圓寂坊の現実!

今まで謎とされていた圓寂坊の
活動状況・思想・妄想・幻想…
そして告知事項などを書き綴るブログ

 
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:圓寂坊
真戯さん、おひさ〜。

そうですよね。陳式などもそうだったような。
この四股立ちからの足腰の変化を突きや受けの最終
形態への変化と合わせて、一拍子に行う訓練をし、
それに熟練すれば結構いろんなことが出来る
ように
なると思われます。
投稿者:真戯
こんばんわ。
中国武術でも馬歩から弓歩への変化を
多用する流派は結構あるように思います。
空手も同じだと思いますが、架式が
低くなると、股関節が柔らかくないと
キツいんですよねこれ…
投稿者:圓寂坊
独善竜さん、こんばんは。

おぉ、松涛館流にも同じ動作があるのですね。やはり空手は
同じ流れなのでしょう。四股立ちから前屈立ちへの変化は、
型の中でも多用されますし、空手の動作においては非常に
重要なポイントなのではないかと愚考しております。また、
足の裏の重心は拇指丘に置き、その他の部分は薄皮を挟ん
だ様な感じで浮かすことも大事なように思います。
投稿者:独善竜
私は昔松涛館流の空手を習いましたが、同じ練習をしました。(後ろ足はべた足だったと記憶します。)
理屈はわからないなりに、今でも記憶に残っている良い練習方法だったと思います。
四股立ちの立ち方が前屈立ちの後ろ足、騎馬立ちの立ち方が前屈立ちの前足と習いました。
それにしても、糸東流の空手まで習われていたとは圓寂坊さんの多才振りにあらためて感服いたしました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ