2017/11/17

病院から電話が来る。  シカゴ生活

10月13日に受けた、AOIのThe Asthma breathing test (喘息の状態をチェック)の結果について連絡が来ました(1か月後!)イタリアでもアメリカでもほとんど発作が出ていないので安心していたのですが、彼の喘息の症状はマイルドではあるが、呼吸を明らかに妨害していて、ノーマルな呼吸量よりも少ないので毎日の投薬が必要である。今、お薬で治療しないと、パーマネントな喘息になってしまうよ。とのことでした。午後に学校で眠くなってしまうのも、喘息で体力が奪われているのかもしれません。

毎晩のthe Singulair(シングレア)
朝晩の the Flovent
呼吸が浅くなった時のthe albuterol

上記の3つが処方されました。

旦那さんも喘息ですが、イタリアでもアメリカでも咳が出ていないのです。咳が出ていないだけで、潜在的に症状があるのは怖いなと思います。旦那さんも病院に行って欲しい。(彼は病院が大嫌い)

クリックすると元のサイズで表示します
(記事とは関係ないけれど)シカゴに来て、旦那さんにちょっと奮発してオシャレTシャツを買ってあげました。最近着ないな〜。と思ってクローゼットを探してみたら穴が空いてる!?「どうして?」と聞いたら「チクチクするからタグを引っ張ったらね〜。穴が空いたよ〜。」だって。アメリカのシャツのタグは確かにチクチクするものが多いかも。もったいないから縫って私のパジャマにしよう。

2017/11/17

人の振り見て我が振り直せ  シカゴ生活

昨日は、日本人が多く住むシャンバーグ(Hydeparkから1時間15分くらい)に車の免許を取りに行ってきました。



筆記試験を終えて臨んだ実技試験、




4つ角にSTOPサインのある信号のない交差点で、私が先に侵入して、左折の合図が出ていたのでそのまま左折しようとしたのですが、正面から来た車が頭を交差点に突っ込んできたので、念のため停止しました。




そしたら試験官のおばちゃんが



「交差点で車を停止させるなんて、違法だ!ジーザス!」



と言って、実技試験は中止になりました。




試験官は、交差点の中で止まったことが信じられないと叫びながら試験場に戻る支持を出しました。交差点に先に侵入した車に優先権がある(日本では直進や、右側にいる車に優先権があるのは解りますが、後から入ってきた車が危険な割り込みをしたら、交差点で車を止めるのは違法でしょうか?(もちろん口答えはしていません)



試験官のおばちゃん、試験が中止になっても、ずっとずっと怒っていた。私の前に彼女から実技試験を受けていた、インド人も落とされていた。私の後に試験を受けた、旦那さんもずっと怒られながら試験を受けたようです(受かってよかった)。




怒っても叫んでも意味ないよね。相手を傷つけるだけだよね。




子育ても同じだな(爆)




反省と感謝!



クリックすると元のサイズで表示します
今朝はフランスパンを焼きました。2次発酵中にランドリールームに行って洗濯をしていたら発酵をコロッと忘れてしまい、発酵が進み過ぎて、微妙なモチモチ感になってしまった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ