2013/6/29

タイ料理に行ってきました。  仕事

ボスのパワハラが最近すごいです。
同僚が心配して誘ってくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ソムタム
パクチーと辛いものが好きな人にはかなりお勧めです。本格的!

昔の自分だったら飲んで泣いて、仕事から逃げることばかり考えていました。
今は、家に帰れば家族と家事が待っていて、仕事のことはケロッと忘れます。
好きな仕事が出来るだけでも感謝したほうがいいのかな。

わからん。

2010/4/1

たまにはお金の話  仕事

現在、新しいVISAであるHIBを申請中のYokoです。最近Department of Labor(労働省)からシカゴ大学に手紙が来ました。




<以下内容要約>
彼女のVISAを申請するにあたり、彼女の給料の査定をしたところ、低すぎることが判明した。彼女が仕事をした日にさかのぼって直ちに全額支払われたし。






今までもらっていた時給からどのくらいのアップを提示されたと思いますか?







1.5倍!
(今までどんだけ低かったんだっていう話なんですが。)




新ボスは、旧ラボでもらっていた時給をそのままフォローして払っていたのです。新ボスは「今まで低いお給料でごめんなさい。すぐに全部払うからね。」と謝ってくれました。問題は旧ラボ。私が旧ラボで仕事をしたのが2006年3月〜2009年の3月。「彼女が仕事をした日にさかのぼって直ちに全額支払われたし。」 このorderが何時から効いてくるのか???




持っている権利をすべて主張するアメリカ人。本来持っている権利は(頑張って交渉すれば)手に入れることが出来るシステムになっているように思います。でも、逆に支払い義務(Taxなど)にもとっても厳しいアメリカ。今回は私に対して公平に決定を下してくれました。嬉しいような、遅すぎるような。でも、仮にお金が返ってこなくても、自分のアメリカでの価値が日本で働いていたときと同じか、それ以上に評価されたことがとても嬉しかったです。




私のような目に合わないためにも、アメリカで仕事を始める際に、あまりにもサラリーが低すぎると思ったら、Department of Laborでチェックしてもらって公平な額を調べる必要があると思います。


2010/2/25

Yoko敬語を忘れる。  仕事

この1週間はかなり多忙でした。京都の大学のコラボレーターの研究室に、ラボの研究員(ラディミア)が訪問することになり、仕事の片手間になぜか私がホテルを取ったり、新幹線の時刻表を調べたり、教授に国際電話をかけたりしていました。それにしても初対面の人に敬語で話すのがこんなに大変だとは思いませんでした。(昔は敬語を使うのが得意な方だった。)シカゴで毎日旦那さんか両親とばかりはなしているので、すっかり敬語を忘れてしまったようです。言葉がなかなか出てこなくて冷や汗をかきました。

昨晩は同じマンションに住むラディミアが、日本での領収書を翻訳して欲しいと言って家に遊びに来ました。日本にたった3日間しか滞在しなかったので京都のお寺どころか観光は一切してこなかったとか。ラーメンが食べてみたいと言うのでラーメン(インスタント)とオニギリをご馳走しました。とっても喜んでくれたけれどなんだか切ない。。
クリックすると元のサイズで表示します
Akihitoがかぶっている帽子は4年前にペルーで購入したもの。暖かいね。

2009/12/18

エナジー充てん  仕事

仕事が始まってもうすぐ2ヶ月になります。毎日ラボメンバー全員でお昼ご飯を食べています。過去4年間では一度も無かったことです。最初は、実験の手を止めてお昼を食べるのはメンドクサイなと思うこともあったのですが、今は楽しいです。みんなが持ってくるお昼ご飯の作り方や材料を聞いたり、時事、クリスマスの予定、旅行の話、研究の話などなど。恐ろしいほど知らない単語が満載ですが、今までには無かった世界が広がっているのを感じています。


今日は、ラボのChristmas partyでダウンタウンに行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
写真の手前が一緒に仕事をしているルーシーで奥の金髪の女性がボスです。
Café des Architectes
フレンチレストランです。お野菜タップリで味付けもなかなか。かなりおススメです。
このレストランが入っている建物は「Sofitel Chicago Water tower」というのですが私はこの名前だけ見てすっかりデパートの「water tower place」と思いこみ、お店の名前も地図も持たずに出かけました。そして集合時間にガッチリ30分遅刻しました。昔はこういうミスは絶対にしたことが無かったのですが、、最近多いです。。
クリックすると元のサイズで表示します
食事の後にDaley Civic CenterのChristmas marketに行ってきました。ボスは移動中Akihitoをずーっと抱っこしてくれました。良かったね。
クリックすると元のサイズで表示します
可愛らしいオーナメントのお店が沢山!見ているだけでワクワクしていまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
McCormick Tribune Ice Rinkへ移動。正面のPark Grillより。
クリックすると元のサイズで表示します
シカゴでこんなふうに夜まで遊んだのはいつぶりか思い出せないくらい久しぶりでした。クリスマスソングを聞きながら、ちょっと酔っぱらってスケートをするのは最高に気持ちが良かったです。Akihitoが一日中とても静かでニコニコしていてくれたことに感謝です。本当にありがとう。お母さん、明日からまた頑張りまっす!

2009/10/29

Hydeparkから秋のお知らせ.  仕事

11月から仕事復帰します。日本から帰国後に面接を受けて採用され、AkihitoのDaycare(保育園)を探してバタバタとセットアップをしているうちに今日になってしましました。


「なんでAkihitoがこんなに小さいのに働くの?」というご意見、もう耳が痛いほど聞きました。



なぜなのか。



家族全員がHappyでいられる道を探していたらこうなりました。



新しいボスはアメリカ人女性です。面接の時に「将来どうしたいの?」と聞かれて「〜〜〜だけど、もう子供もいるし難しいと思う。」と言ったら、とても厳しい顔でこう言いました。



「You can do anything, If you decide to do.」
(完全に聞き取れていなくて文法がまちがっているかもしれないです。)




ビクっとしてしまいました。彼女はこの言葉通りの生き方をしてきたのだなと思います。これから何が起きるのか解りませんが、笑顔を忘れずに踏ん張っていこうと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2009/1/11

じゃな  仕事

2009年は元旦から仕事でした。ようやく私の仕事を引き継いでくれる人が来てくれたので、実験の引継ぎとペーパーワークに追われています。新人さんは、シカゴ北部にあるロヨラ大学出身のジャナ。学部を卒業したばかりです。面接の時にバックグラウンドがケミストリー(化学)と言っていたのが気になっていましたが、予想通りマウスの遺伝学や分子生物学の基礎をほとんど知りませんでした。ものすごく頭が良いので一回で言ったことは理解してくれるのですが、原理を理解しないことには実験をしようとしないので、メンデルの遺伝学とか、DNAの転写や翻訳、モル濃度計算とか、そんなことから始めています。でも明るくて時間厳守、真面目なので良い人が来てくれたと安心しています。

問題はボス。今まで以上の訳の解らん仕事を頼んでくれます。

新年早々の業務命令。



「アゴの無いウナギの遺伝子を取れ!」



はあ?

<あまりにも訳が解らないので進化の研究者旦那さんに聞いてみる。>
現在ボスは、あるよく似た2種類の遺伝子のルーツ(幹)を探ることに大変興味を持っています。原始的な動物からマウスまでその遺伝子は保存されているらしいのですが、マウスのその遺伝子を調べるとまるでアメリカのクリスマスツリーのように沢山の装飾がくっついていて、べースとなるモミの木(遺伝子)の機能がよく解らない。原始的な動物(アゴの無いウナギ)のモミの木(遺伝子)には装飾がないので、その遺伝子の機能をより理解しやすいのだそう。ボスは、Lamprey(アゴの無いヤツメウナギ)以外にも、Amphioxus(ナメクジウオ)、Hagfish(目の無いメクラウナギ)などにも手を出しています。

クリックすると元のサイズで表示します
Lamprey「ヤツメウナギ」(写真はwebより引用)
例:モミの木
クリックすると元のサイズで表示します
Amphioxus「ナメクジウオ」(写真はwebより引用)
例:原始的なモミの木
クリックすると元のサイズで表示します
Hagfish「メクラウナギ」深海に住んでいるので目が無い。(写真はwebより引用)
例:原始的なモミの木



ジャナがボスに向かって一言。



「なんでこんなキモイ生物ばっかりなの?」



貴女のそういう性格大好き!(;-;)

2008/12/5

Baby shower  仕事

ラボのメンバーがBaby showerを開いてくれました。Baby showerというのは日本では馴染みが少ないと思いますが、アメリカでは一般的で「生まれてくる赤ちゃんとこれからお母さんになる人をお祝いするParty」です。ご報告が遅れましたが、現在妊娠しています。出産予定は3月です。
クリックすると元のサイズで表示します
今までの妊娠期間は目の前にあることをこなしていくのが精一杯で、正直を言うと赤ちゃんのことを考えたり、幸せでボーっとしたりすることが少なかった気がします。これでは胎教に良くないと焦るのですがなかなか思うように行かないのが現実です。でも今日はホワワンととても幸せな気持ちになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
ケーキ、チーズ、ピタなどを食べていろいろな話をしました。日本人は体が小さいですから妊娠周期を告げると「ええっもうそんなに経ってるの!!!」と大抵は驚かれます。こちらは妊娠期間で40 pound(18kg)まで太って良いそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
旦那さんも参加してくれました。すごく嬉しかった!
クリックすると元のサイズで表示します
写真立てとシカゴ大学のトレーナーを赤ちゃんと私のペアでプレゼントしていただきました。大切にしますね。赤ちゃんの洋服は上の写真で旦那さんが持っています。写真は私の実験台の前より。トレーナーすごく暖かいのです。

2008/10/1

Two weeks notice  仕事

カトリーナが来週末までに退職することを、昨日彼女から聞いて知りました。これはタイトルにも書いた「Two weeks notice=辞める2週間前の退職願」というもので、よっぽどボスに不満がある場合以外はシカゴ大学では使われません。
もう次の就職先は見つかっていて、一昨日に相手側のボスからのオファーの返事をしたそうです。彼女はとても責任感のある人なので、Two weeks noticeをしたということは、本当に悩みに悩んで出した結果だと思います。

やっと仕事で頼れる頼もしい仲間が出来たと思っていたので、言葉にならないほど残念です。彼女の退職が、学部生や他の研究者にも波紋を及ぼしていて私の周りがザワザワしています。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は学部生のAnnaが50枚ほど焼いてきてくれたマウスクッキー。カラーからシルエットまで、上手に出来すぎていて可愛そうで食べられません。Annaは本当に優しいね。ありがとう。

2008/2/22

Yoko、エジプト人と戦う。  仕事

このブログによく出てくるエジプト人。働かない、実験が下手、嘘つき、と三拍子そろってた手ごわい人物です。最近、堪忍袋の緒が切れかけていたんですが、



とうとう喧嘩しました。




勝ったかどうかは解らないけれど、最後の一言は私が言い放って終わりました。




超すっきり〜。



他人と口喧嘩をしたのは、小学校中学年以来だな。。
自己防衛のために時には必要だと感じます。
でもやっぱり何の解決にもならないですよね。
反省です。




でも次の日。




彼は喧嘩をした内容と同じ失敗を繰り返してました。







教訓:エジプト5000年の歴史にはかなわない(;-;)



2008/1/23

DNA Cookie  仕事

DNA: Deoxyribonucleic acid
デオキシリボ核酸は、地球上のほぼ全ての生物において、遺伝情報を担う物質となっている。DNA はデオキシリボース(糖)とリン酸、塩基 から構成される。塩基はアデニン、グアニン、シトシン、チミンの四種類あり、それぞれ A, G, C, Tと略す。2本の逆向きのDNA鎖は、相補的な塩基 (A/T, G/C) による水素結合を介して、全体として二重らせん構造をとる。wiki引用

クリックすると元のサイズで表示します
ラボいる5人の学部生の一人がDNA Cookieを焼いてくれました。
「Yokoは忙しいのに、いつも私を助けてくれているから。」って。
アメリカに来て初めて人の役に立った気がしたー。
仕事も辛いことばっかりじゃないなって思いました。
明日も頑張るぞー!
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこれが本当のDNA.



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ