2017/5/14

Pozzuoli  イタリア生活

Vomeroから地下鉄LINE2で30分でPozzuoliに着きます。旦那さんは,この港に同僚のバイクの後ろに乗ってタコを買いによく来ているそうです。漁師さんの前で実験したこともあるんだって。今まで素通りしてきた遺跡群(Tempio di Serapide)を見られて嬉しそうでした。1−2世紀の港に続く市場跡と言われています。
クリックすると元のサイズで表示します
Pozzuoliにはナポリと違ったのんびりとした時間が流れています。
クリックすると元のサイズで表示します


行こうと思っていたシーフードレストランは予約がいっぱいでした。
クリックすると元のサイズで表示します
偶然入ったシーフードレストラン。お兄ちゃん待っている間に爆睡。このお店の名物はパッケリという大きな大きなマカロニとシーフードのパスタですが,うちの子はスパゲッティーしか食べないので変更してもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
お店のポスター。イタリア語の魚の名前が載っています。
ナポリに来て食べたのは,Vongola(あさり), tellina(あさりより小さな貝), Cozza(ムール貝), Pesce spada(カジキ), Tonno rosso(マグロ), Alice(イワシ), Sgombro(サバ), Scampo(手長エビ), Gambero「エビ小さめ)くらいかな。これからはもう少し別の魚も食べてみよう。
クリックすると元のサイズで表示します
海岸でお魚探しています。のんびり過ごしました。
クリックすると元のサイズで表示します


2017/5/14

Anfiteatro di Flavia  イタリア生活

地下鉄Line2のPozzuoliの駅の裏側にあるFlaviaの円形闘技場です。69〜79年にネロ帝時代に建築が始まったそうです。地上部分はけっこうボロボロなのですが,闘技場地下部分には闘技場の形の楕円形に二重の通路があり保存状態が素晴らしいです。最近,子供達は先日行ったAvellaのAnfiteatro(円形闘技場)で見たグラディエーターのショーにすっかりハマって,戦いごっこばかりしています。この時もお兄ちゃんがAOIを思いっきりパンチして,AOIが大泣きしました。困ったもんだ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
地上にはトカゲがいっぱい〜。
クリックすると元のサイズで表示します

2017/5/14

solfatara  イタリア生活

PozzuoliのLine2から山側に15分ほど歩いた場所にソルファターラという箱根の大涌谷のような場所があります。母の日「ママ何をしたい?」と聞かれて「ソルファターラかベスビオ山の火口に行きたい!」と答えました。ベスビオ山に,雲が掛かっていたので今日はソルファターラに決定しました。

カルデラのような構造の火口跡で,歩いて周ると1時間はかかります。
クリックすると元のサイズで表示します
硫黄の強い匂いが立ち込めていて植物が生えていない真っ白な大地に,古代のサウナ跡や,中世に温泉を組み上げた井戸なども残っています。硫黄の匂いって本当に癒やされます。地熱のせいで,足元やお腹がホコホコと暖かくて気持ちが良いです。ああ温泉に入りたいっつ!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
カフェやキャンプ場もあります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ