ジョー ケイホー と 白玉  

#157 / 8/21/2018
ジョー ケイホウ と 白玉
Jo Cahow & Shiratama




Jo Cahow/ジョー ケイホウは、フリズビー社会では良く知られた女性プレイアー。
1979年の北米シリーズ用フリズビーには、彼女の得意プレイのイラストが採用され、印刷されていたのを憶えている人もいるでしょう。
 クリックすると元のサイズで表示します
1974年と1975年の、第1回と第2回世界選手権、別名ローズボウルのチャンピオンでもある
 クリックすると元のサイズで表示します
彼女はまた、雑誌「フリズビーワールド/FRISBEE WORLD」の編集部員でもあったのです。
 クリックすると元のサイズで表示します


 クリックすると元のサイズで表示します
白いフリズビーに、赤字で「玉三白玉」と印刷されたファストバックを、著名なフリズビー収集家から購入。
 クリックすると元のサイズで表示します
ごく一般的な、©1975金型のFB5。
 クリックすると元のサイズで表示します
製造時期はもちろん不明だが、印刷されたのは、多分1978年3月以前のはず。

直接だったのか誰かを介してだったのか、「玉三白玉」が米国に注文を出したのは、まだ日本での WHAM-O FRISBEE のライセンス生産が始まっていなかったからであろうか・・・。

ジョー ケイホウと玉三白玉との関係は?
 クリックすると元のサイズで表示します
定かではない・・・。
 クリックすると元のサイズで表示します
誰かに宛てたものだろうか、「白い玉は米から作られた日本伝統の菓子」などと解説している。



Jo (Cahow) Berkus ジョー ケイホウ
は、1958年以来連綿と続けられているフリズビーの大会の主宰団体 International Frisbee Tournament の名誉の殿堂 Hall of Fame に、1982年に迎え入れられている。






クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ