教育とは・・・愛情  

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の日曜日、受験対策でどこにも連れて行ってなかったので

子供たちを農業公園に連れて行った。

もちろん、心中は東北の犠牲者のことで 辛く悲しい私でしたが

子供たちには理解できるはずもないので 一緒に遊んでました。

災害が起きたとき 痛感させられることが 家族が助け合わなければ いけない。

しかし、今 その家族がバラバラになっているところがなんと多いことか・・・><

この非常事態において もう一度 日本は助け合いの精神を取り戻すのだろうか・・。

戦時中は 贅沢はできなかった(らしい)。←私は戦争を知らない。

日本は太平洋戦争以来、戦争は体験していないが、今回、まるで戦争のような

体験をしている。

東日本を爆撃されたようだ。表現は適切ではないのかも知れないが

一致団結してこの困難を乗り越えなければならない。

お父さん、お母さんを亡くした子供たちは一体どうすればよいのか??

そりゃ、東北の人たちは助け合っていくのだろうが、これを教訓に

前向きに今の腐った(自己中心的な人が多いということ)日本の精神を立て直したい。

特に教育は腐ってる(自己中・・・な子供、親が多いということで。。。)。

世界が救援の手を差し伸べてくれてる・・・。

ありがたいことだが 本当なら経済大国の日本は世界に救援の手を差し出さなければ

ならなかった・・・。

少しのお金を出すくらいで何も貢献できない日本・・・。

人的貢献、自衛隊でも何でも行けばいい。

いつまで歴史認識だの 憲法改正できないとか言ってるのか・・・。

正直なところ、私は目の前にいる子供たちの教育でいっぱいいっぱいである。

そのことに気付いた・・・。

今、育てないで・・・一体誰が、どのように教育してくれるんだ???

目の前にいる子供たちがこれからの日本を背負っていかなければならない。

口先だけの教育論を語る馬鹿チンの話など聞いてる暇はない。

そんな話は蒸湯の中で語ってくれ・・。

10分も聞けば充分だろう。。。

走ってないからねたがありませんね・・・。

私が4年前に馬鹿なことを言い出したときに みんなは困ったことだろう・・。

それでも愛情豊かな私の仲間は無理して見守ってくださった!!!

私はみなさんの気持ちに感謝して今更のように私の生き方を考え直したものです。

みなさんに教育とか堅苦しい言葉ではなくいろんなことを教えていただいた。。

正しいとか間違ってるとかではなく 愛(男女の愛ではないです!)して

もらえたことが本当に嬉しかった・・・。

今ではもう足腰のたたない人ばかりですが みなさんより少しばかり若い世代の私は

みなさんからタスキを受けた気持ちで別府の子供たちに責任をもって行きたいと思う。

そこいらのおじちゃんで充分です。

子育てもできますから・・・。

21日は40周行きたいと思います





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ