2009/2/9

ジャム  シカゴ生活

今日からお休みです。仕事は8ヵ月間の産休という形を取っています。シカゴ大学の人事に産休の書類を提出した時に、事務のおばちゃんが目を真ん丸くして言いました。「あなたの様なユニークな人は初めてだわ。(こんなに長く産休を取るという意味で)3ヵ月間以上の産休を取ったらシカゴ大ではあなたのポジションを保障する必要はないのよ!」

ある友人は私のことをこう表現しました。
「止まったら死んでしまうお魚みたい。」
別の友人は自分の子育てのことをこう表現していました。
「3ヵ月間赤ちゃんと一緒に家でじっとしていたら気が狂いそうになった。」
8か月後どうなっているのか解りません。仕事は、産後3ヵ月間あれば復帰できたかもしれません。でもどうしても生後3ヵ月の赤ちゃんを見ず知らずの他人に預ける気持ちになれなかったのと、仕事が精神的にもう限界ギリギリの所まで来ており逃げてしまいたかったのかもしれません。

ま、もう決めちゃったことだし後戻り出来ないから進むしかないですね。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は、苺が安かったのでジャムを作ってみました。(1.5kgで3ドル)総重量の30%の砂糖と苺500gあたりレモンの絞り汁を1個分入れて4時間置いた後、30分間灰汁をすくいながら煮ました。一年分出来てしまった。。イチゴの甘酸っぱい匂いが家中に広がって、椅子に座りながら灰汁を取り、お腹の赤ちゃんに話しかけたりしてとても穏やかなひと時でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ