2016/11/4

イタリア滞在許可証申請  イタリア滞在許可証

お兄ちゃん,今朝はすっかり回復しました。

今日は,滞在許可証の申請のために家族で移民局警察に行ってきました。ナポリ中央駅Garibaldiから徒歩20分くらい。治安が悪いと聞いていたので行きはタクシーを使いましたが,シカゴに慣れている私達から見ると全然危なくない感じだったので,帰りは歩いて帰ってきました。

UFFICIO IMMIGRAZIONE - QUESTURA DI NAPOLI - POLIZIA DI STATO
131, Via Galileo Ferraris - 80142 Napoli (NA)


12時のアポイントメントだったので,余裕を持って11時半に行ったら,なんと183番目の半券を渡されました。その時点での呼出番号は110番くらいでした。アポイントタイムは何の意味もありません。オフィスは8時位には空いているので,その時間に並んで早い時間の半券をゲットするのが良いです。私たちはエレオノーラに来てもらっていたので,少し早めに申請することが出来ました。

必要書類は以下の6つでした。(居住地の移民警察によって要求される書類が違うので注意です)

パスポート原本
パスポートの全ページコピー
旦那さんの雇用証明コピー
納税者番号(フィジカルコード)コピー
アパート契約書コピー
パスポートサイズの写真4枚
市区町村役場(Comune)が発行する住民登録証明書(Certificato di Residenza)コピー

私たちは,最後の赤字の住民登録証明書を持っていなかったので,今日から10日以内にもう一度オフィスに行かなければいけないのですが,普通だったら書類不備で申請できないかもしれないところを,エレオノーラのお陰で申請することが出来ました。

申請の最後に,ネットで滞在許可証の申請状況を調べられるパスワードを家族全員分もらいます。その後,別室で家族全員の手のひらと5本指の指紋を採取しました。2ヶ月以内に携帯電話にテキストメッセージで滞在許可証を取りに来る日を連絡してもらえるそうです。かかった時間は2時間くらいです。普通に待っていたら3−4時間くらいはかかったと思います。

オフィスから歩いている途中で大きなオモチャ屋さんを見つけたので,誕生日が近いAoiにプレゼントを買ったり,2人の大好物のマクドナルド(ナポリではほとんど見かけません。)をGaribaldiで見つけたので,行ってきました。
久しぶりにゲーム以外のオモチャで遊ぶ2人を見たらなんだかホッとしました。オモチャほとんど持ってこなかったからね。早く買ってあげれば良かったね。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ダブルチーズバーガー,ビックマック,ナゲットを食べましたが日本よりもずーっと美味しいです。パンとチーズとケチャップが全然違います!
クリックすると元のサイズで表示します
昔は「レゴ作って〜」と言っていましたが,自分で作るようになりました。大きくなったね。

2016/11/4

お兄ちゃんお腹の風邪か?  イタリア生活

学校から「お兄ちゃんが吐いたから迎えに来て下さい」と電話がかかってきました。学校にはドクターがいるので,言われたとおりに薬を買ってとりあえず,飲ませました。病院に行く必要はないとのこと。

顔色真っ青で一歩も歩けないので,家までお兄ちゃんをオンブして帰りました。15分。お兄ちゃんの荷物はAoiが持ってくれました!

家に帰り,お粥と洋梨を食べて,話を聞いてみると
「気持ち悪いけど吐いてない。頭が痛い。」
って吐いてないんかーい。お薬飲んじゃったぞ〜。
お熱37.5度。明日は,滞在許可証申請のための指紋採取があります。熱が下がりますように。

調べてみると,biochetasiは吐き気に効いて,Enterogeriminaは整腸剤のようです。
クリックすると元のサイズで表示します
お兄ちゃんばかりかまうので,ふてくされているAoiくん。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ