2008/1/26


去年の夏に帰国した友人が、NYでの仕事の前にシカゴを訪問しました。彼女のおかげで、私は本当に沢山のシカゴのイベントに参加することが出来ました。彼女が帰ってからパッタリと出かける機会が減ってしまったのです。(;-;)半年振りに会って、お互いの近況報告などをして楽しい時間を過ごすことが出来ました。会えて嬉しかったです。
今日は、Unity Temple Concert Seriesに出かけてきました。 Frank Lloyd Wright建築のUnity Templeで一ヶ月に一回様々なジャンルのコンサートが開かれています。今日の奏者はthe Chicago Klezmer Ensembleでした。
クレズマーは、東欧系ユダヤ、アシュケナジムの民謡をルーツに持つ音楽ジャンルのひとつ。有名な曲に「ドナドナ」や映画『シンドラーのリスト』(スティーヴン・スピルバーグ監督)の音楽などがある。起源はバルカン半島北部を含む東欧とドイツである。スピーディーで激しいダンス音楽から、ゆったりしたテンポのバラードまでさまざまなスタイルがある。おおむねクラリネットとヴァイオリンが加わっているのが特徴となっている。
ルーツとなった東欧やバルカン半島北部では16世紀ごろに生まれ、19世紀ごろよりアップ・ビート(テンポの速い)音楽スタイルとして確立。ヨーロッパでは現在に到るまで、ロマの音楽(いわゆるジプシーの音楽)として存在し、はっきりと区分けすることは不可能なうえ、同様な演奏スタイルのグループやバンドはフランスやスペインにも、さらにはイスラエルにも存在する。米国では、19世紀後半からの東欧系ユダヤ人の移民と、第二次世界大戦前後に東欧やドイツを逃れたユダヤ人らが、婚礼などの儀式を通して継承、1920年代にはユダヤ系米国人の間でポピュラーな音楽となった。by wiki.

クリックすると元のサイズで表示します
Unity Temple外観。Oak Parkはいつ来ても、静かで町並みが素敵な町です。
クリックすると元のサイズで表示します
演奏の合間に、曲のルーツや説明があり、7時半から始まり終わったのは11時近くでした。クラリネットとハープ奏者が御夫婦だったのですが、2人のやり取りがほのぼのしていて素敵でした。近くでハープを聞いたのは久しぶりでしたが、ハープって優しい音色だけではなくて、力強い音が出るのに驚きました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
日本の行灯みたい。
クリックすると元のサイズで表示します
天井からステンドグラスを通しで淡い光が差し込んで美しい。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ