2016/11/11

旦那さんナポリ人になる  イタリア滞在許可証

今日は,足りなかった書類の提出のため移民警察に行ってきました。エレオノーラも来てくれると言うので安心していました。私は1時に子供達のお迎えがあるので,長期戦になった場合は途中で帰らなければならないので行くのはやめました。エレオノーラへのメールに「Only ◯◯◯(旦那さんの名前)is going.(私は行かないという意味)」と書いたら,エレオノーラは旦那さんが一人で移民警察に提出に行くと思っていて,待ち合わせに来てくれませんでした〜。エレオノーラはエージェントだから,来てくれるのが基本で,それに私達が付随すると思っていたのですが,どうも違うみたい。結局遅れて待ち合わせの場所には来てくれましたが,8時15分の待ち合わせだったのに,9時半から予定が入っているとのことですぐに帰っちゃって,結局旦那さんが一人で移民警察に行きました。8時に半に移民警察に着いた時点で一日分の整理券の配布は終わっていたそうです。今日は足りない書類を提出するだけだったから,並ばずに横入り(ナポリ人はみんな得意)して,提出してきたそうです。旦那さんに拍手!

クリックすると元のサイズで表示します
イタリア語の教科書
1分くらいで声に出して速読させます。文章の下に質問が並んでいて,V(正しい)かFallo(間違っている)答えさせます。読むことに集中すると,全く中身が解らず,頭の中真っ白です。

2016/11/10

すり減る  イタリア滞在許可証

今日は,先日の移民警察で足りなかったCertificato di Residenza(住民登録証明書)を住んでいる地域のComune(市役所)にエレオノーラと取りに行く予定でしたが,前日に行けなくなったとの連絡。必要書類をイタリア在住の日本人の友人に聞くと,滞在許可証が出ていない場合は,住民登録は出来ないと教えていただきました。そのかわりにAUTOCERTIFICAZIONE di RESIDENZA(自分が今のアパートに住んでいるという証明)を大家さんに書いてもらって,大家さんのIDカードのコピーを持っていけば,Certificato di Residenzaの代わりになるのではないかとアドバイスを受けました。今朝は朝8時にAUTOCERTIFICAZIONE di RESIDENZAをcopisteria(コピー機が置いてあるお店)に行きコピーして大家さんから,AUTOCERTIFICAZIONE di RESIDENZAを書いてもらいました。その後,郵便局に行き,滞在許可証申請料を払込,その後,地域Comune(市役所)に仮の住民登録だけでも出来ないか,直談判に行きました(最近こればっかり)

Comuneの皆さん,誰一人,英語が話せない。。。。


英語とイタリア語のMixで話していると「ここはイタリアだ,何かしたかったらイタリア語を使え」と窓口のオジサンに言われる。。。

ありったけの重要書類とジェスチャーで,「滞在許可証申請のオフィスから,住民登録証明書を10日以内に提出するように言われているんだ。私たちは,日本から仕事で来たんだ。明日,移民警察に行かなきゃ行けないんだよう!!!」と伝えてみる。



1時間半後。。。。。。


住民登録出来ました〜
ヾ(*´∀`*)ノ




住民登録申請中の半券をもらうことが出来ました。住所,全員分の名前,出生地,生年月日が記入されています。滞在許可証が手に入ったら,持ってくるようにとのことでした。今日は滞在許可証申請中の半券だけで申請できたようです。


旦那さんが最後に「Yokoちゃんの粘り勝ちだな。」と褒めて?くれました。だって,滞在許可証が出ないと,健康保険に入れないんだよ。12月中旬で海外旅行保険切れるし。母は強しです!

子供達の小学校にお迎えに行って,みんなでランチしました。
脳がブドウ糖を要求していて,炭水化物が旨いのなんの。
この山盛りランチを食べた後に,家でチャーハンを食べて,特大ドーナツを食べて,やっと落ち着きました。
いろいろあるけど,終わりよければ全て良し。
助けて頂いた方々,ナポリのComuneのオジサン達に感謝です。

明日はまた移民警察に行ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します
学校の前から
クリックすると元のサイズで表示します
Trattoria Vanvitelli Piazza Vanvitelli 9/c, 80129, Napoli,
平日ランチは1人9€,Primo(パスタ,リゾットなど)Secondo(お肉,お魚)デザートが付きます。週末に行くと高いので注意
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Vomero Comune入り口

2016/11/4

イタリア滞在許可証申請  イタリア滞在許可証

お兄ちゃん,今朝はすっかり回復しました。

今日は,滞在許可証の申請のために家族で移民局警察に行ってきました。ナポリ中央駅Garibaldiから徒歩20分くらい。治安が悪いと聞いていたので行きはタクシーを使いましたが,シカゴに慣れている私達から見ると全然危なくない感じだったので,帰りは歩いて帰ってきました。

UFFICIO IMMIGRAZIONE - QUESTURA DI NAPOLI - POLIZIA DI STATO
131, Via Galileo Ferraris - 80142 Napoli (NA)


12時のアポイントメントだったので,余裕を持って11時半に行ったら,なんと183番目の半券を渡されました。その時点での呼出番号は110番くらいでした。アポイントタイムは何の意味もありません。オフィスは8時位には空いているので,その時間に並んで早い時間の半券をゲットするのが良いです。私たちはエレオノーラに来てもらっていたので,少し早めに申請することが出来ました。

必要書類は以下の6つでした。(居住地の移民警察によって要求される書類が違うので注意です)

パスポート原本
パスポートの全ページコピー
旦那さんの雇用証明コピー
納税者番号(フィジカルコード)コピー
アパート契約書コピー
パスポートサイズの写真4枚
市区町村役場(Comune)が発行する住民登録証明書(Certificato di Residenza)コピー

私たちは,最後の赤字の住民登録証明書を持っていなかったので,今日から10日以内にもう一度オフィスに行かなければいけないのですが,普通だったら書類不備で申請できないかもしれないところを,エレオノーラのお陰で申請することが出来ました。

申請の最後に,ネットで滞在許可証の申請状況を調べられるパスワードを家族全員分もらいます。その後,別室で家族全員の手のひらと5本指の指紋を採取しました。2ヶ月以内に携帯電話にテキストメッセージで滞在許可証を取りに来る日を連絡してもらえるそうです。かかった時間は2時間くらいです。普通に待っていたら3−4時間くらいはかかったと思います。

オフィスから歩いている途中で大きなオモチャ屋さんを見つけたので,誕生日が近いAoiにプレゼントを買ったり,2人の大好物のマクドナルド(ナポリではほとんど見かけません。)をGaribaldiで見つけたので,行ってきました。
久しぶりにゲーム以外のオモチャで遊ぶ2人を見たらなんだかホッとしました。オモチャほとんど持ってこなかったからね。早く買ってあげれば良かったね。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ダブルチーズバーガー,ビックマック,ナゲットを食べましたが日本よりもずーっと美味しいです。パンとチーズとケチャップが全然違います!
クリックすると元のサイズで表示します
昔は「レゴ作って〜」と言っていましたが,自分で作るようになりました。大きくなったね。

2016/9/21

イタリア滞在許可証申請  イタリア滞在許可証

今日は、dramaticな一日でした。

朝の10時にナポリ中央駅garibaldi で、滞在許可証申請をサポートしてくれている、eleonoraと待ち合わせて移民局でsportello unico per limiigrazione di napoli をもらって全員分の納税者番号を受けとる。(3時間)

必要書類
パスポート原本
パスポートの入国日とビザが確認できるページのコピー
旦那さんの契約書のコピー
アポスティーユ(外務省でもらったアポスティーユ:家族全員が載っている戸籍抄本のイタリア語訳をイタリア大使館専属の翻訳者にしてもらい,大使館で承認してもらったもの。これは日本で行っておく必要があります)
旦那さんがeleonoraを代理人にすることを承認するサインをして日本大使館で承認してもらったもの

赤字の書類は忘れました。。。でもelonoraが話を付けてくれて,無くても大丈夫でした。

移民局最寄りの郵便局に行ったのですがものすごい混雑でまったく申請が進まず,Toledoにあるナポリ最大の郵便局に行きましたが,ここでも順番待ちの半券をもらい約1時間待ちました。滞在許可証申請のamicoという書類を購入して、その場でeleonoraが書類を書き込み、申請料を払い,questura (移民局警察)のアポイントの半券(11月4日12時)をもらいました。申請は旦那さんと私の二人分の書類を作成しました。

必要書類(elonoraが全部してくれたので正確ではないかも)
パスポート
納税者番号(フィジカルコード)
収入印紙(タバッキで購入)いくらだったかは確認していません。
申請料は30.46€(大人1人分)

子供達もパスポートと顔の確認があるので常に一緒にいました。

待ち時間に、barで買ったお昼を食べて、小学校の手続きの説明を受けて。子供達、本当によく踏ん張りました。

Eleonora 無しでは、絶対に出来なかったです。
残りは、
大屋さんとアパートの契約
銀行口座開設
小学校入学手続き
Questura で滞在許可証を受けとる
イタリア住民登録
健康保険申請

Eleonora に感謝。
踏ん張った子供達に感謝。



クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ