2006/8/16

Cirque du Soleil  シカゴ生活

友人と「Cirque du Soleil」を見に行って来ました。日本語読みでは、シルク・ドゥ・ソレイユでサルティンバンコやアレグリアなどの演目が有名です。ボスの奥さんも子供さんを連れて行きたいというほどアメリカ人はシルク・ドゥ・ソレイユが好きなようです。

シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil、仏語「太陽のサーカス」の意)は火喰い芸の大道芸人だったギー・ラリベルテ(Guy Laliberte)が1984年に設立したエンターテイメント集団である。今日シルク・ドゥ・ソレイユでは複数の常駐公演、巡回公演を平行して行っており、独特のスタイルに基づいたそれらのショーは、その芸術性の高さから多くの名声を集め、世界中で幅広い人気を博している。カナダのケベック州南西部の大都市モントリオールが本拠地である。

クリックすると元のサイズで表示します
8時開演なのにまだこんなに明るい。
クリックすると元のサイズで表示します
テントの中です。円形の舞台を囲んで客席があります。旦那さんも今回は最後まで起きていました。命綱なしのパフォーマンスは繊細で美しかったです。今回の演目は「Corteo」でストーリーの中に鉄棒、綱渡り、空中ジャンプなどを組み込んでいます。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ