2019/3/31

お花見して来ました。  シカゴの美術館博物館


2019/3/28

今日はZ君のお誕生日だったんだって。  シカゴ生活

気温16℃、心までウキウキします。Aoiさんとママは何かに反応しているらしく鼻水とくしゃみが止まりません。
クリックすると元のサイズで表示します
公園貸し切り。天気予報ではもうすぐ雨が降るようです。
クリックすると元のサイズで表示します
サッカーとドッヂボールをしています。最近、兄さんのスペリングワードにDodgeがありました。「かわす」という意味です。勉強になりました:)
クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/27


Irish American Heritage Centerにミュージカルを見に行って来ました。タイトルは「The BFG」になっていたけれど、遠足のお知らせは読み飛ばしており(汗)BFGが何かも解っていませんでした。BFGはBig Friendly Giantのことで2016年に映画にもなっているそうです。小学校2年生には難し過ぎる内容で、寝てる子が大勢いました。

朝のミーティング中。
今日も遠足に行けない子が沢山いました。行けない子は、先生の言うことを聞かない子供だけではなく、遠足のお金を払えない子も含まれているとのこと。ショックだったな。
クリックすると元のサイズで表示します
バスの席が隣になったTちゃんが「Ms. Yokoが好きよ。あなたは差別しないから。白人女性は差別するの。でも私、白人になりたい。」と言いました。8歳の子供が言う言葉です。
クリックすると元のサイズで表示します
お弁当の写真を撮るのを忘れてしまいました。ゆかりお握りに恐竜の海苔を付けて、ナゲット、ゆで卵、ハムのキュウリ巻き、ブロッコリー、トマトを入れました。昨日ターゲットで買った遠足のオヤツを家に忘れて茫然としたAoiさんでした。

2019/3/26

まだダウンを着るほど寒いけれど  シカゴ生活

学校の帰りに2時間公園で遊んで、Targetで明日の遠足のオヤツを買って、Produce(八百屋)で野菜買って帰ったら、なんだかすごくいい気持ちだった!春最高!
宿題山盛りだったけれど、兄さんがパッと終わらせてAoiの宿題を手伝ってくれました。ママは兄さんの成長がまぶしい!
クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/25

どうしよう。。。  シカゴ生活

子供達が小学校に行ったので、カルキ抜きをした水を入れ替えました。水槽どうしよう。餌どうしよう。ペットショップどこにあるの〜?
クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/24

日曜日、雨だとすり減る  シカゴ生活

今日は、一日中雨の予報です。
午後になって家にいるのに飽きた子供達はギャーギャーと喧嘩や戦いごっこを始めたので、雨の中散歩に出かけてきました。Whole foodsのお花に癒されました。結局、1時間のお散歩では体力が消耗できずに、パパとジムに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
黄色いチューリップが好きです。
クリックすると元のサイズで表示します
外ではスイセンの芽が生えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
どれにしようかな。
クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/23

フェルミ国立加速器研究所  シカゴの美術館博物館



春ですね!



旦那さんが、以前から行きたいと言っていた「フェルミ国立加速器研究所」に行って来ました。
http://www.fnal.gov/
シカゴ大学にもエンリコ・フェルミ研究所があります。
The Enrico Fermi Institute
https://efi.uchicago.edu/

エンリコ・フェルミ(Enrico Fermi、1901年9月29日 – 1954年11月28日)は、イタリア、ローマ出身の物理学者。統計力学、核物理学および量子力学の分野で顕著な業績を残しており、中性子による元素の人工転換の実験をして、多くの放射性同位元素を作り1938年のノーベル物理学賞を受賞している。フェルミに由来する用語は数多く、フェルミ推定のような方法論やフェルミのパラドックスといった問題、フェルミ粒子のような粒子の分類やフェルミウムといった元素名にその名を残している。他にも物理学の用語にフェルミに因むものが多く存在する。実験家と理論家との2つの顔を持ち、双方において世界最高レベルの業績を残した、史上稀に見る物理学者であった[3]。

マンハッタン計画
妻のラウラ・カポーネはユダヤ人であった。そのため、ベニート・ムッソリーニのファシスト政権下では迫害を受ける。1938年のノーベル賞授賞式出席のためイタリアを出国。ストックホルムで賞を受け取ったが、そのままアメリカに移住した。1939年、コロンビア大学の物理学教授となった。アメリカへの移住直後にフェルミは、オットー・ハーンがドイツで核分裂実験を成功させたと知る。

アメリカでは核分裂反応の研究に従事し、1942年、シカゴ大学で世界最初の原子炉「シカゴ・パイル1号」を完成させ、原子核分裂の連鎖反応の制御に史上初めて成功した。この原子炉は原子爆弾の材料となるプルトニウムを生産するために用いられた。アメリカ合衆国の原子爆弾開発プロジェクトであるマンハッタン計画でも中心的な役割を演じ、1944年にロスアラモス国立研究所のアドバイザーとなった。

しかし、その後の水素爆弾の開発には倫理的な観点から反対をしている。第二次世界大戦後はシカゴ大学で宇宙線の研究を行った。1954年、癌により死去。死の床においても、点滴のしずくが落ちる間隔を測定し、流速を算出していたという。彼がイタリアで率いた同年代の研究仲間たち(ラガッツィ・ディ・ヴィア・パニスペルナ)は、後にアメリカやソビエトへ渡り、米ソの素粒子物理学の基礎を築いた。

エンリコ・フェルミにちなみ、原子番号100の元素はフェルミウム (Fermium)と命名されている。また、10のマイナス15乗メートルは1フェルミとされた。小惑星の一つもフェルミと名付けられた。
wikiより
クリックすると元のサイズで表示します
1階と15階に展示があります。
クリックすると元のサイズで表示します
高所恐怖症のAoiさん
クリックすると元のサイズで表示します
難しー。
クリックすると元のサイズで表示します
旦那さんだけがワクワクしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
研究所の敷地内には、子供が学べるLederman Science CenterやBison牧場もあります。
https://ed.fnal.gov/lsc/ed_lsc_facts.shtml
湿地や池も多くて、魚釣りをしたり(巨大な鯉がいます。)、兄さんは念願のタガメらしきもの?を捕まえました!子供達は、お決まりの池ポチャ(汗)オタマジャクシ、小さな魚、ヤゴ、ゲンゴロウ、ザリガニ、などを沢山捕まえて、今、家で飼っています。誰がお世話するんだよー!!!
クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/22

パパの大好物arugula  シカゴ生活

産休明け、3か月でサイエンスの先生が帰ってきました。ぐっだぐだだった子供達、背筋がピーンと伸びて嬉しそうに授業を受けています。今日は、アイスクリームコーンと、Jiffy pot(土にかえる植木鉢)にarugula(ルッコラ)の種を植えました。まず、子供達はどちらの植木鉢がより大きなルッコラが出来るか予想して、その理由も考えます。Aoiさんの右の男の子はアイスクリームコーンと答えました。理由は、Jiffy potに比べて大きいから、土がいっぱい入って栄養が豊富だからだそうです。素晴らしい!
クリックすると元のサイズで表示します
風邪っぽいのでまたWhole foodsにバナナを買いに来ました。写真は日本茶コーナーです。ホワイトデーに作った抹茶クッキーは、アメリカ人に大好評でした。$15.99が抹茶で$11.99は緑茶の葉と抹茶が混ざったものです。
クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/21

魔法の粉で。  シカゴ生活

今日は、お世話になった先生方にロールケーキを届けました。
本日はTutoringが二つ。げんなりの兄さん。

今日ママは、スクールカウンセラーとバトルした。相手を責める言葉なら、自分でもびっくりするほどあとからあとから思いつく。でもそれは使えない。言葉を選んで穏便に済まそうとすると、思っていることの半分も伝わらない。校長先生、スクールカウンセラー変えてくれ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/21

College week  シカゴ生活

現地校に、近隣の大学生、スポーツインストラクター、ネイリスト、消防士さんが来て、仕事の説明をしてくれたそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
消防車に全く興味のない二人。

今日はジュリー先生が来る日です。楽しみでしょうがない兄さん。羨ましくてふてくされるAoiさん「僕だって英語頑張ってるのに何でアッキーだけなの?」と涙目です。まだあおちゃんには分かんないね。ごめんね。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ