2019/4/21

春休み最後の日曜日は  シカゴの美術館博物館

Museum of Science and Industry
二人の一番のお気に入りMindball:リラックスしている方が、真ん中のボールを相手側に押すことが出来ます。完全にボールを相手側のエリアに押し出した人が勝ち。おそらく心臓の脈拍の速さを計測していると思います(疲れてしまって説明は読んでいません。)いつも長いラインが出来ているので、なかなか出来ないのですが閉館間際だと空いています。
クリックすると元のサイズで表示します
Aoiさん、英語がだいぶ読めるようになって一人で楽しめるようになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
うちの子こういうの大好きなんだけど、片付けないんだよね〜。
クリックすると元のサイズで表示します
ダンスダンス。
クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/17

Hydepark Art Center  シカゴの美術館博物館

日曜日から数えて春休み4日目。子供達と24時間一緒にいるとさすがに精神的にまいります。家では、ゲーム1時間、テレビ1時間(映画は最後まで見る)と決めています。兄さんはそれほどゲームが好きではないので、上手に遊びを考えます。一人で遊べない上に、人の遊びが羨ましくなってしまうAoiのお陰で必ず喧嘩が始まります。邪魔をされるとさすがに穏やかな兄さんの堪忍袋の緒が切れます。そして母の緒も切れるという悪循環。ふう。


最高気温25度、そんな時は外遊び!

Dark Matter: Celestial Objects as Messengers of Love in These Troubled Times
タイトル「困難な時代の愛の使者としての天体」って。。ママのハラワタのようだ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
絵を描いたり折り紙を折ったり。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
夜7時まで遊びました。
クリックすると元のサイズで表示します
英語版妖怪ウォッチを見たら、ケータとフミちゃんの名前がNate(ネイト)とKatie(ケイティー)だった。2年半ぶりに見ているのでほとんどエピソードを忘れている二人は結構楽しんでいました。
クリックすると元のサイズで表示します


残り4日(ドッカーン!)



クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/16


リンカーンパークにある動物園と植物園に行って来ました。
https://www.lpzoo.org/
http://lincolnparkconservancy.org/projects/conservatory-garden/
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



花に興味のない二人


ずっと、魚と虫を探して追いかけていた。
かーちゃんは癒されました。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/31

お花見して来ました。  シカゴの美術館博物館


2019/3/27


Irish American Heritage Centerにミュージカルを見に行って来ました。タイトルは「The BFG」になっていたけれど、遠足のお知らせは読み飛ばしており(汗)BFGが何かも解っていませんでした。BFGはBig Friendly Giantのことで2016年に映画にもなっているそうです。小学校2年生には難し過ぎる内容で、寝てる子が大勢いました。

朝のミーティング中。
今日も遠足に行けない子が沢山いました。行けない子は、先生の言うことを聞かない子供だけではなく、遠足のお金を払えない子も含まれているとのこと。ショックだったな。
クリックすると元のサイズで表示します
バスの席が隣になったTちゃんが「Ms. Yokoが好きよ。あなたは差別しないから。白人女性は差別するの。でも私、白人になりたい。」と言いました。8歳の子供が言う言葉です。
クリックすると元のサイズで表示します
お弁当の写真を撮るのを忘れてしまいました。ゆかりお握りに恐竜の海苔を付けて、ナゲット、ゆで卵、ハムのキュウリ巻き、ブロッコリー、トマトを入れました。昨日ターゲットで買った遠足のオヤツを家に忘れて茫然としたAoiさんでした。

2019/3/23

フェルミ国立加速器研究所  シカゴの美術館博物館



春ですね!



旦那さんが、以前から行きたいと言っていた「フェルミ国立加速器研究所」に行って来ました。
http://www.fnal.gov/
シカゴ大学にもエンリコ・フェルミ研究所があります。
The Enrico Fermi Institute
https://efi.uchicago.edu/

エンリコ・フェルミ(Enrico Fermi、1901年9月29日 – 1954年11月28日)は、イタリア、ローマ出身の物理学者。統計力学、核物理学および量子力学の分野で顕著な業績を残しており、中性子による元素の人工転換の実験をして、多くの放射性同位元素を作り1938年のノーベル物理学賞を受賞している。フェルミに由来する用語は数多く、フェルミ推定のような方法論やフェルミのパラドックスといった問題、フェルミ粒子のような粒子の分類やフェルミウムといった元素名にその名を残している。他にも物理学の用語にフェルミに因むものが多く存在する。実験家と理論家との2つの顔を持ち、双方において世界最高レベルの業績を残した、史上稀に見る物理学者であった[3]。

マンハッタン計画
妻のラウラ・カポーネはユダヤ人であった。そのため、ベニート・ムッソリーニのファシスト政権下では迫害を受ける。1938年のノーベル賞授賞式出席のためイタリアを出国。ストックホルムで賞を受け取ったが、そのままアメリカに移住した。1939年、コロンビア大学の物理学教授となった。アメリカへの移住直後にフェルミは、オットー・ハーンがドイツで核分裂実験を成功させたと知る。

アメリカでは核分裂反応の研究に従事し、1942年、シカゴ大学で世界最初の原子炉「シカゴ・パイル1号」を完成させ、原子核分裂の連鎖反応の制御に史上初めて成功した。この原子炉は原子爆弾の材料となるプルトニウムを生産するために用いられた。アメリカ合衆国の原子爆弾開発プロジェクトであるマンハッタン計画でも中心的な役割を演じ、1944年にロスアラモス国立研究所のアドバイザーとなった。

しかし、その後の水素爆弾の開発には倫理的な観点から反対をしている。第二次世界大戦後はシカゴ大学で宇宙線の研究を行った。1954年、癌により死去。死の床においても、点滴のしずくが落ちる間隔を測定し、流速を算出していたという。彼がイタリアで率いた同年代の研究仲間たち(ラガッツィ・ディ・ヴィア・パニスペルナ)は、後にアメリカやソビエトへ渡り、米ソの素粒子物理学の基礎を築いた。

エンリコ・フェルミにちなみ、原子番号100の元素はフェルミウム (Fermium)と命名されている。また、10のマイナス15乗メートルは1フェルミとされた。小惑星の一つもフェルミと名付けられた。
wikiより
クリックすると元のサイズで表示します
1階と15階に展示があります。
クリックすると元のサイズで表示します
高所恐怖症のAoiさん
クリックすると元のサイズで表示します
難しー。
クリックすると元のサイズで表示します
旦那さんだけがワクワクしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
研究所の敷地内には、子供が学べるLederman Science CenterやBison牧場もあります。
https://ed.fnal.gov/lsc/ed_lsc_facts.shtml
湿地や池も多くて、魚釣りをしたり(巨大な鯉がいます。)、兄さんは念願のタガメらしきもの?を捕まえました!子供達は、お決まりの池ポチャ(汗)オタマジャクシ、小さな魚、ヤゴ、ゲンゴロウ、ザリガニ、などを沢山捕まえて、今、家で飼っています。誰がお世話するんだよー!!!
クリックすると元のサイズで表示します

2019/1/1

Christmas Around the World and Holidays of Light  シカゴの美術館博物館

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



科学産業博物館で世界のクリスマスツリーを見てきました。
https://www.msichicago.org/explore/whats-here/exhibits/christmas-around-the-world/
毎年このツリーを見ると気持ちが引き締まる感じがします。二人とも大きくなった。
クリックすると元のサイズで表示します
日本のツリーのオーナメントが気になる。
クリックすると元のサイズで表示します
お節料理はなし。今朝はお雑煮とお餅を食べて、夕ご飯はお寿司を握りました。明日からパパはお仕事。兄さんは朝8時半にドクターアポイントメントがあります。早起きしなきゃ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

2018/12/31

Chicago architecture  シカゴの美術館博物館

2011年3月、日本に帰国する直前に家族でシカゴ建築を見学しました。それから7年9か月。「二人が赤ちゃんの時にね、ここを4人で歩いたのよ。」と話しながら歩きました。
沢山の方に助けて頂いて、今年も一年、家族無事に元気に過ごすことが出来たことを心から感謝します。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


2018/12/30

Art institute of Chicago  シカゴの美術館博物館

今日、兄さんと隣同士でバスに乗っていたら、前の席の黒人の小学生の女の子達がずーっと後ろを向いて兄さんの顔を見ていました。アジア人が珍しいのかな。と思って無視していたのですが、降り際に中指を立てて降りて行きました。兄さんが気が付いていなくて良かったです。女の子は悪くないです。両親の考え方やまたその両親を取り巻く環境がそうさせてしまったのでしょう。シカゴ美術館に来るといつも思うのですが美術を鑑賞している人々の中に黒人の姿はありません。

「ママ、ジャコメッティ好きなんだ。」というと足を止めて見てくれます。優しい兄さん。
クリックすると元のサイズで表示します
Joan Miróも好き。
https://www.artic.edu/artworks/77615/personages-with-star
クリックすると元のサイズで表示します
ピース真似しています。
クリックすると元のサイズで表示します
いつもの工作。今日は日本の千代紙を使って年賀状を作りました。
クリックすると元のサイズで表示します
柔らかい針金を使って恐竜を作っています。
クリックすると元のサイズで表示します
最高のお天気!シカゴの年末がこんなに穏やかなんて感謝しかない!
クリックすると元のサイズで表示します

今日も良い一日だった!



2018/12/23

Brookfield Zoo  シカゴの美術館博物館

一年ぶりにBrookfield Zooに行ってきました。
https://www.czs.org/brookfield-zoo/home
信じられないくらいいいお天気で(と言っても最高気温は1℃)Swan lakeの遊歩道もとても気持ちが良かったです。
クリックすると元のサイズで表示します
今までは、子供たちが疲れてしまってSwan lakeの遊歩道までたどり着けなかったのです。自然かタップリでおススメです。今度は夏に来たい!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
Aoiさんは現地校でメリーゴーランドのことを本で読んでいたそうです。「Merry-Go-Roundって言うんだよ。」と教えてくれました。(そんな英語だったんだ。ママ知らなかったよ。)写真奥のマナティーに乗っているのが兄さん。
クリックすると元のサイズで表示します
AoiさんはEagleがお気に入り。でもEagleがとまっている木の下に大量のBaby chick(ひよこ)の足が、、、、、、!!!
クリックすると元のサイズで表示します
今日は、飼育員さんがカメにマウスのピンクのBabyをあげているのを見てしまった子供達。兄さん目をつぶっているマウスのBaby(たぶん凍っている)の真似をして、カメに食べられる様子を何度も説明してくれました(汗)
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ