圓寂坊の現実!

今まで謎とされていた圓寂坊の
活動状況・思想・妄想・幻想…
そして告知事項などを書き綴るブログ

 
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:圓寂坊
おはようございます、たにさん。
コメントありがとうございます。

そんなことがあったのですか。その一週間は本当に
長かったでしょうね。でも、現在のお元気な様子から
見て、完治されているのは間違いないでしょう。

ピロリ菌の退治は胃炎か胃潰瘍になっている人でないと
出来ないという制限があるらしいですから、これぞ
「災い転じて福と為す」でしたね。

お見舞いのお言葉ありがとうございます。m(_ _)m
投稿者:たに
7年前のお盆頃に、空腹時の胃痛がひどくなり、胃カメラにて検診。
潰瘍があって、採取されて検査に1週間。
悪性だとガンということになるので
その1週間は長かった。結果は良性とも
悪性とも判断できないという。
そのときついでにピロリ菌退治もしました。
胃に直接、青色の液体が注入されたのを
覚えています。

おだいじに。
投稿者:圓寂坊
こんにちは、ブサーさん。
コメントありがとうございます。

サンチンにはある種の霊的防御機能もあるような気が
しますねぇ。詳しくは大将さんに聞いてみてください。
投稿者:ブサー
こんにちは。

体調を崩されていたんですか、それは災難でしたね。

お体には十分気をつけてくださいね。

そういえば、僕は毎日やってたサンチンをしなくなったら途端に病気がちになりました。何故でしょう?
投稿者:圓寂坊
おはようございます、Takaさん。
コメントありがとうございます。

そうですね。ストレスで体と心が傷ついてこういう
悪玉菌が活躍するのでしょうね。

Takaさんも大変なんですね。真気を正丹田にとどめ、
真一を守ることができれば、病気は近寄ることも
できないと「包朴子」かなんかに書かれてましたよね。

私も、ストレスの無い気楽な生活の時、体調が悪ければ
正丹田を守る方法でけっこう簡単に治ったりしたのですが、
今回はそれをするのもおっくうになってました。まぁ
でも、現代医学のおかげで、現在は体調は順調に回復
してるみたいです。
投稿者:圓寂坊
おはようございます、ミッシングリングさん。
コメントありがとうございます。

いやぁ、体調が悪いと何をするのもおっくうになり、
毎日の仕事をこなしていくだけで手一杯という状態
でしたので、記事を書く気持ちになかなかならな
かったのです。

本当にある程度の年齢になったら薬や医者も有難く
感じるものです。現代医学のおかげは大きいです。

以前、台湾で紫薇斗数である占い師に見てもらった
ことがあり、50前ぐらいから慢性病が出てくるから
気をつけろと言われてましたが、それは当たりましたね。

…ほかはほとんどはずれてましたけど。(;^_^A
投稿者:Taka
そうですか。ぴろり菌ですか。
でも、もし肺炎等の病気をおこさなかったらピロリ菌にやられる事もなかったのではないでしょうか?
ストレスで気が 外に逃げて内に蓄えられず気のレベルが落ちて病気になる。そうすると普段待ち構えている者達が、これぞ幸いってな感じで攻めこんでくるんでしょうねえ。いやあ、油断も隙もあったもんじゃないですね。^_^;
僕もちょっと今やばめで、従業員をやめさせたのですがその事で訴訟になりそうですよ(なんせヨーロッパですから、、、)。そのストレスでどうも気魂が下丹田に残らず全頭部にきがちです。ですから今、いつもより錬丹には充分時間をかけてますよ。
こういう時こそ中から気をパンパンに張れば病気や悪運に対抗出来るでしょう。

お互いにがんばりましょうね!
投稿者:ミッシングリング
更新されてないので心配していました。
ある程度のお年頃からは特に色々健康も
気をつけねばなりませんね^^;
私はメタボリック症候群回避のため
毎日、近所の山の上にある神社参拝を
日課にしています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ