2019/12/2

お料理:Thanksgiving 2019  旅行

ターキーを焼く前の状態から見たのは2009年の11月です。MartaのThanksgiving cooking以来なんと10年ぶり。
https://wind.ap.teacup.com/applet/yokochicago/20091117/archive

私は、お手伝いせずに上げ膳据え膳で3日間過ごしました。有難たや。皮の下にはレモンとバターを、中にはターキーの首のお肉と、砂肝、心臓を細かく刻んだものと、クルトンみたいなのを混ぜてスタッフィングしたそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
Aoiさんは、小学校でサンクスギビングにターキーを食べることを小学校で習っていたのでとても楽しみにしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
ニンニク入りのマッシュポテトはご主人の手作りです。
クリックすると元のサイズで表示します
ターキー、クランベリーソース、グレービーソース、グリーンビーンズの煮物、カリフラワーとブリュッセルスプラウトをハーブで焼いたもの、スタッフィング、マッシュポテト、ソーダブレッド、全部美味しかったです!
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ