2019/7/1

お薬手帳ケース  ハンドメイド

クリックすると元のサイズで表示します 7月になった。今年の半分が過ぎた。
相変わらず長い放置状態のブログ。
今回は2ヶ月も空いてしまった'_';

去年の秋に依頼された祭りポシェット6点を「急がないから」という言葉に甘えていたが、さすがにマズい! 夏祭りに間に合わない!ということで先月、久々にミシンのカバーを開けた。
一旦やりだすとスイッチが入って次にも何か作りたくなる。

クリックすると元のサイズで表示します
お薬手帳のケースを前々から作りたいと思ってYouTubeで検索していたら、100円ショップの塩ビ製のケースを利用したものがあった。
チープではあるが簡単だし、透明で見やすく薄型でコンパクトである。
内部も手作りしようとすると変に凝ってしまって分厚くなってしまうこと必至だ。
近所のダイソーに同じものがあったので、トライしてみようと3つ買ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
まずは夫のものを。
最優先というよりは、ひとつ作って改良点があれば自分用というのが本音であるσ^┰゜
⭐市販ケースのスナップを取り外す(凸部分は突き出しのベロごと、凹部分は工作用ハサミで外した)。
⭐ブックカバーを作る要領でひと回り大きく作る。
⭐スナップかマジックテープを付ける。
⭐両方のノドを中綴じに縫い付け、合体させる。
以上である。ストライプの内布は、息子の古いシャツを処分する時に後ろ身頃だけ取っておいたものを利用した。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
別段改良点もなく、続けて女性用を2点作った。
夫のはマジックテープで、女性用はプラスナップにした。
白のスナップしかなく、男性用には合わないと思っただけで差別化したわけではない。
確かにマジックテープはベリッと剥がす音やゴミが付着してくるのであまり好きではないが、だがしかし、と最近思うことがある。
先月、モノにつまづいて転びそうになり右手を強く床に着き筋を痛めた。
しばらくはペットボトルのキャップも開けられなかった。
今、できあがったケースのボタンもちょっと固く感じる。
以前、義母にガマ口のポーチを作ってあげた時、「指の力が弱くなって開けるのに苦労する」と言われたことも思い出した。
これからはおしゃれやカッコよさより利便性にシフトチェンジしていくべきか…。

ところでお薬手帳の普及率はどのくらいなのだろうか。
自分自身よく忘れ(というより意識が薄く)、何度か手帳をもらって数冊になっている。
調剤薬局で薬を出してもらう時、料金には管理指導料が含まれていて持参すると380円、持参しないと500円かかり、差額の120円は自己負担3割で40円の差額が生じるらしい。
少額でも常備した方がいい。
…と思っていたら、すでに電子化「e-お薬手帳」に移行しつつあるらしい。
何もかもがスマホの中。

2

2019/4/30

平成最後の日に  

春が終わり、4月が終わり、平成が終わろうとしている。

桜はすっかり葉桜になっているが桜の記事を。
今年のお花見はいつもとは違ったところに行こうと思っていたが、いざとなると遠出する気力が湧かず、それでも見ておかなくてはと、結局例年通り近所の植物園に行った。
しかしながら大幅な剪定をしたようで、昨年とは異なる枝ぶりの箇所があちこちにあった。
樹木のため、長い目で見た調整だろうが、ちょっと残念だった。
      クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
なので、毎年見に行ってる植物園そばの空き地の桜を。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
桜の剪定だけではなかった。タンポポが群生していたエリアは一掃されていた。何かを植えるための準備なのか、それともこのままなのか。自然な感じの風情が気に入っていたのだが…。
クリックすると元のサイズで表示します
  

クリックすると元のサイズで表示します
植物園に隣接した施設の一画も様変わりしていた。昔撮影した時は、チューリップが春風に揺れ自然な春の野原という感じで、お気に入りのエリアだった。
ここは園内案内図に「芝生地」と明記してあるのでこのままだろう。
白い花をつけていた樹木は伐採されたのだろうか。せめて移植されているといいのだが…。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
交差点そばの原っぱも然り。いろんな野の花が可憐に咲いて、たしか小径もあったはずだ。
花の時期が終わって刈り取ったという感じではない。小径の痕跡もわからないほどに均されている…。
クリックすると元のサイズで表示します

1

2019/4/1

新元号発表 「令和」   

クリックすると元のサイズで表示します

新元号は「令和」に決定した。
出典は万葉集の一節

初春(しょしゅん)の月(れいげつ)にして 気淑(きよ)く風(かぜやわら)ぎ 
梅(うめ)は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き
蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす

だそうである。
なんとも優美で風雅ではないか。「れいわ」という言葉の響きもいい。

クリックすると元のサイズで表示します
photo by kimiyone-chan
この記事に「時こそ今」の桜の画像を併せたいと思ったが、今年はまだお花見をしていない。
近所の桜は見たが写真に撮っていない。
どうしようかと思っていたところに、郷里の友人(リンク集「ねーちゃんのひとり言」ブログ主)がLINEに実家のそばの神社と母校の小学校の桜を送ってくれた。
このところ気の塞いでいる私にふるさとの桜の画像を送ってくれるさりげなさに感激。
ご本人に画像使用の許可を得た。

     桜満つ昭和は遠くなりにけり

言うまでもなく 降る雪や明治は遠くなりにけり  中村草田男 
のベースがあっての句^o^;

故郷の宮水神社は4月3日、春祭りである。
2

2019/3/31

ゆふいん 由布院 湯布院  

3月が終わる。
そして明日新元号が発表され、4月いっぱいで平成が終わる。

今さらではあるが1月に帰省した時由布院に行った。
画像があるのでそれだけでも3月のうちに上げておこう。
クリックすると元のサイズで表示します
由布岳
クリックすると元のサイズで表示します
駅に「ななつ星」が停車していた。見られてラッキー!
クリックすると元のサイズで表示します
駅のホームに足湯があった。

クリックすると元のサイズで表示します
昼間に行った金鱗湖はたくさんの観光客がひしめいていて風情がなかった。
朝霧が有名なので、翌朝旅館の電動レンタサイクルで出かけた。
2度行ったことがあるという夫は朝風呂を選択。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     お土産屋さんも各店アジア系の観光客で賑わっていた。
     なぜかジブリグッズのお店もあり、店頭に記念撮影用のトトロがいて当日の日付けプレートがあった。
     自分の誕生日だったので順番を待って撮ったσ^┰゜


ところで、ゆふいんには「由布院」と「湯布院」の表記がある。
ずいぶん以前に何かのテレビ番組で知ってなるほどと思ったことがあった。
昭和30年に由布院町と湯平町が合併して湯布院町となり、町全体を指すときは「湯布院」、昔からある地名などは「由布院」と使い分けるのだそうだ。
その後平成17年に庄内町、挾間町 、湯布院町が合併して「由布市」になり、由布市湯布院町となった。
なので紛らわしいからか、「ゆふいん」のかな表記が増えているそうである。
1

2019/3/19

空飛ぶ新玉ネギ  

4ヶ月以上もブログを更新せずに放置していた´Д`
前の記事が11月だから、年が変わり、季節は秋から冬、春になり、ぼんやりしてると元号までも変わってしまう。
自分自身が覗くこともしなかったのに、アクセス解析を見ると毎日数件の来訪者数があった。恐縮するやら申し訳ないやら…´_`

今月初めに郷里の友人から「空飛ぶ新玉ネギ」を送っていただいた。
瑞々しく茎も葉も食べられる宮崎県延岡市のブランドで、あまりの見事さに写真を撮ったのでアップしておこう。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
自然の造形のなんと美しいこと!

      クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
届いた日にオニオンスライス、翌日ぬたを作った(カニカマをプラス)。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ