ウィンドアンサンブル エッフェ

Wind Ensemble f  (Since 2009)

f はイタリア語で「エッフェ」と読みます。「f(エッフェ)」は私たちが、futuro(未来)に向かって、felice(幸せな)famiglia(家族、仲間)とアンサンブルをfare(作り上げていく)という希望と願いを込めて名づけました。
当団は2019年に結成10年を迎えます。これからも楽しみながらより良い音楽を追求するエッフェの挑戦は続きます。

 

私たちは、月に3〜4回程度の練習(主に、練馬区、杉並区、豊島区、西東京市)、年1回の定期演奏会、年2〜3回の訪問演奏などの活動を行っています。一緒に楽しくアンサンブルを作り上げていく事に興味をお持ちの方に、是非参加していただければと考えております。入団にご興味ある方は是非一度見学にいらして一緒に練習に参加してみてください。

ご質問等ございましたら、「お問い合わせ」記事内のメールアドレスまでどうぞお気軽にお問い合わせください。今後ともエッフェをよろしくお願いいたします。

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/10 
 

指揮者プロフィール

大石三郎
1958年10月20日生まれ。1983年、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業。フルートを岡崎明義、斉藤賀雄、佐野悦郎、野口龍の諸氏に師事。現在、ヤマハPMS講師及び研修スタッフ、慶応義塾普通部講師。主な演奏活動は、「草笛の会」「アンサンブル・アウスライゼ」等の室内楽。CDでは「フルート・オーケストラのすべて」(ADAM)や、「ぼくの地球を守って」(Victor)などに参加。著書には「フルートの吹き方早わかり」(ドレミ楽譜出版)、監修曲集に「フルートポップスヒットコレクション」(YMM出版)、「フルートラテンミュージック ア・ラ・カルト」(YMM出版)等があります。吹奏楽においては30年前に市民バンドを設立し、常任指揮者として指導を行い、その穏和な人柄と音楽に対するひたむきな姿勢により、団員の大きな信頼を得、60人以上を擁する団体に育て上げました。その経験をもとに、2009年仲間とともに「ウィンドアンサンブル エッフェ」を立ち上げ新しいアンサンブルに挑戦します。(2009.10記)

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ