日、シカゴ大学の学生が殺人に合いました。これとほぼ同じ時間帯に、Hyde parkでは発砲事件と強盗が起きています。今日のキャンパスにはテレビ局が来たり、帰り時刻のバスが異常に混んでいたりでものものしい雰囲気でした。シカゴ大学キャンパスにのみ事件が起こっているのか、ホームレスなどが増えてシカゴ全体の治安が悪化しているのか分かりません。事件の早期解決を祈ります。

以下、大学から送られてきたe-mailの一部です。

It is with the greatest possible sadness that I write to inform you of the tragic killing of one of our graduate students last night. Amadou Cisse, an international student completing his Ph.D. degree in chemistry, was shot and killed at 1:26 a.m. in the street near 6120 S. Ellis Ave. We are saddened and outraged by this terrible event, and our hearts go out to the student’s family, friends, colleagues and neighbors.

Both University of Chicago and Chicago Police Department officers responded immediately to the shooting, and are working together to actively investigate this crime. Police are increasing patrols in and around campus. In addition to these immediate measures, we will work intensively with the Chicago Police Department to evaluate what additional steps we will take to ensure the safety of our community going forward.

In addition to the fatal shooting, there were two other incidents on or near campus last night. At 12:33 a.m. at 6045 Woodlawn, a man was chased by an individual who fired a shot in his direction. At 1:15 a.m., two women were robbed at 924 E. 57th St. by an individual who said he had a weapon. Police are investigating whether or not these incidents are related. Anyone who might have information related to any of these incidents should call the Chicago Police Department’s Area 2 Violent Crimes at 312-747-8272.



2007/11/18

また起きました。  シカゴ大学

http://abclocal.go.com/wls/story?section=local&id=5760767
今回は2件。片方は家から直線距離で1マイル(1.6km)くらい。Hydeparkにお住まいの皆様、気をつけてください。


2007/11/16

祝!  シカゴ生活

旦那さんとその友人お2人に、偶然にも非常にめでたい事が重なったので、みんなでお祝いをするべく韓国料理のお店に行って来ました。「Arirang Garden」韓国スーパーHmartを正面に見て右側にあります。トッポギ、ビビンバ、スントーフなどのサイドメニューが美味しいです。
友人の一人は、日本に職が決まったとのことでした。当たり前のようにそばにいた人が次から次へと帰国してしまって、いつても心にポッカリ穴が空いたように寂しくなります。もうお一方は日本から2年間の奨学金を得られることが決まりました。出会いと別れがこれほど頻繁に起きるのもアメリカ生活ならではです。

写真がないので興味深いサイトを紹介します。
http://frostfirezoo.com/the-right-brain-vs-left-brain
旦那さんはいつ見ても時計回り(右脳)私はいつ見ても反時計回り(左脳)です。面白いのが、仕事中に英語を話している時に見ると右回りに見えること。私は右脳で英語を話しているのかもしれません。言語野は左脳なのに。

2007/11/10

The Museum of Contemporary Art  シカゴの美術館博物館

MCAに行って来ました。今までなんとなく行く機会が無かったのは、ピカソ、マティス、ポロックなどの有名な作品を扱っているのではなくて「完全なる現代アート?」を扱っている美術館だったからです。14日までフリーです。
クリックすると元のサイズで表示します
地面に渦巻きが描いてあって目が回ります。
クリックすると元のサイズで表示します
砂で絵を描いています。
クリックすると元のサイズで表示します
「The Wonders of Nature,1953」

共感できるもの、出来ないもの、様々な作品がありましたが、驚いたのは50年以上も前の作品がほとんどだったことです。現代アートの第一歩を踏み出した人って凄いなあと思います。

2007/11/6

SanDiego:day4  旅行

午後から「SanDiego Zoo」に行って来ました。ワーイ!
クリックすると元のサイズで表示します
約800種、4000頭もの動物を飼育している世界屈指の動物園です。
クリックすると元のサイズで表示します
園内は非常に広いのでバスツアーが便利です。説明も子供向けでとても分かりやすくて◎
クリックすると元のサイズで表示します
すべての動物がかなり近くで見られるのと、暖かい気候なのでコアラでもガラスケースに入っていないのが良いです。私は初めて、起きていてユーカリを食べているコアラを見ましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します
「アリクイ」背中に赤ちゃんがしがみついています。
クリックすると元のサイズで表示します
サービス精神旺盛なカバさま。足が意外に小さくてびっくりしました。
クリックすると元のサイズで表示します
竹の葉の部分ではなく、幹の硬いところばかり食べていました。
クリックすると元のサイズで表示します
3頭のアフリカゾウも野外にいます。シカゴでは考えられない冬の光景です。
クリックすると元のサイズで表示します
「ガラパゴスゾウガメ」
クリックすると元のサイズで表示します
「ミーアキャットの赤ちゃん」喧嘩してました。超可愛い。
クリックすると元のサイズで表示します
ふてぶてしい?オラウータンの親分。

クリックすると元のサイズで表示します
Anthony`s Fish Grotto
二晩続けて通いました。シーフードが新鮮なのは言うまでもありませんが、値段もリーズナブル、接客も丁寧で、気持ち良く食事が出来ました。夕食の後に、シカゴ行きの飛行機に乗って岐路に着きました。

2007/11/5

SanDiego:day3  旅行

本日は旦那さんの希望で、カルフォルニア大学サン・ディエゴ校(UCSD)所属のスクリプス海洋研究所があるLa Jollaに行って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
「Stephen Birch Aquarium at Scripps」
海洋研究所の真上にあるので、地球温暖化と海洋との関係の展示が豊富です。
クリックすると元のサイズで表示します
「Sunflower Seastar」こんな生物ははじめて見ました。手前の魚と比べてもかなりの大きさです。
クリックすると元のサイズで表示します
「コウイカ」
クリックすると元のサイズで表示します
貝の仲間である「アメフラシ」
旦那さん談:学習と記憶の研究分野に革命をもたらしたモデル動物。こんな地味な生物が医学の発展に役立っていると思うと不思議です。
アメフラシの神経の細胞体は、直径200〜1000μmと哺乳類の10倍の大きさである。(これに対してヤリイカは軸索が大きい。)その神経回路が単純であることから、生物学において神経生理のモデル生物として用いられる。とくに危険を感じると鰓を引き込み、慣れると引き込めなくなるという反射行動は、記憶・学習の基礎研究の発展に貢献した。コロンビア大学のエリック・カンデル教授は、アメフラシを使って、シナプスが変化することで記憶が形成される仕組みを明らかにし、2000年にノーベル医学・生理学賞を受賞した(By wiki)。

クリックすると元のサイズで表示します
「スクリプス海洋研究所」海洋学の世界的メッカで、ノーベル平和賞を受賞したアル・ゴアで有名です。古くから地球温暖化と海洋との関係を研究している場所だそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
La JollaのChildren`s Poolにはアザラシでいっぱいでした。なんだか怖い。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
お昼に食べた「Fish Taco」さすがメキシコに近いだけあります。絶品!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ