カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Navy Seals

ネイビーシールズ 知っちょる方もおるとは思うが アメリカ海軍の

特殊部隊ぢゃ 2つの特殊戦グループ 8つのチームに分かれて

編成されちょります

クリックすると元のサイズで表示します


海軍特殊戦グループ1

チーム1  極東アジアを除くアジア太平洋全域担当
チーム3  中東地域担当
チーム5  極東アジア担当(北朝鮮関連問題等で韓国に駐留)
チーム7  アメリカ西海岸担当

SEAL輸送チーム1 ハワイ パールハーバーに拠点 SDV(SEAL

         Delivery Vehicle SEAL専用小型潜水艦)専門部隊


海軍特殊戦グループ2

チーム2  ヨーロッパ、地中海担当
チーム4  アメリカ本土担当
チーム8  アフリカ、地中海担当
チーム10 メリカ東海岸担当

SEAL輸送チーム2 SDV(SEALs Delivery Vehicle SEAL専用小型

         潜水艦)専門部隊


チーム6は対テロ特殊部隊DEVGRUとして独立 チーム9は欠番

クリックすると元のサイズで表示します


今から丁度4年前 ネイビーシールズが 国際テロ組織アルカイダ

指導者 ウサマ・ビンラディン容疑者の隠れ家 パキスタンの都市 

アボッターバードの豪邸を急襲した

クリックすると元のサイズで表示します


米海軍特殊部隊元隊員の退役後の苦境を告白・・・・・・・・・

元隊員は自分の身元については伏せたまま 米エスクァイア誌の

インタビューに応え 急襲作戦で自分が果たした役割を初めて

明かした


●元隊員は殺害作戦に参加し 同容疑者の額に銃弾を計3発命中

 させた

●パキスタン北部アボタバードにあった隠れ家の3階に作戦部隊が
 
 足を踏み入れると 暗闇の中にビンラディン容疑者

●ビンラディン容疑者の手が届く範囲にAK47自動小銃があった

●ビンラディン容疑者は年齢の一番若い妻の肩に両手をかけ 

 前に向かって彼女を押すような行動をとった

●彼女が防弾チョッキを着ていたのか 一緒に殉死させられようと

 していたのかは分からない 彼のすぐそばに銃があった

 脅威だった

クリックすると元のサイズで表示します


●彼は困惑した様子だった 自爆の機会を与えないよう頭を狙う

 必要があり その瞬間に引き金を引いた

●額に2発 床に打ち付けられたところをもう1度撃った

●ビンラディン容疑者と対面した時間はわずか15秒ほどだった



元隊員は12年に軍務を離れて以来 復讐の恐怖に神経を

すり減らしながら 生活の糧を得るのに腐心してきたと説明

退役後の2012年夏には家族への報復攻撃の懸念や 民間人

として生活していく難しさを感じるようになる

16年間の勤務を経て昨年海軍を退役したが 勤続20年の規定に

達していなかったため年金を受給できず生活は困窮

退役した現在は無職で恩給も受けられず 報復の影におびえて

いると心境を明かした



身の安全も保証されていない

妻子には自宅で襲撃を受けた際の対応を教え込んだ

元隊員の妻は報復などの安全上の理由から 改姓を検討

子供たちには万一の場合 浴槽の中に隠れるようしつけた


これが世界の現実かも知れん 狙う方は明日は狙われる側

報復の連鎖は何時まで続くのだろうか・・・・・・・


http://genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ