2009/8/31

離乳食戦争勃発  育児

Akihitoが粉ミルクを飲むようになり授乳間隔が伸びたので、私の体調が飛躍的に良くなりました。2週間前にドクターのOKが出たので離乳食を本格的に始めました。

Akihitoはアメリカの離乳食をほとんど食べません。
ライスシリアル(お湯で溶くだけ)×
アップルソース×
ピーチソース×
スイートポテト◎

手作りしたお粥や、すったリンゴなどはなんとか食べるものの進んでは食べません。


10倍粥を食べています。
私は顔中米粒だらけです。

クリックすると元のサイズで表示します
今のところすったリンゴが一番好きかな。でも酸っぱいと食べません(;-;)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
卵アレルギーが発覚!私が卵を食べて母乳をあげても今まで湿疹が出なかったのに、卵ボーロをあげたとたんに口の周りに湿疹が出ました。10分ほどで消えます。

2009/8/24

人の意見に左右されやすい私。  育児

クリックすると元のサイズで表示します
ブランコデビューしました。Akihitoは家の中のブランコも大好きなのでずいぶん長い間怖がらずに乗っていました。良かったね。

公園でチリ人のリリアンに9ヵ月ぶりに会いました。リリアンの子供は1歳2ヵ月。ムッチムチでスタスタと歩いていました。リリアンがAkihitoを見て一言。「彼は小さいんじゃない?私4ヵ月くらいかと思ったわー。エンファミルっていうミルクが良いわよ!アップルソースも。」

Akihitoは生後6ヵ月です。。粉ミルクの会社はエンファミルです。。家に帰って早速、いつもより大目の粉ミルクとアップルソースを食べさせました。食べ終わった10分後に少し機嫌が悪いなあと思って見ていたら、ミルクと一緒に全部吐いちゃいました。。ゴメンねAkihito...

2009/8/21

8月21日は。  家族

♪旅行記と8月1日からの記事をすべてアップしました♪


今日は旦那さんのお誕生日でした。朝9時からI-houseのMartaのイベントに参加して力尽きた私は何にも準備が出来ず。仕事から帰ってきた旦那さんとご近所のお寿司屋さんに行って来ました。ゴメン。。旦那さんと熱燗を飲みながら「Akihitoのいない人生はもう考えられないね。」と話しました。
クリックすると元のサイズで表示します
The Sitdown
日本のお寿司がものすごく食べたい(;-;)



「今日のAkihito:生まれてから今日まで、素直にミルクを飲んだのは分娩直後の入院中だけでした。だからこんな風にゴクゴク飲む姿は信じられないのです(涙)。」

2009/8/20

Brookfield Zoo  シカゴの美術館博物館

友人に誘っていただいて久しぶりにBrookfield Zooに行って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
午前中の曇り空が嘘のように快晴!
クリックすると元のサイズで表示します
子供が集まれば〜。ほとんど動物を見ていませ〜ん。だから動物の写真はありませ〜ん。でも良いんです。沢山笑顔が見られたからね。ちなみにキリンは英語で「Giraffe」ジラフでにアクセントを置きます。友人の3歳のお子さんに教えていただきました!素晴らしいです!
クリックすると元のサイズで表示します
「今日のAkihito:お座りをしていると腕の力が足りなくてべチャッとつぶれてしまいます。いつの間にか木の机をペロペロなめていた。。」友人と大爆笑。

2009/8/16

BBQ in Oak Park.  シカゴ生活

オヘア空港に父とさっちんを見送った帰りにOak parkに住む友人宅で開かれたBBQ Partyに参加してきました。友人宅はFrank Lloyd Wrightの建築群の一角に位置しており、静かで環境が良く気持ちの良いお宅でした。
クリックすると元のサイズで表示します
日本ではトウモロコシはホイル焼きでしょうか?アメリカでは一度皮をむいた後に、バターを塗って、また皮をもとに戻して蒸し焼きにするのが一般的です。中までふんわり蒸しあがって炭の匂いもするのでとても美味しかったです。写真にはありませんが友人のカルビダレが絶品でした。レシピを教えていただいたので載せておきます。
--------------------------------------------------------------------
1ポンド(450g)のカルビ用のお肉(アメリカではリブアイ)
醤油 大さじ3
砂糖 大さじ2
ハチミツ(パンケーキ用のシロップ) 大さじ1
酒 大さじ2
ごま油 大さじ1
小さく刻んだニンニク 大さじ1
刻んだ小ネギ 大さじ2
タマネギ(三日月型に切る)半個
黒こしょう 小さじ1

※室温に1時間置いておく。または冷蔵庫で一晩おきます。
--------------------------------------------------------------------
クリックすると元のサイズで表示します
「今日のAkihito:空港からずーっと寝っぱなしで、いきない見慣れない景色に戸惑う。」父とさっちんのお陰でようやく人見知りが治って来たように思います。子供がいるとレストランに行くのが難しくなりますが、家飲みは本当に楽チンでホッとします。3ヵ月ぶりくらいにいつもの仲間とゆっくり話して涙が出るほど笑いました。また明日から頑張ろう!

2009/8/15

Milk Master Hiroshi  家族

ご無沙汰しております。旦那さん、Akihito、Yokoも元気にしています。先週は父と妹のさっちんがAkihitoに会いにシカゴを訪問していました。時間を見つけて家族旅行の記事もアップしていきたいと思います。

父は「オジイチャン」と呼ばれることにまだ抵抗があるようなので今のところ「Hiroshi爺」と呼ぶことを検討中です。父が滞在中は毎日Akihitoに粉ミルクをあげてくれました。最初はAkihitoはいつも通りミルクボトルを見るだけで大泣きしたのですが、なんと後半はボトルを見せると喜んで自ら抱えるほどになりました。私とさっちんが子供のころ父は毎日私たちにミルクをあげていたそうです。とにかくプロ並みに上手いのです。父が帰った今でも、Akihitoは粉ミルクをゴクゴクと飲むようになりました。自分の母乳が足りていないのではと不安に思いながら、お腹を空かせて泣くAkihitoに2-4時間おきに授乳していたこの2ヵ月間は本当に辛かったです。感謝しても感謝しきれません。ありがとうお父さん。

クリックすると元のサイズで表示します
足がウマイ。
クリックすると元のサイズで表示します
「Milk Master Hiroshi」

2009/8/14

シカゴに秋が近づいています。  シカゴの美術館博物館

マスターとさっちんは今週末で帰国します。今日は Art Institute of Chicagoに行ってきました。秋晴れ(?もう?)のとても気持ちの良いお天気です。
クリックすると元のサイズで表示します
The Nichols Bridgewayより
クリックすると元のサイズで表示します
現在の特別展示「Beyond Golden Clouds」は日本の屏風です。素晴らしいのは、本来日本で屏風が置かれている床に近い位置に展示されていること、人と屏風の間にガラスが無いこと、日本語の説明がついていることです。
クリックすると元のサイズで表示します
Pizano's Pizza & Pasta‎
Art Instituteのすぐそばのポリポリした生地が美味しいピザのお店。シカゴピザのお店の中では一番好きです。

2009/8/13

アメリカ子連れの旅4日目 Phillips Collection  旅行

再びDCに戻って今日は、The Phillips Collectionへ行って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
2年前は個人邸宅特有の静かな飾らない展示が好きだったのですが、今回は現代Artの割合が増えて、絵の説明書きも加えられてちょっと商業化した感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
Henri Matisse, Interior with Egyptian Curtain.
クリックすると元のサイズで表示します
Joan Miro, Red sun.
クリックすると元のサイズで表示します
Paul Klee, The way to the Citadel.
クリックすると元のサイズで表示します
Rothko Room:暖かく癒される空気
クリックすると元のサイズで表示します
今日のAkihito:Auguste Renoir「Luncheon of the Boating Party」の前で。
夕方の飛行機でシカゴに戻りました。

2009/8/12

アメリカ子連れの旅3日目 Philadelphia  旅行

今日はレンタカーをしてDCから北東へ3時間ほど走った所にあるPhiladelphiaに行って来ました。Philadelphiaには旦那さん待望のThe Barnes Foundationがあるのです!Webを見ていただくとわかるのですが驚くべきは印象派のコレクションの収蔵数です。Pierre-Auguste Renoir (181), Paul Cézanne (69), and Henri Matisse (59). The collection also includes important works by Pablo Picasso (46), Chaim Soutine (21), Henri Rousseau (18), Amedeo Modigliani (16), Edgar Degas (11), Vincent van Gogh (7), Georges Seurat (6), Edouard Manet (4), and Claude Monet (4).

ルノアールが181点ってどういうこと?と半信半疑だったのですが、いざ入館してみるとそれほど大きくないBarnesさんの個人邸宅の中に所狭しと絵が飾ってありただもう圧巻されてしまったのでした。館内は写真撮影禁止なので絵の写真はありません。The Barnes Foundationは完全予約制です。電話またはWebから予約を入れることが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
Henri Matisse, The red madras headdress.
クリックすると元のサイズで表示します
Henri Matisse, Still life with a Plaster Bust.

クリックすると元のサイズで表示します
Amedeo Modigliani, Portrait of Jeanne, Left arm behind head.
クリックすると元のサイズで表示します
Renoir, Mother and child.

前日からの旅の疲れもあり私の疲れがピークに達してしまってすべての絵を思う存分見ることが出来ませんでした。昔の私だったら悔しくて泣いてしまったかも。でも母になったら諦めることが出来る自分に驚きました。
子供を持つ友人の言葉:「諦めることもなんだか不思議に心地よいのよね。」
クリックすると元のサイズで表示します


午後はPhiladelphia Museum of Artへ行って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
今回の旅は日帰りでしたが「一泊すればよかった。」と後悔しています。予想以上の所蔵品の数々で時間が足りませんでした。またいつか来られるかなあ。
クリックすると元のサイズで表示します
正面玄関より
クリックすると元のサイズで表示します
この美術館の特徴はフランス修道院の回廊の一部や噴水、ヒンズー教の寺院、日本の茶室などがそっくりそのまま美術館内に移籍されていることです。かなり大きなスペースなのでまるで実際にその場所にいるような錯覚を覚えました。
クリックすると元のサイズで表示します
日本ブース。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
Mary Cassatt, Family group reading.
クリックすると元のサイズで表示します
バンゴ van Gogh, Sunflower
クリックすると元のサイズで表示します
Salvador Dalí, Soft Construction with Boiled Beans.

2009/8/11

アメリカ子連れの旅2日目 Washington D.C.  旅行

今日はNGA:National Gallery of Artへ行って来ました。ちょうど2年前の秋にDCに来た時にはまさか父と妹とAkihitoを連れてNGAに再び来られるとは夢にも思っていませんでした。Akihitoが泣いてしまって、見ようと思っていた絵の半分も見られなかったのですが、クタクタに疲れていても不思議に心地よくて美術館のフッカフカのソファーに座って彼を抱っこしてボーっと何時間も過ごしていました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
美術館に着くなり撃沈。
クリックすると元のサイズで表示します
Leonardo da Vinci「Ginevra de' Benci」のパンフレットを食べる息子。

クリックすると元のサイズで表示します
以前はあまり気にならなかった子供の絵が目に入ります。これを描いている画家の気持ちや、その目線などいろいろなことを想像して顔が綻びます。
クリックすると元のサイズで表示します
以前のフェルメールの絵の場所にオランダの画家Judith Leyster展をやっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
「今日のAkihito:空のペットポトルで遊ぶのが大好き!」

午後から父は念願のNational Air and Space Museumへ、日本美術史専攻のさっちんはFreer Gallery of Artを訪問して二日目を終えました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
子供がにぎわうNational Air and Space Museumとアポロ展。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ