2008/2/24

つぐにはまる。  シカゴの美術館博物館

つぐってさー。で話が通じてしまうほど、今、私達夫婦の間では「藤田嗣治」が熱い。最近、シカゴ大学図書館で借りた『藤田嗣治「異邦人」の生涯』(講談社2002) に二人ともすっかりのめりこんでしまったからです。
(話は変わりますが、シカゴ大学図書館には日本語の本が山ほどあります。文学、美術、歴史、哲学、漫画などすべてのジャンルにおいてかなりの量が揃っています。地方の公営図書館くらいはある。)
彼の絵を知っている人は多いと思いますが、彼の数奇な人生を知っている人は少ないのではないでしょうか。今まで何気なく見ていた、彼の描く乳白色の肌の女性や猫の絵がぐっと身近になりました。

昨日の今日で予想がつくと思いますが、私は頭がガンガンするほどの二日酔いでした。でも以前から旦那さんと「つぐ」を見に行く約束をしておったので、ひこずられるようにしてArt Institute of Chicagoに行ってきました(;-;)
クリックすると元のサイズで表示します
Tsugouharu Foujita Japanese, 1886–1968
Portrait of Emily Crane Chadbourne, 1922
クリックすると元のサイズで表示します
2月はフリーなので混んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します
ヘンリー親子が目立ちます。
クリックすると元のサイズで表示します
春の光が感じられるみたい。
クリックすると元のサイズで表示します
メアリーカサットが日本の浮世絵に影響されて描いた絵。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ