2009/2/11

日米の違い  シカゴ生活

週1回になったDoctor Appointmentに行って来ました。今日の先生はドクタージェンキンス(また前回と違う先生)心音を聞いて子宮底長を計り終了。正味3分。日本の友人の話によると臨月になると毎週子宮口の開き具合をチャックするんじゃなかったかしら。。日本の妊娠本によると臨月に毎日2時間ほど歩くのは安産につながると書いてあったのでそれを最近実行しています。「2時間歩くとお腹が張るんです。」と先生に言ってみると「2時間も歩いちゃ駄目よ!」と笑われました。。

ついでにシカゴ大学病院のMaternity Class(Infant Care)にも参加してきました。Classはそんなに値段も高くないしfreeのものも多いので素晴らしいです。だだ内容が日本とはかなり異なるので、日本で出産の経験がある人はビックリしちゃうかも。

今回のテーマは「乳児の入浴」
日本では沐浴と言って生後2日目くらいから湯船に入れて体を洗ってあげるのが普通だと思いますが、アメリカではへその緒が取れるまでしばらくは2日おきに拭くだけで良いそうです。それから仮に湯船に入れるようになったとしても、2-3inch以上の湯を張るなと言われました。1inch=2.54cmですけど?
Baby Bathのビデオを見つけたので見てビックリしてください。
http://www.babycenter.com/partners/headtotoe/?CMP=EMC-LFT4E
今日は多数のお母さん達からCircumcisionとそのcareについての質問が出たのですがシカゴ大学病院では基本的に両親が希望しない限りは行わないそうです。
ご安心あれ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ