カレンダー

2021
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Hair Manicure

獣毛や羽を染色するには 主にダイロンちゅ〜衣類用の染色剤を

用いることが多い ダイロンは90度前後の温度で処理する為

ど〜しても必要以上の油分が抜けてしまう・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


σ( ̄。 ̄)のとこは美容院も営業しちょるから ダイロン以外の

人用のヘアマニキュアも使う 本来人の頭髪には遠赤外線で

加温して染める ぢゃが時間をかけても染色できる 鳥の羽は

このマニキュアで染めることが多い

何故か!ちゅ〜と 加温しないけぇ油分が抜けず 羽にはぇぇ!!!

ただし髪の毛用ぢゃけぇ カラーバリアーションが少ない


ヘアマニキュアだけでは無理なので ダイロンも当然使う

ダイロンで傷みを少なくする方法があるが・・・・プロの業ぢゃけぇ

教えることは出来んかのぅ・・・・・ (・∀・)ニヤニヤ

クリックすると元のサイズで表示します


ヘアマニキュアがええんぢゃが 染める単価が高いのが難点ぢゃ

単価計算すると ネックハックル1枚につき 2〜4倍単価が上がる

大抵のお客さんは染色はせん 時々「染めてくれぇ〜」と頼まれる

方が多い 確かに染色は慣れが必要ぢゃと思う 例えばポーラー

ベアをオリーブに染める場合 毛の質によってはブラウンになったり

ブルーがかったりする いずれにせよテストを勧めする


http://genesis-ot.jp/
9
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ