圓寂坊の現実!

今まで謎とされていた圓寂坊の
活動状況・思想・妄想・幻想…
そして告知事項などを書き綴るブログ

 
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:圓寂坊
こんばんは、平岩さん。

お役に立てていただければ幸いです。因みに聞いた話
ですが、ある法力の優れた高僧も印を結ぶときには
たこが出来るぐらい力を込めて結ぶそうです。
投稿者:圓寂坊
こんばんは、真戯さん。
ありがとうございます。少々疲れましたが、現在は
ほぼ元に戻りました。(;^_^A

そうですね。印も武術の型のようなものという捉え方も
面白いですね。

ただ私、最近脳機能科学と唯識説がほぼ一致するという
視点に立っておりまして、生物的な電気刺激が神経を
伝達して脳に影響を与えるということに興味を持って
おるのです。

真言宗中興の祖であられる覚バン上人は、それまで
7度繰り返しても成就できなかった求聞持法を、ある
高僧から授けられた印を結ぶことにより成就できたと
いう言い伝えもあります。ここに重要なポイントが
あるように思えるのです。
投稿者:平岩
こんばんは、参考になりました。今度、拝む時にやってみます。
投稿者:真戯
こんばんわ。イベントお疲れ様でした。

密教の印については門外漢ですが、
武術に通じるように思えます。
武術で言う脱力は腑抜けになるわけでは
なく、力の芯のようなものはきっちりと
ありますよね。
空手や拳法の型同様、力を込めるのでは
なく、正しい形を取った結果として
引き締まって力が篭るということでは。

圓寂坊さん相手に釈迦に説法かな(;^_^A)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ