圓寂坊の現実!

今まで謎とされていた圓寂坊の
活動状況・思想・妄想・幻想…
そして告知事項などを書き綴るブログ

 
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:圓寂坊
おそらく、ヒルトン・チェッカーズの黒生2杯も
飲ませれば酔うでしょう。(;^_^A
投稿者:マルセタロー
謎解きはギブアップして、圓寂坊さんに
スカイプをして聞いてしまいました(^_^;)

なるほど〜、そういうことだったとは!
しかし、聞いてしまうと、ここには
書けないんですよね(苦笑)

解っておられる方は良いんですが、
解っておられなくて、謎解きをお待ちの
皆さん!私の意見はピントが外れて
いますから、別の視点から謎解きを
お楽しみ下さいませ。

しかし、まだ明らかにされていない
ところがありますので、今度、圓寂坊さん
が酔ったときにでも聞いてしまおっと(^_^;)



http://star.ap.teacup.com/maruse-taro/
投稿者:圓寂坊
う〜ん、マルセさん。

一段目と二段目はそのまま書いてあるとおりの
意味だと思いますよ。洩らしちゃならん!と。(^-^)
清涼とは精気神が充実した状態を言うのでしょう。

三段目が深いです。でも、これは主に小周天の前の
段階を語っている口訣だと思います。小周天を
あらわすのは最後の方の部分、「五行をあつめ
顚倒して用い」という部分だと思いますよ。
投稿者:マルセタロー
確かに含蓄のありそうな良い詩文ですね。圓寂坊さんのおっしゃる秘密はさっぱり分かりませんが、聞くは一時の恥と申しますので、ここは恥をしのんでお聞きいたします(^_^;)

詩の一段目から二段目は仙道でいうところの小周天かと思いました。三段目の「丹台において明月」とは採薬の段階で、その後は大周天でしょうか?玉兎=月=陰、烏=太陽=陽から陰陽の和合かと思いましたが、亀蛇がイマイチ分かりません。亀の甲羅の方と円から、天地の合一ということでいかがでしょうか?うーん違うかなぁ(^_^;)



http://star.ap.teacup.com/maruse-taro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ