2010/3/7

Akihitoとゆかいな爬虫類たち。  シカゴの美術館博物館

Lincoln Park Zooの北に位置するPeggy Notebaert Nature Museumに行って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
Museum正面
クリックすると元のサイズで表示します
この博物館の目玉は「Judy Istock Butterfly Haven」です。75種類以上の蝶が熱帯雨林のような環境の温室の中で放し飼いにされていて、そこに人間が直接入って観察することが出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
Akihitoは蝶や鳥(鳥も放し飼いにされています)に興味深々で怖がりません。



クリックすると元のサイズで表示します
親子で楽しめるプレイグラウンドもあり、一日中楽しめます。
クリックすると元のサイズで表示します



午後からは「Cold Blooded Weekend」がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
子供たちがカメ、ヘビ、イグアナなどに直接触ることが出来ます。今日のイベントはChicago Herpetological Societyの主催によるものです。
クリックすると元のサイズで表示します
イグアナに興味深々。
クリックすると元のサイズで表示します
カワイイネ。
クリックすると元のサイズで表示します
同じくらい年齢の子供が気になります。母は他の子供の毛髪が気になります。
クリックすると元のサイズで表示します
このヘビさんの名前はレモン。10LB(4.5kg)のウサギを一ヶ月に2回食べるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
Akihito食べられちゃうよ。

レモンちゃんはAkihitoに攻撃されてもとても大人しかったです。母は動物が大好きなのでむしろAkihitoよりも楽しんでしまいました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ