2017/3/28

藤が満開です。  イタリア生活

昨日のお兄ちゃんの校外学習に同伴したいと学校側に言っていたのですが親はダメの一点張りでした。昨日のバスの見送りの時に「お兄ちゃんの校外学習に親が付いていけなかったことが残念だ」と同じクラスのミリアム(折り紙の記事のお母さん)に話したら「そうだよね。お兄ちゃんにとって貴女が唯一の言葉を理解する上のツールなんだから校外学習には絶対に着いていかなきゃダメだよね。学校側は例外も受け入れなければ。私も校外学習に着いて行きたかった。ローマでは親が希望すれば付いていける学校が沢山ある。ハンデのある子どもに加配をつけることも出来る。でもね,ナポリでは無理なの。ナポリの公立学校に行ったらもっと大変だからね。」と教えてくれました。ミリアムは昨年までローマの公立小学校の先生でした。今,通っている私立小学校は公立の学校の先生をしている親が多いです。
クリックすると元のサイズで表示します
イタリア語教室で時間がないからと断ったローザの誕生日会に強引に誘われて断れなくて参加しました。クラスのお母さん達がお花をプレゼントしています。皆でBarに行って学校の行事,子供の宿題のこと,洋服のこと,話は永遠に続きます。1時間立ち話しとか余裕です。最初は何言っているのか全然解らなくて苦痛だったけれど,最近はちょっと楽しい。(相変わらず何言っているのか解かんないけど)
クリックすると元のサイズで表示します
良いことも悪いことも,まるっと受け入れたい。私はナポリが好きです。心配して連絡してくださった皆さんありがとうございます。もう少し踏ん張ってみます!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ