2021/4/5

命の洗濯1  OSAKA生活

兄さんが幼稚園の頃にお世話になった先生に会う機会がありました 「横浜の在住の先生と大阪で6年ぶりに会う」奇跡が重ならなければ叶わなかったと思います
嬉しくてしょうがない子供達 とにかく話し続けて、もっている芸と技をすべて先生に見て頂こうと必死でした(笑)
これまでの6年間の話を聞いていただいて、美味しいケーキを頂いて、帰国出来て本当に良かったなあと実感しました シカゴでも同じように感じましたが、人と人とのつながりから生き甲斐や生きる喜びが生まれるのだと感じます

話に夢中で写真無し(ご近所の桜)
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ