カトリーナで検索した結果、11件見つかりました。

2010/6/19

カトリーナとルカ  シカゴ生活

6月19日は盛り沢山な一日でした。Kuma's cornerから帰ってきた後は、午後から旧ラボの同僚カトリーナとルカのWedding partyに呼ばれていたので家族で参加してきました。

この日は、運悪くtaste of chicago 2010の交通規制のせいでバスのスケジュールが乱れまくり、家を2時半に出たのにダウンタウンの北にあるカトリーナの家に着いたのがなんと5時でした。通常小一時間で到着出来るはずが、2時間半もかかってしまった〜。その間はAkihitoは眠っていてくれたので本当に助かりました。
クリックすると元のサイズで表示します
到着後にパチッと目が覚めたAkihitoは絶好調。大人の女性たちに囲まれてダンスダンス!
クリックすると元のサイズで表示します
二人のWedding Danceはウットリするほと素敵で、私は号泣してしまった。良かったね良かったね。
クリックすると元のサイズで表示します
今年の9月には二人の本国で本格的なお式を挙げるそうです。オメデトウ!

2009/5/16

サッカーしませんか。  スポーツ

1日に予定は1個までなどと言っておきながら、今日は大事な予定が午後に入っていました。

カトリーナとルカと半年ぶりに会って、さらにさらに一年ぶりにサッカーをすることになっていました。日本チームとラテンチームで戦う予定だったのですが、カトリーナは突然の花粉症でダウンして試合には参加できませんでした。そしてラテンチームのみなさんもなんだかんだと急用でいらっしゃいませんでした(;-;)いいけどね。自由の国の人たちだからね。でもね、前もって連絡くれても良いよね。
クリックすると元のサイズで表示します
Akihitoはカトリーナに抱っこしてもらって嬉しそうでした。

さてさて気を取り直して日本チームのみで久しぶりのサッカーです!
クリックすると元のサイズで表示します
5月の湿度のない澄んだ風は本当に気持ちが良くて、Akihitoのことを一瞬忘れてしまうほどでした。おい。
クリックすると元のサイズで表示します
Hyde park Dream Team(仮名)第一回練習終了後。続くのか?

予想通り、旦那さんとYokoは筋肉痛で白目をむいてしまいました。
ああ!サッカーの後にお酒が飲みたい!

2009/4/15


今日は、友人とお子さんの3歳の女の子と一緒にカトリーナ直伝のティラミスを作りました。ティラミスは火を使わないので子供も参加して作れるのでお勧めです。彼女の小さな手を見ながら、Akihitoともいつか一緒に料理をしたり、お菓子を作ったり出来るかなあと楽しみになりました。(私はスポーツはまるっきり駄目なのです。)
クリックすると元のサイズで表示します
ティラミスは翌日まで冷蔵庫で寝かせると味が馴染んで美味しいのですが、夕ご飯の後にどうしても我慢できずに(大2切れ)食べてしまいました。その後、何も考えずにAkihitoにミルクをあげたら夜中に大暴れしました。ティラミスにはタップリとコーヒーが使われているのをすっかり忘れていた私。

「今日のAkihito」呼びかけると笑ったり声を発するようになりました。もうお母さんメロメロ(親バカ)

2008/10/14

Hyde Parkより 季節のお知らせ  シカゴ生活

カトリーナの退職を引き金に、研究室では実に様々なことが起こり、毎日すったもんだすったもんだしているうちに10月も半ばになってしまいました。久しぶりに窓から外を見たら、Hyde parkは半分くらい黄色く紅葉していました。もうすっかり秋です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2008/10/1

Two weeks notice  仕事

カトリーナが来週末までに退職することを、昨日彼女から聞いて知りました。これはタイトルにも書いた「Two weeks notice=辞める2週間前の退職願」というもので、よっぽどボスに不満がある場合以外はシカゴ大学では使われません。
もう次の就職先は見つかっていて、一昨日に相手側のボスからのオファーの返事をしたそうです。彼女はとても責任感のある人なので、Two weeks noticeをしたということは、本当に悩みに悩んで出した結果だと思います。

やっと仕事で頼れる頼もしい仲間が出来たと思っていたので、言葉にならないほど残念です。彼女の退職が、学部生や他の研究者にも波紋を及ぼしていて私の周りがザワザワしています。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は学部生のAnnaが50枚ほど焼いてきてくれたマウスクッキー。カラーからシルエットまで、上手に出来すぎていて可愛そうで食べられません。Annaは本当に優しいね。ありがとう。

2008/9/27

さようなら、こんにちは。  グルメ・クッキング

今日は、来月にラボの引越しのためニューオーリンズに行ってしまうMさんと、オランダからシカゴに留学されてきたばかりのOさんの歓送迎会でした。リビングにはいつものメンバー14名が大集合(イモ洗い状態?)それぞれが心を込めて作ってきてくれた料理が並びます。Mさんは男性なのですが、話しているとまるで女性と話しているような気持ちになり、人には言えない悩みをよく聞いていただきました。ニューオーリンズに行ってもハリケーンに負けずに踏ん張ってください。そして必ず日本でまた再開しましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
(写真はOさん撮影)
<今晩のポットラックメニュー>
カリフォルニアロール
ディープディッシュピザ
トマトとほうれん草のサラダ
ブロッコリーとホタテのサラダ
赤ピーマンのマリネ
から揚げ(旦那さん作)
鶏肉団子
ラタトゥーユ
手作りピタパン
野菜スティック
フルーツサラダ
スモークサーモン
----------
ゴマ団子
杏仁豆腐
----------
ワイン、ビール、梅酒、北谷長老(泡盛)
----------
クリックすると元のサイズで表示します
(逆からの写真です。)
ここ半年ほど忙しくて、Partyを開いていなかったのですが家に沢山の人が集まるのは嬉しいことです。カトリーナの家のpartyに行ってから、家のキャパシティー以上のお客様を招くのに何の躊躇もなくなった私たち。日本に帰ったらなかなか出来なくなるのかなとちょっと寂しい気持ちになります。

2008/6/29

6月の近況報告(仕事)  シカゴ大学

毎年のことですが、シカゴ大学キャンパスは6月の緑が一番美しいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
蔦に覆われた教会のステンドグラス。外からの光は入るのかしら?

ワラワラといた5人の学部生のうち4人が夏休みでいなくなったので、かなり集中して実験をしていた矢先、PHD候補の学生がやって来てまたその人の世話をすることになってしまいました。もしボスから「Yoko、いつも学生の世話をしてもらってありがとう。」の一言もあればずいぶん救われるんだけど。当たり前のようにそれぞれの学生のテーマをCCで私に送って来るし、話し合いの途中で「忙しすぎて出来るとは思えない。」と話しても、その日の午後にはまたCC。私の他に、カトリーナも、ジーヒーも、エジプト人もいるのになんで?なんで?

エジプト人が来て1年経ちました。彼は相変わらず全然仕事をしないし、集中力が無くてすぐに実験を投げ出してしまうので、結果は何一つ出ませんでした。でもここ数ヶ月で分かったことですが、とっても性格が良いのです。私が(仕事以外で)困っていると、本当に親身になって助けてくれます。プライベートでは私達はすっかり良い友達になることが出来ました。(仕事は別です!)最近になってボスに「エジプト人は今年もいるの?」と聞いてみたら答えは「NO!」でした。ホッとしたような。寂しいような。

2008/6/1


カトリーナから教えてもらったティラミスが絶品!
クリックすると元のサイズで表示します

材料

玉子2個(アメリカで作る時は、生で食べられる玉子を使用してください!)
マスカルポーネ400g
コーヒー カップ6杯分(コーヒーメーカーで作っておく)
ポルトワイン(甘めのポルトガルのワインです。)1ショット
砂糖 小さじ3杯
サヴォイアルディ(フィンガービスケット)200g

1,玉子を卵黄と卵白に分けて、卵黄に砂糖を入れ、色がクリーム色に変わるくらいまで泡だて器で混ぜる。マスカルポーネをすべて合わせよく混ぜ合わせる。
2,コーヒーメーカーで入れたコーヒーは、深めのお皿に入れて冷まし、ポルトワインを入れる。
3,卵白を角が立つくらいの固めのメレンゲにする。
4,1と3を均一にさっくり混ぜ合わせる。
5,サヴォイアルディを一つずつ、コーヒーに浸し、別に用意した深めのお皿に隙間無く敷く。(注:この時長くコーヒーに浸しすぎると、クッキーがコーヒーを吸いすぎて、ティラミスが水っぽくなります。少々芯がある程度が良いと思います。)
6,マスカルポーネのクリームをクッキーの上に敷きます。
7,コーヒーに浸したサヴォイアルディを敷く。
8,マスカルポーネのクリームをクッキーの上に敷きます。
9,カカオパウダーを降りかけて出来上がり!
このレシピで作ると恐ろしいほどの大量のティラミスが出来るので、日本のお家では半分くらいが良いかもしれません。カトリーナ曰く、当日に食べるよりも次の日がずっと美味しいそうです。

2008/4/29


またDixie Kitchenに行ってきました。ホントにどんだけ好きなんでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
*今日の話題は、Dixie Kitchenではありません。

カトリーナとルカに誘われて、3週間ほど前からSalsaを習い始めました。「Salsaって何?」というところから始まった私。ステップを少しづつ覚えて、ようやく次のレッスンが楽しみになって来ています。先生のシェイラはカトリーナと同じポルトガル人で、免疫学専攻のポスドク。もうひとりの先生アントニオはルカと同じMathematics(数学)の助教授です。二人が踊っている姿は、絡み合っている火みたいです。とっても美しいのです。残念ながら旦那さんは忙しくて来られないので、クラスが終わった後に家で練習相手になってもらっています。私よりも運動神経が良いから上手い気がするの。。
アントニオはサッカーチームを持っていることが判明!私達も週末の練習に参加することになりました。シカゴに来てもすぐ3年。ようやくサッカーを再開できそうで嬉しいです。旦那さん頑張ってね!

2008/4/12

Housewarming party  シカゴ生活

今日は、3月からラボのポスドクとして働いているカトリーナの家のHousewarming partyに行って来ました。カトリーナはポルトガル人。BFのルカはイタリア人、フランスでPHDを取った二人はポルトガル語がお互いの共通語で、イタリア語、スペイン語、英語、フランス語を話すことが出来るスマートなカップルです。パーティーの開始時間は夜9時でした。私が「なんでこんなに遅い時間帯なの?」と質問すると「サウスヨーロッパのパーティーの時間帯は本来もっと遅いの。でもここはアメリカだからアメリカ人に合わせてこれでもかなり早いつもりなんだけど。」と言われました。


11時くらいからぞくぞくと人が集まり始めて、2LDKの家にはおそらく50人以上の人が集合し、みんながどんどん酔っ払い、大音量の音楽でダンスを始める。警察が来ないのが不思議なくらいの騒がしさでした。二人の友好関係の広さに脱帽。
クリックすると元のサイズで表示します
この環境の中でもいろいろな人と話し、楽しい時間を過ごすことが出来た自分達の変化に気がついた私達でした。
クリックすると元のサイズで表示します
お土産のティラミス。ルカのお母さん直伝のレシピによりカトリーナ作成。感動の味。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ