2019/11/29

Top of the world  

クリックすると元のサイズで表示します11月7日、井上尚弥がついに世界の頂点に立った!
ボクシングの団体は世界に4つ(WBA、WBC、IBF、WBO)あり、それぞれにチャンピオンがいる。
じゃあ、いったい真のナンバーワンは誰かということで昨秋から企画されたのがWBSS(World Boxing Super Series)トーナメントである。
バンタム級で井上選手がエントリーした。

昨年10月7日、横浜アリーナで1回戦が行われた。
翌11月5日に拙ブログにアップした画像を再度使用。
試合開始のゴングが鳴ってジャスト1分、右ストレートが決まった瞬間である。
そこから10カウント取って、1ラウンド70秒でKO勝利!
クリックすると元のサイズで表示します
録画を一時停止し、お気に入りのシーンを写メした。
後ろめたさもあるので彼の顔が映っているのは避けている。
ちょっと雑誌Number風ではないか?(笑)

今年5月18日、準決勝は英国スコットランド グラスゴーで開催された。
2ラウンド1分19秒でTKO勝利!
無敗者同士で事実上の決勝戦とも言われていたが、2度目のダウンを喫した相手のロドリゲス選手はセコンドの方を見て「もうダメだ」という戦意喪失の表情で首を振っていた。
クリックすると元のサイズで表示します

そして11月7日の決勝戦は埼玉アリーナ。
初めて井上選手のフルラウンドの試合を観た。初めて出血したのを見た。
これまでいつも早いラウンドでノックアウトし、涼やかな顔で勝利の笑みを浮かべる姿しか見たことがなかった。
2ラウンドで左フックを受け右瞼を切った。
のちのインタビューで眼窩底骨折し、以後ドネアが二人に見えていたという。
9ラウンドに強烈な右ストレートを受け、一瞬ヒヤリとした。
のちのインタビューで、その時息子の顔を思い浮かべ踏ん張ったという。
そして11Rでダウンを奪ったが、ドネアはギリギリで立ち上がった。
(一撃が効いた後、追撃のチャンスになぜレフェリーは間に入ったの? ダウンのカウント取るの遅くない?)

試合終了のゴングが鳴ると二人は固く抱き合い、グローブを外した井上はさらにドネアのコーナーに行き、ひざまづいてハグしていた。いいシーンだった。
井上はずっとドネアに憧れ、リスペクトしていた。
ドネアも井上を評価し、数年前にアドバイスもしている。
判定で井上選手の右腕が高々と挙げられた。

4団体すべてのチャンピオンベルトを奪取した。
トーナメント前、「4つのベルトを揃えたい」と言っていたことを実現したのだ。
そして、モハメド・アリの名を冠したアリ杯を手にした。
のちのインタビューで、試合直後にドネアから「アリ杯を息子に見せたいから貸してくれないか」と頼まれ、祝勝会に持参したかったが貸してあげたと言っていた。
これもいいエピソードである。
クリックすると元のサイズで表示します

3試合の録画ははすべてプロテクトをかけ、永久保存版とした。
ボクシングのどれもが好きかというとそうでもなく、重量級はちょっと苦手である。
バンタム級前後の階級がシャープで華麗?な感じがする。
昔は畑山隆則選手のファンだった。あの頃の記憶からだろうか…。
あ、もっと前、始まりは矢吹丈だ!パンチ

2

2019/11/7

秋深し  

クリックすると元のサイズで表示しますすでに11月。今年も2ヶ月足らずとなった。
スポーツの秋。各スポーツが盛り上がっている。
ラグビーW杯も予想をはるかに超えた盛り上がりを見せて終了した。
前回の書き込みでは、日本が決勝トーナメント進出決定までだったので、一応その後も書きとめておこう。

準々決勝
日本 3:26 南アフリカ
ウェールズ 20:19 フランス
ニュージーランド 46:14 アイルランド
イングランド 40:16 オーストラリア

準決勝
ウェールズ 16:19 南アフリカ
イングランド 19:7 ニュージーランド

3位決定戦
ニュージーランド 40:17 ウェールズ

決勝戦
南アフリカ 32:12 イングランド

クリックすると元のサイズで表示します

決勝戦を観ていたら、78分の時点でトロフィーに「サウス・アフリカ」と刻字している画像がアップになり、思わず笑ってしまった。
もう逆転不可能の点差とは言え・・・

さあ、今夜はWBSSバンタム級決勝戦!
勝て!井上尚弥!

1

2019/10/10

眼に映るものみな俳句  俳句

TBSの番組「プレバト 」を毎回楽しみに観ている。
水彩画や絵手紙、消しゴムはんこなども面白いが、とりわけ俳句コーナーが好きである。
何と言っても夏井いつき先生の添削と解説がわかりやすい。
添削をしっかりしながらも、バラエティー番組をわかっていて決して堅苦しくなく、MCの浜田さんや受講生のお笑い芸人さんたちとのやり取りも心得て笑いを取る。
毒舌担当(?)の梅沢さんの発言に時々閉口しながら見ることもあるが、夏井先生はそれもズバッと切り返して痛快である。

番組スタート時から観ていたが、査定を特待生制度にしてから出演者がメキメキ上達していくのが素人目にもわかる。
時折り「お〜っ」と唸るような名句もある。
作風にも好みがあり、自分としては東国原さん、フルポン村上さん、そして時々ノンスタの石田さんもいい句を詠む。

2017年から年4回、特待生・名人だけのタイトル戦が設けられた。
春は「俳桜戦」('19年から「春光戦」に変更?)、夏は「炎帝戦」、秋は「金秋戦」、冬は「冬麗戦」である。
また、俳句甲子園の会場に乗り込み、優勝校の高校生との対外試合も一昨年から行なっている。

時節柄もあるが、これまでの記憶の中で最も好きな俳句。
クリックすると元のサイズで表示します

      鰯雲仰臥の子規の無重力   東国原英男

2017年の俳句甲子園対外試合で、「子規と野球」の兼題で詠まれたもの。
たった17音なのに、聞いた瞬間込み上げるものがあった。

さらに時節柄に限れば、最近特待生になった光浦さんの俳句にも感心した。
クリックすると元のサイズで表示します

      無花果や苛めたきほど手に懐き   光浦靖子


これまで何度か俳句のマイブームがあり、入門書や句集を読んではメモ程度に作句し、いつの間にか冷めるというのを繰り返していた。
鑑賞より作句! とは思うのだが…。
入門書には「俳句雑誌を購読し、会員になって投句を続けることが大切」とある。
しかし「俳句雑誌を選ぶ=主宰者=選者=師を選ぶ」ということで、これがなかなか難しそうである。
まずは地元のカルチャーセンターの「俳句講座」がいいかもしれない。
と、これも迷っているうち1〜2年が過ぎそうである。


高浜虚子はこんな句を詠んでいる。
秋風や眼中のもの皆俳句   高浜虚子
ごもっとも!

今日は木曜日。プレバト特番「金秋戦予選・本選」がある。
まだまだ傍観者である。
1

2019/9/30

ラグビーW杯  

クリックすると元のサイズで表示します

すっかり秋。
ラグビーW杯が盛り上がっていて、自分も久しぶりにロシア戦(9/20 30-10で勝利)、アイルランド戦ともに観て応援している。
アイルランドに逆転勝利した(9/28 19-12)!

若い頃はよくテレビでラグビー観戦していた。
ルールを詳しく知らなくても豪快なプレーは観ていて痛快だった。
早明戦や神戸製鋼vs.新日鉄釜石などは好カードで、スタープレイヤーが何人もいた。
とりわけ平尾誠二選手がカッコよくて大ファンだった。
ワールドカップ日本開催を、アイルランドに勝利したことを、生きていたらどんなに喜ばれただろうかと思う。

ノーサイド後、アイルランド選手が日本選手の退場を拍手で讃えていた。
こういうのがグッとくる。

明日から10月。消費税率10%になる。

************************************************************************************
10月5日 追記
サモア戦 38-19で勝利!
クリックすると元のサイズで表示します

日本は3戦3勝してプールAのトップ。
上位2チームが決勝トーナメントへ進めるのだから、スコットランド戦を待たずとも進出決定では?と思うのだが、そうではないらしい。
後学のために、スポーツ番組の解説やネットで調べたものを総合してみると、
クリックすると元のサイズで表示します

勝ち点は勝利が4、引き分けは2、敗戦は0。
これに加えてボーナスポイントがある。勝敗に関わらず4トライ以上すると1点、敗けても7点差以内なら1点を得られる。

●日本―スコットランド戦(13日)の前に行われるスコットランド―ロシア戦(9日)、アイルランド―サモア戦(12日)で、スコットランドが負けるか引き分け、またはアイルランドが負ければ、その時点で日本の2位以上が確定する。

●しかし世界ランキング上位のスコットランドとアイルランドは勝つ確率が高い。
両チームとも4トライ以上で勝ち5点を獲得すると、日本―スコットランド戦の時、アイルランドは勝ち点16、日本は14、スコットランドは10となる。
従って日本は勝つか引き分けなら1位通過する。
●万一負けてもボーナス2点を得れば、スコットランドには勝ち点で抜かれず、並んだアイルランドには直接対決で勝っているため1位となる。
●ボーナス点1の場合は、スコットランドに4トライ以上で得られるボーナス点1を与えなければ2位通過。
●4トライ以上を取られると勝ち点で並び直接対決で敗れているため、3位で1次リーグ敗退となる。
●日本がボーナス点を取れずに負けた場合も敗退が決まる。
とにもかくにもスコットランド戦まで気が抜けないのである。
もちろん応援も。

*****************************************************************************************
10月13日 追記
スコットランド戦28−21で勝利!
いざ決勝トーナメントへ!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/9/4

チョコの誕生日  

クリックすると元のサイズで表示します

         クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
昨年夏、一人暮らしをしていた息子が「ちょっとの間戻ってもいいかなぁ」と言ってきた。
秋に異動があるかもしれず、借りている部屋の更新が7月初旬なので解約して、はっきりしてから別の部屋を借りたいとのことである。
もちろんOK! 息子が飼っている猫のチョコも来て大歓迎である
結局異動はなかったが、実家の居心地がよかったのかちょうど1年間いた。
しかし「落ち着くまで預かってて」ということで、チョコはまだ我が家にいる^▽^チョキ

8月15日が4歳の誕生日だったので、黒い皿に大好きな「CIAOちゅ〜る」を1本半使ってお祝いメッセージを描いてあげた。
昔ケーキ作りに使っていたキャンドルもあったが、それはやりすぎだと思いやめた。
苦労して描いたのに、あっという間に舐め尽くしてしまった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/7/1

お薬手帳ケース  ハンドメイド

クリックすると元のサイズで表示します 7月になった。今年の半分が過ぎた。
相変わらず長い放置状態のブログ。
今回は2ヶ月も空いてしまった'_';

去年の秋に依頼された祭りポシェット6点を「急がないから」という言葉に甘えていたが、さすがにマズい! 夏祭りに間に合わない!ということで先月、久々にミシンのカバーを開けた。
一旦やりだすとスイッチが入って次にも何か作りたくなる。

クリックすると元のサイズで表示します
お薬手帳のケースを前々から作りたいと思ってYouTubeで検索していたら、100円ショップの塩ビ製のケースを利用したものがあった。
チープではあるが簡単だし、透明で見やすく薄型でコンパクトである。
内部も手作りしようとすると変に凝ってしまって分厚くなってしまうこと必至だ。
近所のダイソーに同じものがあったので、トライしてみようと3つ買ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
まずは夫のものを。
最優先というよりは、ひとつ作って改良点があれば自分用というのが本音であるσ^┰゜
⭐市販ケースのスナップを取り外す(凸部分は突き出しのベロごと、凹部分は工作用ハサミで外した)。
⭐ブックカバーを作る要領でひと回り大きく作る。
⭐スナップかマジックテープを付ける。
⭐両方のノドを中綴じに縫い付け、合体させる。
以上である。ストライプの内布は、息子の古いシャツを処分する時に後ろ身頃だけ取っておいたものを利用した。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
別段改良点もなく、続けて女性用を2点作った。
夫のはマジックテープで、女性用はプラスナップにした。
白のスナップしかなく、男性用には合わないと思っただけで差別化したわけではない。
確かにマジックテープはベリッと剥がす音やゴミが付着してくるのであまり好きではないが、だがしかし、と最近思うことがある。
先月、モノにつまづいて転びそうになり右手を強く床に着き筋を痛めた。
しばらくはペットボトルのキャップも開けられなかった。
今、できあがったケースのボタンもちょっと固く感じる。
以前、義母にガマ口のポーチを作ってあげた時、「指の力が弱くなって開けるのに苦労する」と言われたことも思い出した。
これからはおしゃれやカッコよさより利便性にシフトチェンジしていくべきか…。

ところでお薬手帳の普及率はどのくらいなのだろうか。
自分自身よく忘れ(というより意識が薄く)、何度か手帳をもらって数冊になっている。
調剤薬局で薬を出してもらう時、料金には管理指導料が含まれていて持参すると380円、持参しないと500円かかり、差額の120円は自己負担3割で40円の差額が生じるらしい。
少額でも常備した方がいい。
…と思っていたら、すでに電子化「e-お薬手帳」に移行しつつあるらしい。
何もかもがスマホの中。

2

2019/4/30

平成最後の日に  

春が終わり、4月が終わり、平成が終わろうとしている。

桜はすっかり葉桜になっているが桜の記事を。
今年のお花見はいつもとは違ったところに行こうと思っていたが、いざとなると遠出する気力が湧かず、それでも見ておかなくてはと、結局例年通り近所の植物園に行った。
しかしながら大幅な剪定をしたようで、昨年とは異なる枝ぶりの箇所があちこちにあった。
樹木のため、長い目で見た調整だろうが、ちょっと残念だった。
      クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
なので、毎年見に行ってる植物園そばの空き地の桜を。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
桜の剪定だけではなかった。タンポポが群生していたエリアは一掃されていた。何かを植えるための準備なのか、それともこのままなのか。自然な感じの風情が気に入っていたのだが…。
クリックすると元のサイズで表示します
  

クリックすると元のサイズで表示します
植物園に隣接した施設の一画も様変わりしていた。昔撮影した時は、チューリップが春風に揺れ自然な春の野原という感じで、お気に入りのエリアだった。
ここは園内案内図に「芝生地」と明記してあるのでこのままだろう。
白い花をつけていた樹木は伐採されたのだろうか。せめて移植されているといいのだが…。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
交差点そばの原っぱも然り。いろんな野の花が可憐に咲いて、たしか小径もあったはずだ。
花の時期が終わって刈り取ったという感じではない。小径の痕跡もわからないほどに均されている…。
クリックすると元のサイズで表示します

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ