カレンダー

2019
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Hurt Locker

イラク・バグダッドの2004年の夏 イラク駐留米軍のブラボー

中隊に所属するJ.T.サンボーン軍曹とオーウェン・エルドリッジ

技術兵は うだるような暑さの中で バグダッド市街地で爆弾の処理

作業を繰り広げていたが 遠隔ロボットが故障し 防護服を着用

した班長のトンプソン軍曹が自ら爆弾に歩み寄り作業する その時

予期せぬ出来事が起こり 至近距離で被爆したトンプソンが死んで

しまった

     クリックすると元のサイズで表示します

急死したトンプソンに代わる班長として赴任してきたのが 

ウィリアム・ジェームズ二等軍曹だった 新たな班長を筆頭に

ブラボー中隊は 住宅地のモスクの近くで発見された爆弾を解除

     クリックすると元のサイズで表示します

しに行くが ジェームズは遠隔ロボットを使用しようとするサンボーン

の提案を一蹴し 目くらまし用の煙を焚きながら 自ら爆弾に

近付いて行く 

     クリックすると元のサイズで表示します

ジェームスが爆弾を無事に処理したが 一連の作業を冷や汗を

垂らしながら見守っていたサンボーンは 中隊のルールを守れと

諭すが ジェームズは自分のやり方を通す

任務で国連の施設の爆弾処理に行った時 ジェームズが入り口

付近の車に近付くと突然向かいの建物からテロリストが発砲

し車が炎上 

     クリックすると元のサイズで表示します

ジェームズは冷静に消火器を用いて鎮火させ任務を続行する

後部のトランクに積まれた無数の爆弾を発見し どうせなら

気持ちよく死にたいと防護服を脱ぎ捨て車の内部に入り 

隠された起爆装置を解除する


ある時砂漠地帯でも任務を終えて 帰途中にテロリストとの戦闘に

き込まれてしまう 

     クリックすると元のサイズで表示します

砂漠の中 敵を倒さずには帰還できない状況に陥り  遠くに

建っている小さな建物から こちらを狙う敵との持久戦に突入 

背後からも敵が迫って来るが エルドリッジが見事にライフルで

狙撃する

     クリックすると元のサイズで表示します

この作品は2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門の

ノミネートを受け話題となっている本作品ぢゃ イラク戦争に爆弾

処理のエキスパートとして従軍し 死と間近で対面している兵士たち

の葛藤のドラマだ

       クリックすると元のサイズで表示します

見てない人は (@´∀`)⊃⊃ ド〜〜゙ゾ


http://genesis-ot.jp/index.html

8
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ