2007/4/21

車壊れる。  シカゴ生活

1,エンジンとマフラーをつなぐパイプが錆びて割れてしまった→パイプの交換。
2,マフラーが古くなってマフラーの役目を果たしてない→マフラーの交換。
3,Knock Sensorの交換。
シカゴではVehicle Emissions Testing(排ガステスト)というのがあります。これにパス出来ないとその車には乗れないのです。このテストがFailedだったので、今日はKnock Sensor(エンジンが正常に爆発しているのを感知するセンサー)を交換したのですが、Labor込みで$950(家計圧迫凹)。おまけに修理の翌日にまた、警告ランプ(エンジンが正常に爆発していないことを示す)が付いてるし凹。ネットで調べてみると、1997製のAltimaにはEmissions Testにパス出来ない欠陥が多く発生しているようです。リコール対象にはなっていないみたい。どうしたもんか。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は車の修理の帰りに行った「たっかつ」45 Green Bay Rd., Winnetka,
完璧なる日本のトンカツです♪
クリックすると元のサイズで表示します
これは帰りに寄ったChinatownのミルクタルトで有名なベーカリーのケーキ。
見かけとは裏腹に危険なお味でした。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ