2008/2/2

Can you believe it?  シカゴの美術館博物館

Shedd Aquariumに行って来ました。海洋生物の研究者の旦那さんはシカゴに来て2年半も経つのに初めて来たそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
でかガメさん、なぜ口をあけているの?
クリックすると元のサイズで表示します
「Oceanatrium」
イルカショーが見られます。倫理的な問題なのか日本のようなダイナミックな技をイルカにはさせません。「イルカの本来の行動を見せている。彼らは楽しんでやっている。」というのを、非常に強調していました。このプールの側に、見てみたかったコモドドラゴンがいるのですが(私はいつかコモドアイランドに行ってみたいのです。)剥製のようでした。夜行性なのかしら。
クリックすると元のサイズで表示します
Beluga Whales
クリックすると元のサイズで表示します
2007年8月にBeluga Whalesの赤ちゃんが生まれました。
The big news is that Mauyak’s calf has a short and sweet name — Miki (MEE-kee). It means “little” in the Inuit language.イヌイット語で小さいという名前なんですね。赤ちゃんの時はグレーなんですが、大人になると真っ白になるようです。
クリックすると元のサイズで表示します
目が合った。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
癒されました。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ