カレンダー

2021
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

桜田門外の変

今をさかのぼる事150年前 安政の大獄で反対勢力を弾圧して

いた井伊直弼に対し 特に反発の大きかった水戸藩では過激

浪士が脱藩し 薩摩藩の一部と共謀し 孝明天皇の勅書を

もっての謀反を企てていた その日は季節外れの雪で視界は悪く

護衛の供侍たちは雨合羽を羽織り 刀の柄に雨よけの袋をかけて

いた為 襲撃側には有利な状況だった ましてや江戸幕府が

開かれて以来 江戸の市中で大名駕籠を襲うという発想そのものが

想定外だった 襲撃者たちは武鑑を手にして大名駕籠見物を装い

直弼の駕籠を待っていた


井伊直弼の乗った駕籠が近づくと まず前衛を任された森五六郎が

駕籠訴を装って行列の供頭に近づく 取り押さえにきた日下部三郎

右衛門をやにわに斬り捨てた 護衛の注意を前方に引きつけて

おいたうえで 黒澤忠三郎が合図のピストルを駕籠にめがけて

発射し本隊による駕籠への襲撃が開始された

     クリックすると元のサイズで表示します

発射された弾丸によっては腰井伊直弼部から太腿にかけて銃創を

負い動けなくなった 駕籠かきは遁走し 数名の供侍たちが駕籠を

動かそうと試みたものの斬り付けられ 籠は雪の上に放置される

雪の為 彦根藩士たちは柄袋が邪魔して抜刀できなかったが

二刀流の使い手として藩外にも知られていた河西忠左衛門だけは

冷静に合羽を脱ぎ捨てて柄袋を外し 襷をかけて刀を抜き

駕籠脇を守って稲田重蔵を倒すなど襲撃者たちをてこずらせた

しかし一人では抵抗しきれず 遂に斬り伏せられる

         クリックすると元のサイズで表示します

江戸城の前で大老が暗殺されるという衝撃的な事件によって

政権の弱体化を曝け出した幕府は各藩への影響力を強めようと

これより公武合体を目指すこととなるが この事件によって幕府の

専制的な政治体制は崩れ その権威は大きく失墜してしまう

ことになった 

桜田門外の変は現在では警視庁の前である


http://genesis-ot.jp/index.html



11
投稿者:GENE
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ