カレンダー

2019
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

白虎隊

σ( ̄。 ̄)の愚弟はいわき市に住んぢょります 昔愚弟の車を山口

で購入し そのまんま仕事の関係でいわき市に持っていっちょり

ました いわき周辺で山口ナンバー・・・・ これは多少の反感を

感じえた 遥か昔鳥羽・伏見の戦いにより戊辰戦争が勃発した

会津藩は旧幕府勢力の中心と見なされ 新政府軍の仇敵となった

クリックすると元のサイズで表示します


藩主・松平容保は若松城を死守すべく 若松へと至る街道口に

主力部隊を展開させて防備に努めたが 圧倒的な物量で迫る

新政府軍に対しては劣勢は否めず その上重要な進軍路であった

十六橋を落とすことに失敗したという 防衛戦略上の不備も重なり

本来城下防衛の任に当たるべく組織された白虎隊も これを支援

する形で前線へと進軍した 若年兵の投入が焼け石に水なのは

誰もが承知のことであったが 老若男女が玉砕覚悟で臨む戦局に

あっては是非もなく 白虎隊は各防衛拠点へと投入された

クリックすると元のサイズで表示します


白虎隊とは 会津戦争に際して会津藩が組織した 16歳から

17歳の武家の男子によって構成された部隊 中には志願して

生年月日を改め15歳で出陣した者もいたほか 幼少組として13歳

の少年も加わっていた

クリックすると元のサイズで表示します


会津軍の劣勢は如何ともし難く 白虎隊も各所で苦戦を強いられ

最精鋭とされた士中隊も 奮戦空しく撤退を余儀なくされた

このうち一番隊は藩主・松平容保護衛の任に当たったが 二番隊は

戸ノ口原の戦いで決定的打撃を受けて潰走し 戦死者も少な

からずあり 8月23日に負傷者を抱えながら郊外の飯盛山へと

落ち延びた この時ここから眺めた戦闘による市中火災の模様を

目にし 結果総勢20名が自刃を決行した

クリックすると元のサイズで表示します


1868年前の話ぢゃ 福島の人々は郷土愛が強く 白虎隊を

今尚愛しておられる 山口ナンバーで引かれるんは 致し方ない

かも知れん


http://genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ