2018/6/9

補習校の待ち時間  シカゴ生活

旦那さんが、昨晩10時半に予約していた実験機器を使用するために、車で一時間もかかる研究所に向かいました。私はなかなか眠ることが出来ずに、補習校の準備をして待っていました。彼が家についたのが今朝の8時5分(飛ばせば補習校に間に合う時間)。一台前の車がやっと見えるほどの土砂降りの中、車を走らせました。徹夜明けの旦那さんは、あまりにも雨がひどいので助手席で(寝てたが)ついてきてくれました。

子供達を補習校に送り出して一週間分の買い物を済ませて図書館へ。いつの間にか車で寝てしまって起きたら美しいお天気。

終わりよければすべて良しです。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ