圓寂坊の現実!

今まで謎とされていた圓寂坊の
活動状況・思想・妄想・幻想…
そして告知事項などを書き綴るブログ

 
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:圓寂坊
ただいまかえりました。

けんさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、けんさんの体験は私の体験と
同系列だと思います。そこに居てしかも居ないという
状態を体現できるからこそ、そういう技が可能なのだ
と思います。いやはや、古武術ってすごいですよね。
投稿者:けん
はい。ご指摘のところです。
僕も一度「心拳」は生でみてたいなとおもっています。(ただ今は事情により通っていないんです)ビデオでも見る人によっては得る者は多いかと思います。
僕が受けた事があるものはおそらく圓寂坊さまの体験したことに近いような気がします。
僕の体験したことでは、攻撃しようとするとただ前に進まれ打つ前に「とまって」しまったり、また打ち込んでも体捌きである方向に動かれ(おそらくは前者と同一の技術でしょう)自分がいやでも攻撃し終わったポーズ(意識含)で一瞬止まってしまったこともありました。本気で攻撃しているのに「掌の上で踊っている」みたいな気持ちになりました。
投稿者:圓寂坊
おはようございます、けんさん。コメントありがとうございます。

マラーホフ、凄いですよね。o(^-^)o

けんさんは忍術を習っていたのですか。ということは
国際的にも有名なあそこでしょうか。H先生は凄い達人
ですよね。「心拳」ですか。一度見てみたいものです。

私が体験したのは、こちらが攻撃を仕掛けようとする気の
動きを読まれ、その気が動き始めるタイミングを捉え
られて微妙な身体操作によってこちらの動きを止める
という技術のように見受けました。
投稿者:けん
僕もマラーホフを見て感動してた一人です。お名前と噂は存じ上げていましたが映像ではあれが初めてでしたが、「うお〜」なんて感動してました。
あとコメント拝見しましてちょっと便乗させてください。
相手を一瞬でも止めるという技術ですが、僕がやっていた武術にもありました。
例えば僕が昔一時期していた忍術(古武道体術)にもありました。実際に受けると妙な違和感もありました。またその宗家がビデオで「心拳」という名称の技を演じられてまして、気合をかけて相手を一瞬止め技をかけて倒してました。ビデオながら見てるこっちもビビりました。
またムック本に意拳の李見宇老師が紹介されてます。その中で「声撃法」を紹介されてますし、その付録DVDを見ると、これも映像ながらビックリしました。実際に受けたら絶対すくんでしまうでしょう。
名称とか訓練法は違ったり内包されててわかりにくくなってるケースもあるかと思いますが「触れずに(一瞬でも)相手を止める」技術はあると思います。
投稿者:圓寂坊
おはようございます、平岩さん。

ありますよ。二階堂流の松山主水という人が使う
「心の一法」というような技があります。これは
スクミをかけるというふうに表現されますが、
ある方法を用いて一瞬敵の動きを停止させ、そこを
斬り倒すという秘技らしいです。修験道の金縛りの
ように長時間のものではないでしょうが、戦闘時に
一瞬でも停止させられてしまえば、命はないわけです。

実は私は似たような技をかけられた経験があります。
それは古伝空手のU師範です。以前、講習会か何かの
場でしたがこちらが攻撃を仕掛けようとすると、一瞬
動きが止められてしまい、その隙に入り込まれて
制されてしまいました。実戦ならその場で死んでいた
ことでしょう。

その時に、「あぁ、二階堂流の心の一法とはこんな
感じだったのだろうなぁ。」と思いました。もちろん、
術者のレベルが同じなら通じないとは思いますが、
実力に差がある場合には簡単に殺されてしまうでしょう。
投稿者:平岩
こんばんは。私は、武術は全然わからないのですが、修験道に金縛りの術がありますが、武術にも金縛りの術に似た技は在るのですか?修験道の術はあくまでも霊を縛るのですか。
投稿者:圓寂坊
おっと、Takaさんのお名前のtは大文字だったんですね。
今気づきました。失礼しました。(;^_^A

武術の世界は超高速の戦いですから、肉体だけ鍛えても
だめで、精神的なセンサーを高度に発達させる必要が
あるのでしょうね。そうでないと命を落とすことになる…。
また、人間、体を鍛えに鍛えると超常能力も開発されてく
るのでしょうね、きっと。しかし、お友達のお爺さんは
ほんとに凄い方だったんですね。(@_@;)

まぁしかし、お友達も220キロを担いだ状態から上に
持ち上げるなんて、しかも6回続けてなんて、人間
のレベルをあきらかに超えてますな。
投稿者:Taka
へえ、そうすると武術というよりか魔術ですよね。でもそうすると太極拳みたいに本当にマスターした人が何千人に一人とかみたいになるのは自然ですよね。でもマスターしちゃったら武術なんかつかわなくてもいいような状態になるんでしょうね。だって六具神通みたいな事だって起こるだろうし。
なんかちょっと矛盾なような、、、
僕の友達のお爺さんは冥想行をかかさなかったようですよ。道場で真夜中に電気つけたらお爺さんが冥想しててぎょっとなったって言ってましたから。
あと変なところでは手刀で板がつらぬけたようですよ。指関節も変形してたようで、気合とばしも数回されたこともあるみたいですし霊視能力なんかずば抜けててみんな知ってたみたいです。それで戦争で使った事があるらしくてあやめてしまった人達の為に毎日祈ってたみたいです。免許処分のこともなんか関係あるみたいで、僕の友達が北斗の拳を見ていたらブチッてテレビ切られたようですよ
だからこれも多分武道と哲学や宗教が切りはなせない一つの理由なんでしょうね。

僕の友達も霊能力があって悩んでましたよ。鬼なんか生身の人と間違えるくらい見えてて「酒井さん(私です^^)本当に見えないんですねー」とか言って関心されちゃったくらいですからね。あとどう考えても霊能がからんでるのではないかというのは彼のバックプレスです。220キロ6回挙上というのは彼の上げ方だと全人類で誰もいないでしょう。やっぱりそんなお爺さんの横で育つとそれなりの影響を受けるんでしょうかねえ。やあ、一杯超人というものがいるもんです。
投稿者:圓寂坊
takaさん。

吹き針の話は、当時80歳ぐらいの高弟の方から
お聞きしたのですが、話のニュアンスからして鋼で
作った針だと思います。彼は九字を切ったり愛宕神に
祈願したりという儀式的なものもかなり心得ていた
みたいでした。当時私は20代で、宗家をはじめ、
師範方が5〜60代でしたから、その師範方の
かなり上の代の先輩だと思います。

因みに、竹内流では天狗さんから武術を授かったことに
なっているので、道場と一体になった神社に天狗さんを
祀ってます。古武術はミステリーですよ。

日本に帰国のおりには是非お越しください。
投稿者:Taka
うわあ、、凄い話ですねえ。
その吹き針は金属性なのでしょうか?それとも特性の材質なのでしょうか?
ううんん、それにしても凄いです。

そんな謎の人でもないですよ。偶然が偶然を呼んでこんな分けのわからん素姓の者になってしまってるという感じで、よく物事にはまってしまうタイプだとは良く言われます。
今現在36歳で一ヶ月後37歳です。
ボディビルは18歳で大学時代からやってす。1995年くらいから良くコンテストに出てますがまだタイトルはございません。ここ8年間くらいは出る事が出来なかったので最期にもう一回復帰してタイトルとりたいですよね。体重はオフが100キロでオンが85キロです。その後は内丹に絞りたいなあと思っております。内丹の方は2001年からでもうすぐ6年目です。試しでやってたのが予想を遥かに上まわる効果があったのではまってしまいました。会社(和菓子)の方は立ち上げから6年たちます。大体仙道歴と同じくらいです。
僕にとっては圓寂坊さんのほうがよっぽど僕より怪しい人生を送ってるように見えまよ。(笑)
だから帰国した再は本当に会いに行きたいと思っておりますので覚悟しといて下さいね!
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ